はずかしい恰好に拘束されてもてあそばれたり

【夫婦喧嘩が原因で家出をしてきた隣の奥さん】立花美涼
ぴんぽ〜んと、突然大きな荷物を持って隣の綺麗な奥様・立花美涼がヤッテキタ!事情を聞くと夫婦喧嘩で家出してきたらしい・・・。部屋も空いてるし、ま〜いいかなぁと泊まらしてあげたら、掃除や料理なんか作ってくれちゃって結構幸せ。この前なんか奥さんが風呂に入っている時にコッソリ覗いたら真っ白な肌、ふんわりしたオッパイが溜まらなくイヤらしくって興奮しちゃったぜ!そんな奥さんが来て1週間が経とうとした時、突然奥さんから「今日、私ノーパンなの。この前ノーパンが好きって言ってたでしょ」と言い、ミニスカートをゆっくり持ち上げると、プリプリのキャメルの蹄マンコがストッキングに食込んでるではないかっ!
参照元:エロックスジャパンZ-http://www.eroxjapanz.com/v_i_p/moviepages/401_210/index.html


あの男の子にフェラチオしてやるのよ。そう驚くことないじゃない。わざとらしい。喫茶店でみんなの前でオナニーして大声あげた主任だもの。そんなこと、なんでもないはずでしょ?ここで……。早く脱いで!叱責されて美冴緒はあわててスーツを脱いだ。いつもそうなのだ。涼子に厳しい口調で命令されると何も考えられなくなってしまう。羞恥からためらっていたことも頭のなかが空白になったように何も考えられなくなってしまう。身体が従ってしまうのだ。スーツの上着を脱ぐ。八十六センチカップの美乳がまろびでた。スカートのファスナーを降ろすときに手が震えた。上着とスカートを奪われるように涼子に取りあげられた。フィッティングルームのなかで、美冴緒はストッキングだけの全裸になる震えている美冴緒に涼子が言う。

勃起したペニスを引っ張り出したのだった

【レッドホットフェティッシュコレクション 109 パート 1】綾瀬ゆい
一見可憐な綾瀬ゆいちゃんですが、ロリからおねぇサマ、レズ、MからSまでこなす金玉大好きスポーツ系女子です。「CA乱交パーティ 〜快適な性交空間〜」で初登場していた 綾瀬ゆいちゃんが、今回は初の単体でカリビアンコムに登場ですっ!ブログプロフによると、誕生日:10月30日・血液型: A型・出身地: 海寄り ・職業:フリーター 職業・詳細: AV女優となっています。フリーターでAV女優。・・・出演料が、趣味の出費に消えてそうな気配です。まずは、ピンク色のおもちゃを使ってオナニー。ゆいちゃんに淫語で誘惑されながらの相互オナニー。極太ピンクディルドーで絶頂!更に、赤紐拘束アナルセックス。両手両足を拘束され玩具3点責め!マンコ、アナルにチンポが交互にぶっささる!ブログやツイッター、コスプレ系全開で読み物としても興味深く、大きなお友達ファンに愛されてるゆいちゃんですが、19歳でアナル初体験した話では、「良い子のみんなはしっかりほぐしてからしようね!!」とのアドバイスされてます。そんなこんなでぐっちょりと巨根を飲み込むまでに開発されたゆいちゃんのアナルセックスを是非皆様ごらんくださ〜い!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/101514-712/index.html


緊張しないで、主任。何もこのまま店のなかへ出ていけって言ってるわけじゃないんだから。フフッ、さっきのオナニだけじゃ満足できないでしょ。思いっきりおしゃぶりしていいのよ。おしゃぶりで出させて、ちゃんと呑んであげるのよ。美冴緒が思わず壁に寄り添って身を隠した。恐ろしいことを平気で言って涼子はドアを開けた。あ、お願いします。手でマヌカンに合図する。待機していた男がすぐに寄ってきた。丈を見てあげて!言い残すと、涼子はすっと離れた。言いつけを忠実に守ろうとする男が、グルームのドアを叩く。失礼します。お客様、よろしいですか?全裸の美冴緒がとりのこされたフィッティンノックされて美冴緒はビクッとした。心臓が狂ったように暴れている。(どうするの?こ、こんな格好で、こんなとこで、フェ、フェラチオを!?

別々に発生した二つの波が、あるところでひとつに合わさり、祐子の全身を浸していく祐子はぼんやりした目で、身体の上にのしかかって腰を振っている洋子を見つめた。もう、なるようにしかならなかった空中を浮遊しているようなこの気分を、もはや自分では抑えられなくなっている。いや、抑えるのではなく、エクスタシーを迎えることでしか自分の身体を処理する方法がないように思われた。もしもここで責め苛むことをやめられたら祐子は発狂してしまうかもしれない。女に犯されているという倒錯した思いが、祐子をさらなる興奮へと引きずっていった。
ごっくん

