残業という言葉は不倫セックスと結びついていた

【アイドル真里の性調教撮影会】羽田真里
アイドル羽田真里を人目拝みたいと撮影会にきたヲタたちの要求に騙されて性処理玩具になってしまう真里ちゃん。密室の空間で真里ちゃんの全てを撮ろうと至近距離からカメラを振りかざすヲタたち、真里ちゃんはヲタの急接近にタジタジ。ウブな性格の真里ちゃんはキモヲタたちに「暑いでしょ〜、脱いだ方がいいよ。フフフ」と強引に身包み剥がされやりたい放題のいいなりペットと化す!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/121016-322/index.html


【超絶サディスト社員新登場】あの悪夢のピクニックの記憶もようやく薄れかけた初夏の日。美冴緒はいつものとおり、下着をつけずに出社した。すでに身も心も、だがそんな美冴緒の姿は以前にも増して冴えざえと美しかった。完全に村上に捧げた奴隷だった。村上くん。印刷所に入稿する版ドは?もうアップしているの?はい、沢渡先輩。えー、今日の午後にプロダクションから連絡があるはずなので、直接印刷所に入稿してしまおうかと思ってます。それを待って引き取ります。その足で社内ではあくまでも先輩と後輩だ。だが一歩社外に出れば、そしてたとえ社内だろうと村上が命令すれば、冴緒は牝奴隷に堕ちる。それはいいけど、チェックは事前にできているのかしら。
働くオンナ

その時点では勃起していないのよね?

要するにママの奴隷みたいなものですね昨日の段階で出力見本のチェックをしました。それで問題ないですよね。ダメよ引き取りに行く前に、もう一度ファックスで送らせて。私も見ます。あ、はい。たちまち美不必要なほど厳しい仕事への姿勢。チェックしすぎるほどに村上の仕事をチェックする。あるときは村上を叱ったりもしたそうすることで、村上の美冴緒への仕打ちはより激しくなる。退社までの猶予も与えられないときもあった。トイレで貫かれることなどは当たり前で、剥きだしの肉裂にバイブを入れられて固定され、退社までそのままで仕事を精液を呑まされる。そんなことまでオフィスでしなさせられたこともある。同僚の目を盗んでフェラチオ奉仕させられ、がら、同時にそのギャップに身体を熱くする美冴緒だった。

車の中ではローターをオマンコにあててオナニー

工業用のフィルムを扱う代理店の重役だった父親は夜の付き合いが多く、芙蓉子が寝た後にしか帰ってこなかった。冷えた夫婦生活が長くつづいた後、母親は更年期にさしかかり、女としての属性を自ら殺していたように見えた。陰気さを帯びつつある母親と芙蓉子は、何度も語り合って夜をすごした。そのような長い時間のなかで芙蓉子は、母親が激しいセックスには耐えられなかったこと、父親の精力が淫らなほど強靱だったことを教えられた。それで私は病気になったのよ。と母親は泣きながら愚痴を言った。私がセックスを受け入れなかったからお父さんは外に女を作ったのよ。

【鬼イキトランス11】中西早貴
カリビアンコムの洗礼。早貴ちゃんに白目を剥くくらいイキまくってもらいます。設定なんていらない、とにかく逝って、イって、吹いて、また逝って、だらしない生物を作り出してしまいました。全身敏感な経験のすくない早貴ちゃんだから簡単に連続昇天。いちゃいちゃするのが好きらしいけど、今日はそんな甘っちょろいセックスはさせてあげません。ちょっとオッパイの話しをしたら自分で触り始めちゃいました。まだ監督はなにも言ってないのに。エッチが好きなのは好きみたいですね。それならば遠慮なくイかせまくっちゃいましょう。クリトリスでイったら次はGスポット、潮を吹いたらバイブでふたをする。中出し下からってもう終わりじゃありませんよ。ドロっと精子が流れ出す膣にクスコをぶち込んでまた何回か昇天してもらおう。何度イっても許してあげません。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/120514-752/index.html


