バイブを使ったことはあるのかな?

26月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【視界侵入!たちまち挿入! 〜がんがん突かれるのが好き! 〜】成宮はるあ
成宮はるあちゃんが、人気シリーズ「視界侵入!たちまち挿入!」でカリビアンコムに再登場です!性感帯は首、耳、あそこ(中派)というはるあちゃんは、がんがん突かれるのが好きと激しいセックスが大好きな女優さん。いきなり挿入されて泣きそうな顔をしてたはるあちゃんも、性感帯(しかも中派)がオマンコというだけに気持ちよくなちゃったみたいです。気持いい!と連呼しまくりのはるあちゃんは、壁にもたれかかって後ろから希望通りにガンガン突かれちゃいます!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/110516-296/index.html


萎んでいたペニスが

1週間ほど経って、彼はまた電話を掛けてきた。可奈子が断ろうとすると。だったら、一緒に昼食を取ろう。それならいいだろう。と誘ってきた。そうね……昼食だったらいいわ。会って食事をしながら話すだけなら問題はない。そんな思いで会うと、大竹は食事も早々にホテルに誘ってきた。その途端に可奈子は身体の奥深くに蠢くものを感じはじめ、同時にまた暗示に掛かった気分に見舞われた。ホテルの玄関口で可奈子がためらうと。立ち止まっていると、通行人が変に勘繰るよ。さあ早く大竹は耳許に囁き掛けてきた。部屋に入った途端、激しい血の騒ぎが身体を駆け巡った。昼間の情事。夜とちがって不倫感覚も強くなり、逆に燃え方も大きくなった。可奈子は彼の愛戯に翻弄されて、常軌を逸したように、あらん限りの甘い叫びを漏らしていった。

お尻は見た目には小さく締まった印象を受けるが

意識が戻った時には、身体から憑き物が落ちたようなリフレッシュ気分に包まれていた。可奈子さんは、男のために生まれてきたような女だ。大竹の言葉に可奈子は羞恥心をくすぐられていた。それ以来、大竹の誘いを待つ自分を意識するようになり、彼からの電話があると、抑えがたい肉欲を感じるようになっ。あす、いつものホテルで待っている。昨日の夕刻に大竹から連絡があった。その直後から、可奈子は欲情の疼きに悩まされはじめた。修太郎を幼稚園バスに乗せた可奈子は、マンションに戻って、シャワーを浴びてから外出の支度をした。鏡台に映し出された自分の姿を見ながら、また罪の意識に襲われた。

張りのあるDカップ美巨乳のおっぱいを触り始め

ゆっくりなもっと舌を使って……今度は咥えてみろ。上手だぞ。どんな犠牲を払ってでも、矢島を味方にしなければならない。そうそう、彼女は必死で舌を使った。口腔が肉でいっぱいになって苦しかった美しい鼻孔が収縮する。額に汗が滲みだす。やがて矢島は乱暴にペニスを引き抜くと、ベッドにあがった。こっちへ来いや。たっぷりサービスしてもらおうか。白いサラシを巻いただけの矢島は、ベッドで大の字になり、芙蓉子があがってくるのを待っている芙蓉子は処刑台に乗るような気持ちでベッドにあがった。矢島のドス黒い肉棒が直角に勃起している。両脚をひろげた股の間に、芙蓉子は正座した。そして宝物を戴くような仕草で両手をペニスに添えた。

イキまくってもひたすらオナニーをやめないふじ子

顔を近づける。いただきますって言えよ。ちゃんと。い、いただきます……。芙蓉子の愛くるしい唇が苦しげに開いた。さが口腔にひろがった。ミミズのような生々しい傷跡が刻まれた亀頭を、舌が舐めた。ムウッと生臭必死に唾液をまぶして作業をしなければならない。クチュッ、クチャッと猫がミルクを舐めるような音をたてて奉仕する矢島の手が動いた。大胆に自分の脚をひろげ、の肛門まで芙蓉子に差しだされた。俺は、そこを舐められるのが好きなんだ。両膝に手を添えてM字に持ちあげた。皺だらけの睾丸が現われ、その下一瞬、芙蓉子は矢島の要求が呑みこめなかった。


小指ほどの細く小さいのがクリトリスの上に置かれ

だが、敦子はほぼ医者の。どおりに去年の初夏に逝ってしまい、あとにはこのアパートが残ったアパートの名前は。野村コーポ。という。野村は敦子の結婚前の姓で、つまりこのアパートは敦子の実家が所有していたものだ。実家といっても勇三が知り合ったころには敦子の家族は母親だけで、父親はとっくに亡くなっていた父親は中学の教師だったそうだが、野村家では以前から自宅の隣でアパートを経営しており、それはもともと敦子の母の菊江が両親から受け継いだものだという。敦子と同じく癌を病んだ敦子の父は、自分が死んだら保険金でアパートを建て替えなさいと言っていたそうだ。自分の死後の妻子の生活を案じたのだろう。父親が亡くなったあとだいぶ遅れはしたが、老朽化した木造アパートは建て替えられた。

M字開脚にさせて

それが今の。野村コーポ。で、その3年ほどあとに勇三は敦子と知り合った。ひとり娘の敦子が勇三と結婚したあと、アパートの家賃収入で暮らしていた菊江が死んだのは、一昨年のことだ。菊江が住んでいた目白の家や隣接したアパートは敦子が相続し、敦子は。野村コーポ。の管理人として、週に一度か二度は住まいのある世田谷から目白に通っていた。ところが菊江の死からいくらもたたないうちに、今度は敦子が病に倒れた。勇三は会社を早期退職して妻の看病に専念したが、その甲斐もなく妻に先立たれて、あとには目白の家とアパートが残ったというわけだ。


すッごく綺麗なオマンコしてるからマン毛も綺麗に剃毛

他に言いようはないのかよと思いつつ、実際ウーロン茶を飲んでいる自分に気がついて、戌彦はまた落ち込んだ。どうしたんだよ、猿田?やけに暗いじゃないか。いや、相変わらず奥さんに頭があがらなぃってところか?早くも赤くなった顔を向けてからかう。同僚に話しかけられ、戌彦はべつに。と言葉を濁した。あれか、別の同僚が、鬼嫁であることを、同僚たちに公言しているわけではないだが、仕事中にもかかわらず、用事を言いつける電話が彼女から度々かかってくることを、周囲も知っている。また、携帯に出られなかったりすると、桃子は会社の電話にかけ直し、用件の伝言を同じ課の人間に頼むのだ。それも、帰りに大根を買えだのクリーニング店に寄れだのといった、つまらない内容のものを。

ずるりと音をたてて出てきたペニスは

決定的だったのは、生理用品を買うようにという伝言であった。には電話を受けた女性事務員も唖然としたらしい。しかも、夜用のロングサイズという指定つきで。また奥さんかおかげで同僚の男たちには揶揄われ、女性たちには憐れまれる毎日だ。携帯に電話がかかってくる度に、い?と含み笑いで言われる。宴席でも、戌彦たち夫婦の話題は、恰好な酒の肴であった。この先地獄だぞ。子供が生まれれば、奥さんは子供も味方につけて、ますます尻に敷。だいたい、今からそんなふうだと、こうとするんじゃないのか?