オッパイをまさぐり始める

オナニーに熱中して……

マンコを犬のようにペロペロ舐める

誰かに質問された時以外はね」ドラはしかたなく、ナースの案内で大きな診察室へ入ってゆく間、黙って恋人のうしろを歩いた。室内に入ってみると、白衣を着た背の高い、中年の見知らぬ男性がいて、ドラはひどく驚いた。「やあ、ジョージ。それで、これが君の新しいおもちゃかい。なかなか魅力的だね」と、そのドクターは言い、目にはっきりと情欲を浮かべながら、「非常に魅力的だよ、まったく!」「先生」とジョージは挨拶し、彼の手を握った。「彼女を検査して欲しいのです。それも、徹底的に」「ああ、それは楽しいことになりそうだな」ドラの裸をながめまわした。ドクターはにっこりと笑った。それから、飢えた視線で長いことドラを見つめたので、「よろしい、お嬢ちゃん。

人妻が友人に勧められて株に手を出し、借金まみれに

足は開いてまっすぐ姿勢よく立って、両手は首のうしろへね。彼女は怖くて逃げ出したくなった。まっすぐだ。背中を少しそらして、胸をつきだして。いいだろう。足は、もっと開いて。いいね。じゃあ、その姿勢をくずさないように」ドラは命令されたとおりのポーズをとった。ドクターが彼女のまわりを歩きはじめると、興奮で熱くなり、震えてしまった。「私の最初の目視検査によれば、ジョージ。

 

オマンコは、男達の

ゼイゼイと、荒い呼吸の合間に、敦子は、か細い声で頻りに甘い声を漏らしている。「夫と前島さんで話したの。あなたを呼んだ方が良いって。でも、その間、真菜さん、我慢できなくなっちゃつたでしょ!いや?と小さく漏らした真菜は、を振り払って、ぎゅっと耳を塞ぐ。よほど、自分の耳では聞きたくないのだろう。優しく押さえている島津の手耳を押さえる真菜の手は、直角に曲がる。腋が空いた。その腋を通って、島津の手が、乳房を柔らかく下から絞り上げてくる。

オマンコの感度も抜群で、困惑と、快感と、羞恥で、真菜は、耳を押さえたまま、首を激しく振るもし、島津が乳房を握っていなければ、そのまま、どこかに逃げ出してしまいそうな風情だ。「前島さん達が、電話している間、「言わないで、お願い」紀美さんと彩子さんでね」顔を振りながら、声を出す真菜一瞬、敦子ですら、怪訝な顔をしたほどだ。「イカしちやった!イタズラっぽい笑顔で、光太郎の耳に囁かれた声が、頭の中でリフレインする「イカしちゃっ「ちょっとした、レズプレイよ。安心して、指と舌だけだもの「レズって、あの、じゃあた……って、それは、まさか」のソ「そうよぉ。二人がかりで、天国に連れてってもらったのよね」聞こえているのか、いないのか、耳を塞いだままの真菜は、島津に優しく胸を揉まれながら、している「なかなか、刺激的だったらしくて、森さんと田野倉さんは、我慢できなくなって」激しくイヤイヤを名前を呼ばれたのが聞こえたのか、田野倉が、一瞬、「出しちゃったんだから。眉をぐっと上げてこっちを見る。男性陣」しかし、珍しいわ。

エッチに興味深々なお年頃だが、近頃のティーンのやることは過激なのか
下着姿のひなちゃんを、男が

ローションをつけて

すなわち、達也の言葉をそのまま受け止めろといっているのだ。「夫婦仲が良くなればなるほど、二人の仲が冷えてしまったら、ってね。マゾ性が強ければ強いほど、今の結びつきが熱ければ熱いほど……「冷える怖さっていったら、ないのよ。実際」ゆっくりとした達也の言葉を、いきなり春佳が引き取った。その言葉が、相当にこわばっているように感じて、思わず、光太郎は座り直して春佳を見つめた「あのね、この人、浮気ばかりだったの。新婚時代ですら、そうよ。フェラでほおばり、


パイパンにするという

私は、知っても知らぬ振りを続けるしかなかった。さもなければ、お別れをするのかしかないんだもの「浮気を?」ちらりと横を見ると、両手を合わせて拝むマネ。おどけた表情の達也と裏腹に、「最後の最後で、私は賭けてみたんです」「賭け?」「夫以外の男の人と……でも、初めは、この人から言い出したことなのよ」春佳の表情は真剣だった。どういう心の働きなのか、ニヤリと笑った達也と目が合ってしまう。光太郎は、戸惑って目を伏せた。でもね、恥ずかしかったけど、良かったわ、ホント」ふと見上げると春佳の笑顔が透き通るような光を帯びていた。