あんたの下半身がね

【マンコ図鑑 麻生希】麻生希
S級女優の麻生希ちゃんがついにマンコ図鑑に登場!恥ずかしそうにマンコを隠しながらM字開脚した希ちゃん。クリトリスをぐりぐり触っていると段々大体に!超美マンにクスコに、綿棒に、ローター、バイブ攻め!「イッちゃう!イッちゃう」と可愛い喘ぎ声をあげて昇天してフィニッシュー!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/031616-118/index.html


毎日のようにオナニーはしているが、こんなに興奮したのは久しぶりだ。もっと興奮させてあげるわ。郁美は襞スカートを脱ぎ、白いパンティから片足を引き抜き、もう一方の足首にひっかけた状態で大きく股を拡げた。しかし黒い秘毛に覆われた一番の秘密の部分は掌で隠したままだ。私がいつも主人に見せているオナニーショー、お礼に見せてあげる。童貞の晃太だが、インターネットのいろんなサイトでハードコアの画像はいろいろ見てきている。目に飛び込んでくる光景のような興奮させる映像は初めてだった。


仕方なくこうしてオマンコしてやってるわけだ

しかしいま、自分の人妻のピンク色の指が薄白い愛液に濡れ、ぷくんとふくらんだ真珠のようなクリトリスを愛撫する。人さし指と中指。11本を揃えた郁美が貝の肉そっくりの器官を構造がわかるように拡げ、膣の奥へと挿入してゆき、淫らに動かすのを、何もかも忘れて見入った。もちろんエロティシズムの極致である光景に魅せられながら彼の右手は激しく動き、先端からおびただしい透明な液を吐きだす器官をしごきたてた。お、奥さん、そんな……、ああ。自分をはずかしめる行為に没頭している郁美が甘い悲鳴のような声をあげてセーラー服の上衣だけを着けた肉体を弓なりに反らせ、全身に痙攣を走らせた時、晃太の下半身から腰椎にかけて電流が走った。目のくらむような快感を覚えて、獣の吠えるような叫びをあげて全身をガクガクとウチ震わせた。


本番ムービー

Fカップのオッパイを大きく揺らながらは激しく腰を振りフィニッシュはかわいい顔にぶっかけ

【AV女優AD体験記】若菜めい
むっちり桃のような美尻がチャームポイント、色白ぽっちゃり美人の若菜めいがAD初体験。忙しいADの仕事を次から次と先輩の命令通りに従うめいちゃん。小道具(大人の玩具)の点検は自分自身で試し、カメラのアングルチェックと言ってはめいちゃんにフェラを命じる先輩。本番リハーサルのチェックでは女優の代わりに潮吹き、中出しまでされられる羽目に!桃尻に食い込んだT-BACK姿で玩具チェックさせられるめいちゃんは今夜のおかずにオススメです!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/110813-474/index.html


美枝は夢中になった。久々に味わうセックスの快感の前に、若い加納のことを考える余裕もなかった。しかも32歳という年齢で2年ちかくも欲求不満に耐えてきたからかもしれない。セックスが、というより膣をペニスでこすりたてられることが、これほど気持いいと感じたことはなかった。よがり泣きながら美枝はますます夢中になり、貪欲に快感を求めていった。4シャワーを躯にかけるとボディソープを手に取り、股間だけを丹念に洗いながら、加納久志は思った。

マン汁がどんどん湧き出す

(先生、セクハラ教師に欲求不満ていわれたっていってたけど、ホント、かなり溜まってたみたいだな)騎乗位でたてつづけに昇り詰めた美枝の乱れぶりを想い浮かべると、早くも若いペニスは充血してきた。(だけど、ウソみたいな展開だよな)シャワーでソープを洗い流しながら、あらためて加納は思った。その、信じられないような成り行きだという思いは、高校時代の教師と思いがけず再会してセックスしたというだけでなく、加納にはその女教師に対して誰にもいえない秘密があったからだった。しかもそれがただの秘密ではなく、犯罪行為だからだった。7年前の1月半ばのある夜、加納は担任教師の藤堂美枝の帰りを待ち伏せして襲い、すぐそばの公園に連れ込んでレイプしたのだレイブは加納が考えた以上にうまくいった。

エッチな女の子だって軽蔑した?


その腰のうねりに熟女ならではの官能の深さを想わせる粘りのようなものがあって

ルのやり取りをしたこともなかった。メ5年ほど前、咲子が故郷で結婚したらしいという話を人づてに聞いたが、詳しいことは不明だった。その後も、仲谷はたくさんの部下の面倒を見た。その中には、咲子のような若くて美しい女性もいただが、上司と部下以上の関係を彼女たちと結ぶことはなく、そういう思いを抱くこともなかった。やはり、咲子は仲谷にとって特別な存在だったのだ。編集長になることはできたものの、仲谷は会社でも家庭でも平凡な毎日を送っていた。あの夜、もし咲子と結ばれていれば、必ずしも行き止まりにぶつかることはなく、もっと違った人生を歩むことができたかもしれない。だが、どれだけ後悔しても、人間は過去に戻って人生をやり直すことは不可能だった。

潜入捜査ファックと姫川刑事のハードファックが盛りだくさんの約60分

ローターや電マで乳首もマンコも狂いそうなほどの玩具凌辱そんな時、今年の新人賞に応募された一編の小説が仲谷の心に波紋を投げかけたのだ。が書いたものなのだろうか。果たして、この小説は咲子本人この短編に出てくる女性はOL時代の咲子がモデルになっているのかもしれない。作品を書き上げ、原稿を編集部に送ったのだ。彼女は仲谷に読ませるために)のつまり、この小説には、仲谷に対する何らかのメッセージが含まれているのかもしれなかった。しかし、普通だったら、もう10年もたっているというのに、わざわざそんなことはしないだろう。そのこと以外にも、仲谷はこの小説を咲子が書いたということになぜかちょっとした違和感を覚えていた一緒に送られてきた作者のプロフィールには、ペンネームだけでなく、本名も記載されているだが、それは。
EXしょっと


その美少女の正体は金持ちの屋敷に捨てられ

グラビアの仕事が入っていたのだ(こんなに売れっ子だったのか!)これはけっこう大変な仕事かもしれないと気を引き締めつつ、であれば、顔や名前を知らないはずがない。いったいどうしてと疑問も抱く。これだけ売れているのあとでわかったことであるが、すみれは雑誌の表紙や巻頭を飾れるほどのアイドルではなかった。場する場合、常に三番手か四番手。要は数合わせで入っているような立場だった。グラビアで何人か登さらに、載っている雑誌を見てなるほどと理解する。く見えていたのだ。とどのつまり引き立て役というか、彼女がいることで他のグラビアアイドルたちが目立ち、より可愛スイカにかける塩の役割だ。

クスコとマ○こ調教はひたすらと続くが

だから重宝がられて仕事が多いのだすみれが売れっ子の理由を、誠治はそう結論づけた。だから彼女のことが記憶に残らなかったのだ。それはそうだろう。目立たせるためにいる子の、顔や名前を憶えられるはずがない。なんとなく不憫に感じたものの、すみれは自分が担当するタレントである。仕事のやりやすい環境をしっかり作ってあけげなければならない。(まあ、いくら忙しくても、年齢的にあと1、2年ってところだろうけど)三十路を迎えてもグラビアの仕事ができるなんて、人妻ものの雑誌にでも出るのなら別だが。
エッチヌメヌメとした女陰がペニスの切っ先を包み込む