その中心で極太のペニスを咥えこんでいる

212月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【川澄まいの家で撮影しちゃおう】川澄まい
可愛い顔してアソコはジャングォーっ!な川澄まいの自宅に突撃ガサ入れ訪問!まさかガサ入れ、ましては自宅で撮影までするとは知らされてない川澄まいが慌てふためきながらも、男優のノリに推されオナニー、コスプレ、得意料理まで振るい、ラストは中出しセックスまで披露してくれちゃいます!これを見て川澄まいのすべてが丸わかり!?
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/022516-104/index.html


だがだから内か本格的なオナニーと呼べるものではない

一見の客を値踏みする酒場のママの表情だ驚いたなあ。皆さん、想像以上に美人でセクシィなんだもの。ぼく、何か罰があたるん。いやー、初めまして。しかし、じゃないかな。怖くなるよ。真向かいのソファに美保と雅恵がかしこまった姿勢で膝をそろえそう言いながらドカッと肘掛け椅子に腰を下ろした。て座る。お茶は康子が出した。(これは面白い体つきも性格も三人三様だ。一人一人反応が違うぞ)女たちも素早く彼を観察しているが、隆志も同じだ。美保は肉体がぽっちゃり型で性格は無邪気な童女タイプ。雅恵は肉体がスポーツウーマンタイプで性格はサッ保よりは締まって弾力があり、性格は極端から極端へと揺れ動くタイプ。

彼はただ下着を観察しているのではなかった

しかし三人とも好奇心は旺盛で、刺激を求めている。みんな夫に満たされていないのだ好悪をハッキリ示すタイプだ。康子は肉体がムチムチ型-つまり美雅恵は挑戦的な視線を男へと向けてキッパリした口調で言った。私たちも、康子のように不倫して楽しみたいわ。榎木さんと……。美保はその言葉を受けて無言で頷く。美保さんも雅恵さんも喜ばせてあげたい。じゃ、いつ、。つまりお二人の面接にぼくは合格ということですね。どういうふうに楽しみましょうか光栄です。三人の中では一番決断力に富み、リーダーシップをそなえている隆志はいつものように単刀直入、らしい雅恵が答えた。話を進めていった。今日これからでどうですか?ここでここ?隆志は周囲を見回した。美保がプッと吹き出してから説明した。ここにはちゃんとした寝室も使える浴室もあるんですよ。あ、そうか……。隆志は女たちの狡猾さに舌を巻いた。なるほどねぇ。ぼくはここでもいっこうにかまわないよ。隆志は賛成した。じゃあ私たち気分を盛り上げるように準備してますから、あとでいらしてください三人の主婦はそれぞれに魅力的なヒップをふり揺するようにして部屋を出ていった。

チンコで突かれるたびに

激しく腰そうしていなければ立っていられなかった。梨沙子は二人の行為を凝視したままラックにしがみついていた。分が真紀の立場になったようだった。いるような快感に襲われて、まるで自眼に焼きついている津川のペニスで、熱く濡れてうずいている膣を突きたてられて口を開けて全身で息をしていた。同時に梨沙子も達していた。必死に声を殺し、やがて二人の行為はクライマックスを迎えた。2津川と真紀が資料室から出ていったあと、梨沙子は少しの間その場にいてから住民課にもどった。すぐに引き返さなかったのは、彼らがロッカールームにいたりして顔を合わせたら困ると思ったのと、興奮を冷ます必要があったからだっ年金課に二人の姿はなく、残っている職員もいなかった。

アナル舐めと豪華絢爛ナメまくり

梨沙子もあんなものを見てはもう仕事にはならなかった。帰ることにして役所を出ると、強い冷気に思わず身をすくめた。真っ暗な上空から白いものが舞い降りてきていた。コートの襟を立てて駅に向かっていると、ひとりでに資料室で覗き見た津川と真紀の行為が頭に浮かんできた梨沙子にとって他人のセックスを見たのは初めてのことだった。その強烈なショックがまだそのまま残っていた。興奮興奮や快顔に出たり足にきたりしていたそれは消えても、躯の芯や子宮には、にしても完全に冷めたわけではなかった。感の余韻がくすぶりつづけていた。それに梨沙子はいま、べつのショックも受けていた。まりにもちがっていたからだった。それは覗き見たセックスがこれまで経験してきたセックスとはあ結婚して5年。


臼一部は膣の上方にあるクリトリスやするとどうだろう

男は年を取ると、射精まで時間がかかるようになるが、今夜は仲谷も興奮しすぎたのか、短い時間で限界が迫ってきたとりあえず、咲子を十分に満足させることができたようなので、仲谷はペニスをヴァギナから抜き去ってザーメンを勢よくほとばしらせ、彼女の裸体に染み込ませるように精液を浴びせたのだった。翌朝、仲谷は咲子とホテルのカフェで朝食を取った。彼女はさわやかな表情を浮かべており、であれほど乱れたとは誰も想像できないのではないかと思われた。昨夜、この女性がベッド咲子が相二人は夜明けまで愛し合い、ベッドでもバスルームでも交わった。最近、仲谷は体力の衰えを感じていたが、手なら、何度でも勃起できそうだった。二人は一晩中、自分たちだけの淫らな行為に没頭したのだ。

キレイに処理されたオマンコを開いてチェックした後

これでもう何も思い残すことはありません。このまま北海道に戻っても、。思い切って仲谷さんに会いにきて、正解でした。また元の生活を送ることができると思います。咲子はオレンジジュースを飲みながら、吹っ切れた様子でそう言った。君にはぜひ次の作品を書いてほしいんだ。ちょっと待ってくれ。私たちはこれで終わりというわけじゃないだろ。れば、二人でまた堂々と会うことができる。そうす仲谷は咲子に新しい小説を書いてもらい、それを口実に、もう一度、愛し合いたいと思っていた。だって、本当は、あの1作目を書いたのも、私ではないんです。残念ながら、もう小説を執筆することはできません。どういうことだ?あれを書いたのは、私の友達です咲子は申し訳なさそうな様子で真相を打ち明けた。彼女が応募した小説は咲子の友達が潛いたものだというのだ。


もうチンコが欲しくて堪らない

緒方の舌先が敏感な突起をとらえたのだ。ぅぅン。それも緒方の追静香の上半身が大きくのけぞった。ペロペロと執拗に舐めまわされているうちに突起の皮が弾けて、可憐なピンクの若芽が顔を出したのである。なんだァ、このどどめ色のいやらしいオサネは教職にある身のマンコとは思えんいやらしさだな。緒方が大仰な声をあげると。そんな。わたし……わたし……。反論しようと思ったが、そのあとの言葉がつづかず、静香は口惜しげに唇を噛んだ。もりでも、体が勝手に反応することまでは、弁解することができなかったのだ。わたし、わたし……オサネを舐めて欲しいんですぅ……そう言いたいんだろ、静香。

剥きだしの肉裂にバイブを入れられて固定され

そんなこと、思ってません!けどなア、おまえのオサネはそう思ってるように見えるけどなァ。自分では絶対的に拒否しているつ緒方はピンクの若芽を舌先でとらえてコロコロと転がした。ニヤつきながら、。やめてェ!甲高い悲鳴をあげて静香の体がピクンと跳ねる。鋭い快感が走り抜けて、緩んだ孔道の奥からまた新たな蜜液がしたたり落ちたううっ、どうしてなの?自制の利かない己が肉体の弱さを呪いながら、静香は次第に快楽の渕に沈んでいくのだった。【性隸獣魔淫のハイテク調教とは?】オサネはビンビンにおっ立てるわ、とんだ好色女だぜ。