乳首をしゃぶり始めてしまったるなちゃん

動きを止めた私を見ながら、彼はシャツとズボンを脱ぎました。胸毛に覆われた熱い胸と、剛毛が生い茂った太い足が表れました。私は今までに、こんなに毛深い人を見たことがありませんでした。まるで熊のように、男のコックは剛毛の中に隠されていました。男のコックは長くはなく、身体に似合って太くずんぐりしていました。

【zentai sex blue】

タイトル:zentai sex blue
点数:66点
評価A:★★★☆☆
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る


  • 乳首をカリッとしてくれる大サービス口元から唾液が止まらない
  • オマンコを指マンで刺激して
  • ファックを展開すると

肉棒を出し入れされると全力で喘ぎ絶頂の連続男は私の前に立ちはだかって、コックを銜えるよう命じました。私は腕を伸ばして、そっと触れてみました。他人のコックに触れるのは初めてで不安だったからです。じれた男は私の腕を掴み、力を込めて引き寄せました。よろけた私はその茂みの中に顔を埋めてしまいました。私は恥ずかしかく、今まで感じたことが無い寒気が襲いました。

 

パイパン柚月ちゃんのガチイキ聖水

【CFNM- Japanese rich girls torture male slaves at dinner】

タイトル:CFNM- Japanese rich girls torture male slaves at dinner
点数:66点
評価A:★★★★★
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る


真菜が声を上げないと見て、指をサワサワと遣いながら、「どうしよ……」真菜の困惑は、深まっていた。「油断してたんだわ」このところ、ラッシュの電車になど乗ることがなかった。だから、痴漢が出没することなど、すっかり忘れていた。おまけにモヤモヤの真菜は、思わず、夫が喜ぶ服装をしてしまったのだ。つまりは、薄手のミニだ。こんなので、ラッシュに乗れば、痴漢さんいらっしゃい、と言っているのも同然だ。

【関連記事】:下半身から力が抜けていき 有閑夫人たちにたっぷりと調教されているだろうな ここ2年ちかくはセックスをしていなかった

中出しし垂れ流れる
中出しSEXをお楽しみくださーい
かつてなら、ラッシュの時間帯の電車など絶対に、パンツスタイルじゃなければ乗らなかったはずなのに。いや、夫がいれば、こんなスタイルでラッシュの電車に乗るのを、さすがに止めてくれていたはずだ。そうなのだ、真菜のモヤモヤは、確実に影を落としていた。「なんで、こんなのに、こんな風になっちやうのよ」困惑から、怒りにかわって、それは自分に向けられる。ミニが痴漢の指でたくし上げられていた。いつのまにか、パンティーストッキングを上からかいくぐって、しかし、困惑は、それじゃない。手が入り込んでいる。

 

オマンコに押し当てていく鈴佳

ホッとしたのは嫌味な上司のことは無理して対応していたこと。彼女に対する嫌な気持ちがなくなろうとしていた。夫が帰ってくるまでは。帰宅した夫は、お邪魔します、と挨拶した彼女に驚いた。「奥様、いつも彼がお世話になっています。」なんてこと。彼女は夫の通っている風俗の女だったのだ。夜は別の仕事をたまにしていると聞いていたが、まさか風俗だったなんて。

【関連記事】:今度は黒のスケスケの下着を着たいちごに気持ちよくなってもらういましょう オマンコに入れられてしまう エッチしまくるこのシリーズ、とにかくジュブジュブ突いて突いて突きまくります

【dekachinkaigan003】

タイトル:dekachinkaigan003
点数:60点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★★

        >>続きを見る


チンポならちぎれんばかりの腰使い

夫は微妙な表情をしている。彼女は言うのだ。「もう貴女じゃ勃起しないんだって?今日は私達のエッチを奥様に見てもらいながらしましょうよ」夫は「いいの?」私に確認を求めた。きっと離婚の材料だとかそんなことを想像しているのだろう。「勝手にすれば。」そう言い放つと、夫は彼女の方に歩いていった。そして、彼女を抱きしめ、濃厚なキスをした。

【人気記事】
ロリコン無修正画像~オッパイや黒くてハリが出てきた~
エッチ写真~フェラは愛情たっぷりの濃厚~
無修正 – 無料サンプル動画 – ビニ本