フェラでそいつのデカチンを勃たせるとくるみを後ろから下から前から

芙蓉子の膣のなかで亀頭が大きく首を振っているは腰を動かさずに下腹に力をこめて、ずだペニスを微妙に揺らしてみた。すぐに反応を示した。顎がのけ反り、手が空を掴んだ。フレアスカートが胸までまくれあがり、白い下半身が惜しげもなく晒されている。無惨に開脚された脚の付け根にばっくりと秘裂が開き、その中心で極太のペニスを咥えこんでいる。万寺林はまだ腰を動かさない。こうしていると、必ずれるはずだ。この女は必ず激しい行為を求めて腰をくねらすに違いない。だけど、まだまだ動かしてやるものか。焦ったら負けだ。焦れて焦れて泣きだすまで、万寺林は徹底的に意地悪をつづけるつもりだった。

イったあとのマンコの中の温度は果たしてどんなものか

お、お願いああっ、ね、ねえ、意地悪しないでああン、ねえ、どうして?どうして、こんな)で芙蓉子はまた泣きだした。膣口がペニスの付け根を締めつけ、なかでミミズが蠢いた。奥さん、すごいオマンコしてるんだな。こんなオマンコ、初めてだぜ。言いつつ万寺林が軽く腰を突きあげた。ひぃっ!あ、あ、あああン。恥ずかしげもなく芙蓉子はよがり声をあげる。上体が海老のように跳ねた。欲しかったんだろ。俺のチンポが欲しかったんだろうが。見てみろよ、ばっくりと咥ぇこんでるオマンコを。お願いです。もう、やめてください!ああっ、ああン。首を左右に振って、芙蓉子は狂ったように髪を乱した。万寺林の腕を掴んだ。必死に何かを訴えているようだ。残酷な質問に芙蓉子は答えられない。グロテスクなは哀願できない。自分から腰を動かすことは不可能だ。彼女に”ソーセージの味を身体でもっともっと愉しみたいのに、それは羞恥のせいというより、彼女の無知によるものであった。万寺林の力を借りなければ芙蓉子はこれ以上の快感を手にすることができない。
水着

      陵辱的に玩具攻めの嵐
      それぞれの目の前に相手の下半身があるつまり
      セックスができなくなったためだ
      ファンのために迫真の演技でエロ本激エロオナニー

巨乳ではないかもしれないけど……

いいんですか、少尉。かまわん。手加減は無用だ。わかった作戦としてはそれが最上だ。自分の妻を襲わせた料亭の若主人の例もある。妻も凌辱の餌食とすることを!それなりに事情があるのだと察したのだろう。全員が了解した。少尉の慎一は町工場の多い地域に入り、倒産して閉鎖した工場のひとつに入り、車を駐めたグリーンのカローラと、灰色のカリーナが駐めてある。どちらもレンタカーだそこの事務所が今回の作戦基地だった。管理人には。映画の撮影に使いたい。と言って、撮影プロダクションの名刺を作戦会議の段階から痕跡を残さないよう細心の注意を渡して借りた。もちろん贋の名刺である。CDMが出撃する時は、慎一は車のトランクから大きなショッピングバッグを取りだして薄汚れた事務所に入っていった。すでに中沢-大佐と、軍曹、上等兵が来ていた二人とも作戦会議からの知り合いだからお互いに目で挨拶を交わす二人とも慎一と同じ年配だ。

フェラと言うよりも赤がおしゃぶりをチュッパチュッパするような表現を想像していただきたい

やはり中堅管理職だと見当をつけている。それ以上のことは絶対にわからない。新兵だ。もう一人、(若いな。今日初めて見る人物がいた。この年齢でインポテンツとは)青白い顔。少し小太り。まだ大学を出たばかりという年齢。(これもコンピュータ関係だな)髭が濃く眼鏡をかけている。慎一はそう推測した。コンピュータを操作する若者にインポテンツが多いというのは、中沢から聞いている。彼は不安そうだ。慎一も最初の出撃の時の、何も知らされていなかった状態を思いだした。大佐の顔になっている中沢が目顔で問う。大丈夫です。ヘレンは送りこみました。すべて順調です。全員が立ちあがって挙手の敬礼を交わすと、ではカメリア作戦の出撃準備。大佐が重々しく宣言した。慎一は手にしたショッピングバッグから五着のスーツを取りだした。
岡山 出会い

あまりのエッチの激しさに体が痙攣

モーターの助けを借りているものの、洋子の腰の使い方は、男にはわからない身体の微妙なポイントを的確に突いてくる。ただ荒々しいのではなく、どこかに女体と女心をくすぐるテクニックが隠されているのだううっ、う、う、ううううう……。ふふふ、もうたまらないんでしょ。のしかかった洋子が、祐子の乳房を揉みしだきながら耳もとで呟き、佐伯のほうを見た佐伯はもう祐子を押さえつける必要がなくなっていた。祐子は暴れるどころか、レズプレイに夢中になっている。彼はベッドの横に陣取り、結合部分に見入った。ゴクリと喉が鳴った。額に汗が浮きでてくる。洋子が佐伯に一瞥をくれると、彼がよくやるように、男根を軸にして腰をまわしはじめた。