ピストンで突きまくる彼

「ほらすばるちゃん、恥ずかしい姿だね」「んっ私はすばるの胸を触る。ビクッとなってすばるはもがくもみもみしばらくすると乳首がかたくなっていた。「やだぁ感じてるんじゃん。女の子に触られて気持ちいいんだ!」すばるは泣いている。聞いてないようだったので、乳首をおもいっきりつまむ。「んギイっ!」すばるはビクッっと体を反らしながら、失禁してしまう。

爆乳セールスウーマン是非とも一回お目にかかりたい~

バイブを舐めながら挑発大胆に

フェラ奉仕した後は、大迫力のオフィス「やだ、お漏らし…汚ーい°popcornのトップモデルが乳首で感じておしっこ漏らしちゃうんだぁ!」意見を聞くために口の中のものをとってやる。「誰か」また、すばるは騒ぎだそうとした騒いだら、お漏らし見られちゃうよ…」その一言に静かになる。「感じて、お漏らししちゃつたの?」すばるは恥ずかしそうにしている。「違」いいかける。「違うの?我慢してたの?」15...。もうやめて…。こんなこと…。」質問無視?コイツ、動けない状態でまだ偉そうなんだ。「無視すんなよ。

  

オマンコのヒクつき具合までしっかり見れます

アナルのほうが気持ちが良いんだって~
やや茶色い、小指の先ほどもある乳首を載せた乳房は、真菜の目の前で重たげに揺れていたのだ。大きさが大きさなだけに、重力に従って、下がり気味だが、決して垂れているとは言えないだろう。外国人の巨大な胸を見るようだった。まさか、洗っているときにジロジロ見ることもできなかったから、の迫力は圧倒的だった。「巨乳って言うのかしら」漠然と、大きいことはわかってはいても、こたまに見るテレビで、タレントが使いでもしたら即座にチャンネルを変えてしまうような品のない言葉を真菜は思い浮かべずにはいられない。すぐ目の前で重たげに揺れる胸は、それほどの迫力だった。真菜の目は、見開かれていた。

拘束された莉乃ちゃん、監督はあそこの毛を剃り始めた

オナニーをし始める
唖然とした視線に気がついたのか、胸の大きさとは正反対に、身体を小さく丸めて、恥ずかしい、と彩子は小さ〈つぶやいたのだ。底を羽交い締めするように小さな手が、むんずと、後ろからつかんでくる「いいでしょ?ウチの人も、私で満足できない分、彩子さんが来ると、もう、んと鼻の舌を伸ばしちゃつてさほ胸を揉まれながら、グチのように言葉にする紀美には、だけ。「ほら、これだもの「キャ、もう、ダメよぉ嫌みの匂いはない。彩子も、クスッと肩をすくめて笑う紀美が後ろから、ぐっと、彩子の巨乳を持ち上げたのだ。華奢な紀美の手に、あまりにも重たげな重量感を感じさせた。

チンコ戦でハメまくります

オナニー生放送の映像です
真菜は、その瞬間、あの晩、縛られたままの口の奥に、巧がドクリと出した感覚を再現してしまっていた。あの、生臭くも、苦いあの液体他人の出したモノを飲む。あり得ない行為だ。そのくせ、喉の奥に出された瞬間、子宮を蕩かすような快感が湧き出したのを、真菜は強烈に思い出してしまう。あの時、飲み込んだ巧の怒張は、いつの間にか、目の前の赤黒い怒張にすり替わってイメージが浮かんでいる。あたかも、自分が島津の前に跪いて、フェラをしてしまう姿だ。

股間を、クールダウンさせて見ませんか

出しちゃいそうでしょね?とっさに、真菜は動けなかった。さっきまでは、反射的に拒否できたのに。「呼んでもいいかしら?」自分が何をしようとしているのか、何を認めようとしているのか、優子にそう念を押された瞬間、ていた一瞬、亡失し真菜は、微かではあるが、はっきりと首を縦に動かしてしまったのだ。「良かったあーありがと。これで、紀美さん、助かるう、ありがと、ありがと。ね、島津さん!はっきりと通る声が響いた。島津が振り返った瞬間、その血走った眼を見て、ハッと我に返った真菜は、とっさに「やっぱりダメ」と言おうとしたのだ。「島津さん、こっちにいらっしゃい。あなたのことが可哀想だから、真菜さんが、触らせてくれるって!」その瞬間、確かに島津の顔に、あり得ないほどの喜色が走ったのを真菜は見た。