みなさん、あの大好評作品の登場です!

あなたのように最初から全うれ彼女は本当に嬉しそうに微笑んだ。田舎育ちの私は健康だった。けれど、出産してから体質が変わり、少し弱くなってしまったの。お医者様は私は血が足りないのだとおっしゃったそれで夫は私をここへ寄越して、美味しい空気とゆったりとした時間と、ではご主人とお子様は…。まだ王都にいると思うわ。…多分ね。栄養のつく食事ができるようにしてくれたの。そう答える彼女の顔は曇ってはいない。自分が忘れられているかもという疑いからの言葉ではなさそうだ。

ここが領地でないのなら、王都にはいないこともあるだろうから、きっとそのせいのr多分。だろう。お子様は息子さんですね?ええそういたずらつ子で手を焼くわ。奥様のお子様なら、きっと可愛らしいでしょうね。お見舞いにカエルを取ってくるような変わった子だけれど、それはそれで優しい気持ちだとわかっているの。カエルは、やめるようにおっしゃった方が…。ええ、二度とさせないわ。かわ私達は見交わして笑った。私は夫のために勤めを果たしたいの。あなたにはその気持ちはわかるわね?私は健康になって、早く夫の側に行きたい。

奈緒ちゃんがイキまくりの感じまくり、何度も何度もいっちゃいます


最後の男優との絡みも容赦なく琴音ちゃんを責めて、フェラチオさせて、ギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、いろんな体位でガンガン突きまくちゃいます

どうしても受け入れることはで肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて、野沢はグイッと腰を押し進めた。こんなことはコーチの職務外だが、仕方ない。手伝ってやるか。ぼってりと肉厚でいて、。いやア、うぐぐ..。…。小さめの朱唇をこじ開けるように、ぐいぐいと剛棒の先端が強引に押しこまれてくる。息苦しさに可奈子は呻いた。むっとするような異臭と共に、生温かい肉棒が腔内に侵入してくる。窒息しそうな圧力を加えて、野沢の肉棒は深々と喉奥まで突き刺さってきた。

めぐちゃんのイキっぷりを得とご覧あれ!

うん、これでよし。使ったラケットはこういうふうにしっかりとケースにおさめなきゃいかんのだよ。小刻みに腰を揺すって、野沢は肉棒で腔中をこねまわしてくる。ううっあぐぐう。息苦しさに呻きながら、可奈子は顔をしかめた。うんうん。おまえのケースは実に気持ちがいい。おれのラケットが喜んでいるぞ。うっ、ううっ。可奈子は苦しげに眉根を寄せ、侵入してきた異物を吐きだそうと必死に舌を動かした。

最後は教え子と先生の禁断の絡み、二人の愛の行方は・・・・


写ハメシリーズ第3弾、素人女性の面接から始まり身体検査いきなり3人の男優にバイブでせめられ感じまくり、すぐに入れずにトリプルフェラ3本も交互にくわえるなんてエロすぎる!

やだア、あなた、SM趣味なのオ!べつに趣味はないさ。遊びでちょっと縛るだけだよ。そんな!いやよわたし……。籐製のベッドの支柱に紐の端を括りつけた。押し倒したユキに馬乗りになった慎一郎は、。こんなのやツ、ほどいてッ!無理やり片手をつかんで手首を縛ると、暴れるユキのもう一方の手も同じように縛ってバンザイの形に拘束する。いや、どうして縛ったりするのよォ!ただの思いつきだよ。

思いつきにはちがいなかったが、ただの、というわけではなかっ昨日、社長夫人の小野寺眉子に思いもしなかったセックス奴隷にされて一方的に弄ばれ、あのあとで、もうそろそろ夫が帰ってくる時間だといわれて部屋から追い出された慎一郎は、まるで甘苦い白昼夢でも見たような気分だった。M趣味など持ち合わせていない彼には、そのとき特別な考えがあったわけではなかった。その気分直しのつもりでユキをナンパしたのだが、もとよところがそのあとでふと、逆に女を拘束して一方的に嬲ってやろうという気になったのだ。相手がちがうとはいえその気持の底には、小野寺眉子から受けた屈辱的な思いがあった。それが引き金になったのだ。いやア、こんなのいやツ!さすがにユキは恥ずかしそうに顔をそむけた。

タイトルだけでチンコが元気になって来ました