オマンコを指で広げてみたり、クリちゃんをいじったりし始めると、うっとりとした表情を見せ始めます

一方で、和式トイレの格好でしゃがみながら、腰をうねらせ、上下し、時に、もどかしげに捻る下半身は、淫らな化身そのものだった。「あうううくっきりと赤い唇がから、頻りに、淫靡なうなり声が漏れている。腰の奥から登ってくる白い火花が、脳髄で弾け続けるたびに、勝手に漏れ出してしまうのだ。一方で、脳を弾ける快感とない交ぜになる、別の何かが、真菜を狂わせつつあるスパークする快感と同じなのか、別なのか、真菜にも分からないが、身体全部を溶かしてしまう巨大な快感のマグマが、子宮の奥に渦巻き始めていた。マグマは、次第、次第に圧力を強めて、はじけ飛ぶ瞬間を求めて、強烈な力でうごめいていた。

【japanese+lesbian+squirting+vol+2】

タイトル:japanese+lesbian+squirting+vol+2
点数:69点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★☆☆

        >>続きを見る


  • オナニーをさせるための口実を残し、さっさと部屋から出てしまう
  • チンポに興奮して喉奥まで咥えて離さない
  • マン汁を溢れさせ始めるともう失神寸前

マンコのギャルせいらちゃんが、変態親父の家でハメまくります全身を飲み込むオーガズムの津波だが、このまま、自らが動いてオーガズムに達するには、なにかが違う。あふれそうであふれない、限界までの快感。「ああ、もう、もう、ああ、お願いああ、もう、逝きたいのに、ああ!」:真菜は、はっっきりとオーガズムを求めている。オーガズムの溶岩をあふれさせたいのに、あふれてくれないのだ。追い求めても、追い求めても、すぐ近くにあるオーガズムの源泉は、まるで砂漠の蜃気楼のように。逃げていく。「ああ、だめぇ、これじゃああああ、なんとかしてぇ」もどかしげに、腰を前後し、うねらせ、ひねっている。てしまうクセに、逝くに逝けない。

 

オマンコを広げると、

【Japanese Pantyhose Sex 2】

タイトル:Japanese Pantyhose Sex 2
点数:71点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る


今度は左右の乳首の上をロープが横断するようにして、ぎゅっと締め付けて乳首を両方とも潰してごらん”はい,わかりましたぎゅっ。ケバだった紐の下で、ぷっくりした乳首が二つとも押し潰されます。背中に回した紐をぎゅうう、と引っ張りながら、「痛い、痛いい」と呻きつつ、立ったまま自分の大きな乳房を虐める私。辛くてたまらないのに、ジンジンと子宮が疼いてしかたありませんああ、痛いのに、ううん痛いのが、どうしてこんなに気持ちいいのその後もさらに続く、彼の厳しい指示。今度はショーツの股間にロープを渡して、それでショーツを何度もこすりあげて“それを実行すると、私の腰はガクガクと崩れそうになりました。

【関連記事】:ファックをじっくりとお楽しみください 今までとは違った形に拘束されているのを知った つまり自分より年上の熟女なのだ

ファックに合わせるように自ら腰を振りまくってくれます
肉棒見るなりバキューム
深く布が食い込んだ亀裂にローブがめり込みそれが上下にこすれるたびに、得も言われぬ快感がぞくぞくと全身にほとばしるのです。いいです、これ、気持ちいい.それはよかった。あきさんは本当に変態のマゾだね撮った画像には、がに股で腰を落とし、ショーツに食い込ませた紐を狂ったようにこすりあげる女が映っています。乳房はぶるんと重そうで、紅潮した顔の唇は半開き。いまにも涎を垂らしそうです。いっぱい感じて。

 

オマンコにものをねじ込むと、葉ゲイs区腰を動かします

ただ、腰から白い稲妻が駆け抜けていったのだけは確かだった。駆け抜けた稲妻は、あとに、ズーンと重たく響くような快感の残滓を、通り抜ける前よりももっとたくさんおいて行ってしまったのだ。まるで、嵐がさんざんに木の葉を落とし、真菜の官能だった。枯れ枝を折とって、一度着いたら消せぬ山火事になる直前のようなきっと、恥ずかしい場所は、消え入りたい恥ずかしさと、光太郎にも見せたことがないほどビショビショになっている。自分がさらしてしまうかもしれない痴態に身をすくませながらも、子宮の奥が勝手に疼いていた巧は、相変わらず、真菜の密かな昂ぶりを知ってから知らずか、あちこちに羽根を使っていた。

【関連記事】:乳首やらオ丸ンコをいじられて気持ちいい・楽しいのなんともいえない時間を過ごします 荻野は腰と一緒にペニスを揺すってみせた エッチの後はこれがないと

【Boy is still acting like a baby】

タイトル:Boy is still acting like a baby
点数:65点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★☆☆

        >>続きを見る


フェラ奉仕してもらい本番です

時にゆったり、時には、急襲しながら、真菜の突然、羽根が止められた。「真菜よ、夫を起こすのはかまわないが、は、こうなっておるのだぞ」「え、あ、え?あうう、いやあああ」このビデオがどうなるのか、わかっておるだろうな?おまけに、今のお前真菜が頭を振りながら、堪えきれない切ない悲鳴を上げたのは、下着の上から撫で上げたからだ。いきなり、指が、もっとも恥ずかしい場所を胸への刺戟と違う、重く甘い衝撃が、子宮を直撃したように駆け抜けていったのだ。真菜の白い身体が、仰け反るようにわなないていた。懸命に身体を閉ざし、官能の気配を閉ざしたい真菜の努力をあざ笑いながら突破していった、憎らしくも、強すぎる、官能の気配なのだもう、真菜の身体は感じてしまったコトを隠せない。

【人気記事】
無修正エッチ画像~バイブを仕込んで喘ぎ声上げながら激しい手コキで我慢限界~
エロサンタ画像~エッチの様子を趣味で撮影した映像のようですが、無駄に画質が良い~
無修正 – 無料サンプル動画 – アニメ動画