相手の熟女のことを訊いてきた

【THE 未公開 〜恥じらいのお漏らし大作戦3〜】羽田真里
「あ〜ちょっと無理・・・」とか言いながらトイレに行きたいのをガマンしながら監督のリクエストに応える「No」と言えない真理ちゃん。トイレに行きたいのに、水を飲まされ、ラジオ体操をさせられ、オナニーまでさせられます。すさまじい尿意に耐えながら、監督にイジメられながら、指オナニーに集中できない真理ちゃん。鬼畜監督にローターでいたずらされたり、リモコンバイブを挿入させられたりします。リモコンバイブを挿入したままトイレに向かう真理ちゃんにリモコンでバイブオン!漏れそうになってしゃがみ込み、もだえる真理ちゃん、鳥肌と乳首が立ってます。なんとかトイレの前までたどり着くが・・・
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/122916-336/index.html


それに負けないほど大きく淫らな音を奏でているのが美冴緒の淫裂だった。店内をクラシック潤みにまみれた蜜肉が、音楽が満たしているのに、村上の指がより激しく、早くなった。ピチャピチャピチャピチャ!美冴緒の淫音がいっそう響く。お待たせいたしました。はっとして目を開けると、目の前にくだんのウェイトレスがコーヒーをテーブルに置いているところだった。大股をひろげ、脚を放りだしているテーブルにである美冴緒が美冴緒があわてて脚を閉じようとした、rンああ!そのときだった。村上の指が一気に押し入ってきた。なんというタイミング!美冴緒はウェイトレスの目の前で、最初の絶頂に軽く押しあげられてしまった。
逆レイプ

ペニスをくすぐりたてるようにしごく口腔粘膜にゾクゾクしながら

エッチなんだからあ逃げるふりをしたがぼんやりとかすむ意識と視界のなかで、美冴緒はウェイトレスが自分を一瞥したような気がした。その顔になんとも軽蔑の表情があったような気も……。ひどい、ひどいわ。もう無駄と知りながら、村上の身体に顔を隠すように埋めて美冴緒が涙ぐむ。だがその蜜壷は、村上の指をくわえこんだままだ。泣いたってだめだぜ先輩。先輩はやっぱり本当のMだな。オレは初めて会ったときからピンときたよ。すごく綺麗で気が強そうだけど、どこか寂しそうで、それにいつもイライラしてただろ。自分にすごく自信があるのに、同時にそんなことがなんにもならないって知っているような、ね。

と思うほど美しく悶える2人がとってもエッチでこれを見ているだけで何回でもヌけます

一心不乱にペニスを舐めまわし、口にくわえてしごいたりしている勢津子を見下ろしているうちに須賀は、むっちりとしたヒップがもじもじ蠢いているのに気づいた。フェラチオしているとき勢津子がペニスを膣に入れてほしくてたまらなくなったときの反応だった。ときおり洩らすせつなげな鼻声も、それを訴えている感じだ。須賀も快感をこらえるのがつらくなってきていた。油断するとたちまち我慢できなくなりそうだった。両手で勢津子の肩を押しやった。口から抜け出たペニスが生々しく弾み、それを見た勢津子がふるえをおびたような喘ぎ声を洩らした。もうコレを入れたくてたまんないんだろ?須賀が聞くと、唾液にまみれていきり勃っているペニスを欲情しきった表情で凝視したまま、強くうなずき返す。

【野外露出が癖になっちゃう】大澤美咲
とっても可愛いロリロリフェイスの大澤美咲ちゃんと緑の綺麗な田舎に行きおもいっきり田舎町を散歩しちゃいます!早速町を散歩していると、景色が綺麗な公園を発見!公園に入る前にローターをサクッと美咲ちゃんのオマンコに挿入。公園を散歩する人や昼寝をしている人などいるなかで、腰をかがめながらジーとローターの振動を響かせながらヨチヨチ歩きで公園を散歩!ベンチで昼寝をしている人の後ろでワンピースを脱がされオドオド状態!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/122714-768/index.html


