フィニッシュはドクドクと

「ボクもずっと、会いたかったんだよ」光輝は腕に力を込めて、強く抱きしめてくれました。この言葉をどれほど待っていたことでしょうか。何度も何度も頭の中で、その言葉をくり返しました。やっと私の想いが叶えられ、光輝を独占している「今」の幸福に、身を委ねていました。「光輝の身体はとても魅力的ね」輝は返してきました。

オマンコの奥を激しく突き上げられると大絶叫♪大量の

フィニッシュは可愛いまいちゃんの顔に大量の

挿入に感じまくるエレナちゃんと、光輝の背中に腕を回して囁きますと、「ボクにはあなたが必要です」と、光再びふたりは、しっかりと抱きしめ合いました。私は、もう二度と離れたくないとの想いを、その腕に込めまし私は、光輝の背中に回している手を、堅く締まった男らしいお尻までずらせ、輝は私の唇にキスし、指で唇をなぞりました。その感触を楽しんでいました。光私は目に見える光輝のすべてを、触れていたいという欲望を抑えきれなくなりました。私は光輝の、重いコックを握りました。そして身体を折り曲げて、コックの先を口に含みました。愛撫を続けて口から抜きますと、グランスの先からガマン汁が湧き出てきたのが見えました。

  

オマンコに押し当てて大絶叫

亀頭に絶妙の刺激を与え、究極の快感を提供敏感な彼女の
人妻として、セックスの味を知っているというだけではない。あれ以来、真菜は目ざめてしまったのだ。一度味わってしまった強烈な体験は、真菜の身体に快感の記憶を刻みつけてしまったのだ。身体に刻まれた快感の記憶は、慎みよりも、快感を追い求めさせてくる。身体を満たしてくれるオトコを、知らず知らずに、追い求めてしまうのだ。本当のセックスの味を知ってしまった女の本能と言って良いだろう。

巨乳をもみまくってクリちゃんいじって甘い声を上げてくれます

ファックを展開すると、大絶叫しながら自ら腰を振りまくってくれます
しかし、今、真菜の快感を掘り起こしているのは夫ではない。それだけはダメだと、自分の身体に、懸命に言い聞かせていたのだ。それなのに、ナカをまさぐられて潮を噴いてしまったら、もっと大きなモノで身体を満たして欲しいという欲望が真菜の身体全体に強烈に広がってしまう。「挿れられちゃうーだめぇ!」だから、「ああ!その瞬間、身体が動かなかった。ズブリとナカが満たされた瞬間、焦らしに焦らされた甘い快楽の塊が、真菜の子宮を直撃した。

ファックを展開すると、たっぷり

マンコをパックリ開いて
苦しげに一つ、呻いて、そのタイミングを狙った。「きゃっ」ぐっと肩を掴んでしなやかな小さな悲鳴を上げたのは、いきなりで、身体をゴロリと転がしてしまったのだ。「あううう!」びっくりしたのだろう。瞬間、光太郎は、まだ、さっき自分が出したモノがあふれている、両脚を膝のところでそろえて持ち上げながら、ドロの場所に、ズブリと突き立てていた。「あん、あん、あん、あん」光太郎は、ドロ一気呵成の動きに、真菜は、小動物を思わせる短い悲鳴を上げて応える。さっきのオーガズムは、深かったけれど、どっちにとっても中途半端だったのだ。

熟女フェロモンたっぷりの抜きムービー

射精をしたと行っても、まるでさっきの続き。真菜の快感曲線は、一気に、角度を上げて極限大となるのに時間はかからなかった。光太郎は、真菜の両脚を解放する夫を、受け入れるべく、その両脚は、瞬時に、大きく広げられ、それどころか、長い脚は、光太郎の脚に、外側からグッと絡まってくる無意識の真菜の動きだ。それは、まるで、オトコを逃がすまいとする、メスそのものの動きだった。「あう、い、いく、あなた、い、いっちゃう、ああ、お願い、抜かないで懇願しながら、真菜の美肉は、どよめくように、「抜かないよ。