鏡の前に座ってもらい自分のマンコを見ながら

とも言った。芙蓉子は素直に母親に同情していた。すべて父親が悪いのだとしか思わなかった。結婚して母親と離れて暮らすようになり、芙蓉子は母親との距離を確認しはじめた。母親とは違う別の生活が自分にはあるのだという自信が芽生えてきた母親を理解する反面、母親と自分は違うという認識を得たのだ。お母さんに較べて私は幸福だと、芙蓉子は思いこんでいた。結婚相手に光太郎を選んだのは父親と似ていないからだった家庭的で、子供を欲しがっており、帰りが深夜に及ぶこともなく、仕事ぶりは真面目だった。セックスは月に1度か二度、しかも電気を消して正常位でしか交わらなかった。
ライブチャットガール


やりすぎたかな。と思わないでもなかったが、いかめしい声で詰問した。春美には、おまえの計画のことは白状させた。どうしてパパとママのことにおまえが口を出すのだ。だってぐしゅぐしゅ啜り泣きながら、ユリカはすべてを白状した。だって、ママが、男の人に誘惑されているんだもの……春美にも告げていなかったこと思わず大きな声を出してしまった慎一だ。妻の康子とこのところ連絡をとっていないが、自分の不貞はさておき、の側に男性問題が起きるとはまったく考えていなかったから、激しいショックを受けた。ママは時たま男の人から電話を受けて、その後、イソイソとおめかしして出かけてゆくのよ。

剥きだしの臀部としばらくして激しくよがり狂う少女の襞肉の奥にしたたかに射精した慎一は

クンニをさせ

するとそこにはなんとパイパンのおまんこ
うーん……どんな男だ、そいつは。パパより少し若いかな。電話では柏木って名乗っているけど。柏木……。康子思い当たる人物が一人だけいる。確かめてみた。パパの会社の人か?そうだと思う。何かパパのことについて話したいことがあるって電話してきたのがはじまりなの。やっぱり!食品二課長の柏木誠治だ。慎一と同期入社で昇進もほぼ同じ。出世競争のライバルといっていい。慎一のほうはあまり出世欲が強くないので、柏木のことをあまり意識していないが、向こうは強烈に意識しているようだ。会議などではよく突っかかってくる。理知的でいかにも秀才といった容貌。実質的にも切れものだが策士型の人物で、慎一の好むタイプではな。しかし、どうしてあいつが……。そう呟いて、すぐにすべての事情がわかった。(そうか、倉橋と淑恵のラインか!)今は慎一のほうが一歩先を行っている。それというのも現社長に気に入られて、目をかけられているからだ。柏木としてはなんとか彼の足を引っぱりたいところだろう。

さらに兄の手が紅葉のおオマンコを愛撫

神戸です。僕が中学2年のとき、親父の仕事の都合で東京に引っ越してきたんですよ。果歩が大学2年のときだった。まさか彼の息やはり間違いない。子に、正人が果歩の通う女子大に助教授として現れたのは、こんなかたちで出会うことになろうとは。正人に対する憎悪とあのとき受けた屈辱が、激しい感情となって果歩の心に渦巻いていく。ねえ、あなたの連絡先を教えて。果歩は一転、悩ましげな視線で達也の顔を仰いでいた411人は2週間に1回の割合で逢瀬を続け、果歩は夫に試したこともないテクニックで達也を翻弄した。ディーブスロートでペニスの根元を喉深くまで呑みこみ、パイズリから乳首舐め、さらには舌でアナルの粘膜を愛撫することまで。
大分 出会い

どピンクマンコと小粒の菊門アナルが丸見えっス

膨張しはじめたペニスを臀部に押し当てると
正人から教わった性戯は15年という歳月を経て、息子の達也へと踏襲された。とりわけ達也が喜んだのは、パイズリ奉仕だった。どうやら彼はグラマーな女性が好みのようで、験できないと、歓喜の雄叫びを盛んにあげていた。こうして果歩は達也の放つ精液を口で受け止め、ペニスをねぶったあと、そのまま2回戦へと突入するのである。スリムな朋美では体舌で清拭するように一度の放出ぐらいでは達也のペニスは萎えることもなく、驚くほどの完全勃起を見せている。果歩の目から見ても、さに達也は年上の女に夢中といった様子だった。