ホント女のオマンコって奥が深いです~~

どこに?。オ××コ。ああツ、コレ、もう我慢できない。たまりかねたようにいいながらペニスを手にして揺するじゃあ今日は勢津子が大活躍してくれたから、入れたい。さっそく褒美をやるよ。ほら、またがって自分で入れろ。須賀の言葉に、勢津子が表情を輝かせ、立ち上って須賀の膝をまたぐ。片方の手で須賀の肩につかまり、一方の手をペニスに添えると、腰を落とす。勢津子は須賀の顔の前で欲情した表情の顔をそむけている。あらぬ方向を見ている眼は、股間に神経を集中しているような感じだ。
エクスタシー


おい、おまえら。酔っぱらいをいたぶってどうする。おれが相手になってやろうか。平然と近寄ってくる中年男を見て、最初は唖然としていたチンピラヤクザ二人は、左右から殴りかかっていった。勝負は一瞬だったAがどういうふうにして攻撃をかわしたのか、見ていた中沢もわからなかった。次の瞬間には二人とも地面に叩きつけられていたからだ。彼は酔客を逃げさせてから、フラフラしながら立ちあがった男たちと向かい合った一人がナイフを取りだして切りかかったが、Aは簡単にそれを奪い取り、逆にそれで相手の手の甲をズブリと突き刺してえぐった。絶叫が路地裏に響き渡った。ぎゃーー!このウジ虫が股間を蹴りあげると男の体は1メートルほども宙に浮いた。

あんなに気持ちのいい射精は経験したことがなかった

パンティを強く引っ張ってマンコに深く食い込ませ

昨年引退してしまった美爆乳パイパンロリ女優
くそおやじツ!睾丸はつぶれたに違いない。やはりナイフを手に背後から逆襲してきたもう一人のチンピラ。抱えこんだ腕を逆にねじ曲げる。骨は簡単に折れた。腹部にまわし蹴りを叩きこみ、バキ。ウゲー!。くたばれ人間のクズ。さらに肉がつぶれ、骨が砕ける音がした。ぶっ倒れては引き立てられてサンドバッグのように殴られる男たち。彼らの顔は血塗れになった。(これじゃ殺してしまう)はボロ雑巾のようになった二人を後に、悠然と車に乗りこんだ恐怖を覚えた中沢は軽くホーンを鳴らして警告した軽く息を切らしているが、汗もかいていない。やはり腕が鈍っていますな。少し時間がかかった。苦笑する男を乗せて中沢はソープランドの店へと彼を連れていっプ嬢を失神させてしまったという。Aを悩ませて後で告げたところによると、彼は一時間のうちに三度射精して、いたインポテンツ症状は跡形もなく消えた。

両股をおっぴろげオナニー

祐子は車のスピードを落として、通りをゆっくり流した。路上を歩く男たちが立ちどまりっせいに熱い視線を送ってくる飢えた狼のような目している、わしていたと祐子は思った。路上にたむろしている男性たちは、一様にあたりを落ち着きなく見ま射るような異性の視線を浴びたとき、祐子は一瞬不安になった。教師ともあろうものがこんなことをしていていいのだろうかと、にわかに理性が甦ってきたのだ。だが同時に、ゾクゾクするような快感も全身を走り抜けていった。
無料ムービー

あとはそのチンコで激しく突いてあげるだけ

それが熟女の性欲の深さや強さを暗示しているかのようだ肉づきのいいそれは
祐子は優雅に振る舞いつづけた。たちの前を通り抜けたのだ。ダッシュボードからサングラスを出してかけ、ドアに肘をかけて、これみよがしに男やがて人通りが途絶えたところで路肩に車を寄せてとめ、ぼんやり街の明かりを眺めていると、に声をかけてきた。祐子はその男に微笑みかえし、再びアクセルを踏んで車道へ出ていった二十代半ばの男が露骨祐子はフルスピードで街を走り抜けると、高速道路に車を乗り入れたたった今まで不敵に装っていた表情とは裏腹に、アクセルを踏む足が震えていた。興奮によるものなのか、罪悪感によその興奮がるものなのか、祐子自身にも判然としなかった。極上のワインを飲んだときのように身体が火照っていた。今までに出したこともないほどのスピードを生みだす結果となった。