エロエロまんこをクンニで舐めまわし、指でグチョグチョにかき回し、かりんちゃんを感じさせ潮をプシャーと吹かせまくり!

133月 - による 写真マニア - 0 - アダルト動画 エッチなお話

男のテクニックは素晴らしく、指マンで、長い爪の指を奥まで突っ込んでグリグリとかき回したり、バイブや電マで気持ち良さそうにオナニーしています、騎乗位でのヤラレ顔もたまらないです

熱く悩ましい息が荒くなり、唾液の絡む水音が強くなっていく。そして息苦しさに唇が離れた頃には、二人して欲情の中心でとろけていた。ねぇ……私に、させて。濡れた唇を更に舌を出して舐めながら、真雪は囁いた。返事は聞かずに元也の頬を指先でなぞり、腹の上を通り、欲望に勃ち上がりかけた下半身へと手をやる。そのまま焦らすようにゆっくりと首筋から胸まだ柔らかさの残る男の肉を作業着のボトムの上から握ると、元也は小さく気持ちよさそうなうめきを出した。

真雪は固くなっていく男根に刺激を与えながら、ベルトを外してボトムのジッパーを下ろしていく。完全に滾った男は、下着の布を完全に押し上げていた。伸縮性の高い布地はくっきりと元也の形を、亀頭の鈴口までをも浮き上がらせている。汗のニオイと発情した雄のニオイに、真雪は灼かれた。はぁあんっ、元也の美味しそう……舌なめずりしながら下着をひっぱり、ン!

そして、次々に男優の精子を搾り取り、さらに、電マで刺激しまくられ、昇天


スク水がピチピチでやらしさMAX!

慈愛に満ちた優しい瞳にしか思えなくなり、セシリアは黙ってうなずく。気高く見える瞳は、ついさっき回廊で見たフの天使のそのまま、ジェレマイアのことを男性として意識してしまいそうで、なるべく違うことを考えて気持ちを逸らせようとした。ダメよ、ダメ。わたしは国王陛下の花嫁にしていただくために、この夜会に潜り込んだのよ。こんなところで恋に落ちてる場合じゃ……え?こんな……恋なんて。違う頭の中に浮かんだ”恋という単語を必死に振り払う。大きな手がゆっくりと離れていき、セシリアはホッと息を吐く。

最後は、3Pまでしてしまう、ピュアだけど、とってもエッチな雪音ちゃんこれからの変貌ぶりがきになりますねぇ!

だが、ジェレマイアは彼女の真横に立ったまま、何かを凝視して動こうとしジェレマイア樣……もう、悲鳴とかは上げませんから。ああいや、なんと言えばいいのか。あの、。これまで余裕たっぷりだった彼の顔に、初めて動揺が浮かんでいる。どうしたのかしら?いったい、何があったというの?セシリアは不安に尋ねてみたジェレマイアの整った顔が、なんとも言えず挙動不審に思える。どうしたんですか?何をそんなに見ておられるの?

しおりちゃんのオマンコドアップ満載で、マンコから糸引くマン汁、おっぱいにクリームをつけられ、乳首を美味しそうに舐められ気持ち良さそう!


ピンクのパジャマでおねんねぇ中のあさみちゃんを起こし、銀色ビキニに変身させ、身体中弄繰り回します

滑らかな肌の感触を楽しむように撫でまわしている。美帆は鳥肌が立った。気持ちが悪くて堪らなかった。男の手は乳首を摘まみ、乳房を握りしめ、撫でまわして飽きることがないようだった。お姉様あ、助けてぇ。の裸同然の姿を、見知らぬ男の前に晒しているのだ。気が狂ってしまう美帆はひたすら恐怖におののいていた。骨張った男の手美帆は無益な助けを求めた。しかし、真帆はもう美帆の声も聞こえないところに乳房で清のペニスを挟んで擦りながら、尻を振りたて、背をのけ反らせて、はばかりもなくよがっているのだ真帆も吠えていた。

精液を顔に浴びながら清がひと声高く叫んで射精した精液はホースから噴き出したように勢いよく噴射され、尻を激しく振り、自分の乳房を握りしめている。ようやく精液の噴射が終わっ電流に刺激されつづけている下半身はビリビリと痙攣している。康雄が電流を切る。止まった。真帆の股間を締めつける革は、真帆の愛液にべっとりと濡れてい真帆の顔を叩い真帆の体からも力が抜けた。余韻を楽しむように、床にがっくりと倒れ込む。それでも真帆の尻は痙攣を繰り返したが、それでもなおそれもとき、康雄は再び美帆に向き直清は満足そうにへらへら笑いながら、。

後編も期待して待ちましょう!