またフェラチオをやり直すようやく硬くなったと思っても挿入そんなことが嘘のようだった

【マンコ図鑑 千野くるみ】千野くるみ
真っ赤なサンタ下着で登場の千野くるみちゃん、まずは美乳な微乳、ボリューミーなお尻を堪能したあとに、早速一人で指エッチ。乳首をコリコリしはじめたけれど、早々に指の方は勝手に大好きなクリに移動。ちょこっと触っただけで体がビクン・ビクン!って相当なスキモノですねぇ〜。すぐさま自分でクッパー。ん?あれ?もう、しっとりと濡れてない?序盤でこの状態・・・これは、この後が楽しみですね〜
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/120816-320/index.html


豪邸を維持してゆけるのだからいい身分に違いない。週末はゴルフバッグを乗せて出かけてゆくから、50代近く、頭頂部が薄くなってきた12階の窓から見下ろすから見えるのだ-中年男はいかにも多忙なVIPで、ほとんど家にいないことが如実に分かる専業主婦らしく、中学生らしい娘の母親で一日家にいる妻が晃一の言う。怖いおばさん。吉永夫人は、40代前半だと思うが、さえ渡ったスッキリした美貌の持ち主で。おばさん。というイメージではないしゃんと背筋が伸びて姿勢のよいスリムな肢体、髪は短めのボブで襟足を見せているボーイッシュなスタイル-センスといい雰囲気といい、見た目にはただの専業主婦であるとは思えなかった。舞台女優だと言われても高級ブティックのマダムだと言われても信じそうだそんな美人なのに、なぜか晃一が親しみを持てないのは、どこか険のある表情のせいだろう。笑みを浮かべることがあるのだろうか、と思うほどとりすました表情しか見たことがない。
秋田 出会い

いやらしいってことがセックスの中では重要な要素だってことがわからないのよ

クンニがこれほど気持ちいいものならそういう印象を人に話せば。なぜ彼女のことをよく知っているのだ。一部が見下ろせるのだと思われるだろうが、晃一の部屋からは吉永邸の吉永邸のほうもプライバシーを重んじる部分が覗かれないように高い夾竹桃を密に植え込んでいる。蔽がなされていると向こうは思っているに違いない。それで視覚的な遮しかし晃一の浴室の窓からは夾竹桃の植え込みの隙間をかいくぐるようにして芝生の庭と居間の一部が見えることが分かった。そうして、たまたま庭のテラスに面した椅子に座って何か本を呼んでいる吉永夫人の姿が見えた(ほうー、なかなかの美人だし、いい体してるじゃないか)感心した晃一は、以来、朝シャワーを浴びる時など、少し窓を開けて隙間から吉永邸を眺めおろすのを趣味としていた。時たまセーラー服を着た娘の姿も見えるのだが、そちらは小太りの体形で母親よりは父親に似た容貌なので、ロリコ趣味ではない晃一は娘に興味を抱いたことはない。もっぱら40代の美熟女で高貴な雰囲気さえ漂わせる人妻の姿が見えないか、それだけを考えていた実際、1年も暮らしていると彼女の姿を覗き見ることはしばしばあるのだが、その結果分かったことは。

ヌレヌレオマンコ度アップに自ら中指をオマンコの中へ

由里子の下腹部は滑らかな傾斜で盛り上がっていて、若草を思わせるような薄い陰毛に覆われていた。両脚を八の字型に開いてその間に腹這いになると、彼女はまたピクリと裸身を引きつらせた。そして棚橋の息遣いを感じたらしく、膝を立てて両脚をM字の格好にした。膣口由里子の楕円形の膣口は、桜色の花びらに似た唇に囲われていて、真綿で覆われたような柔らかな窪みであったの底では括約筋が細かな収縮を繰り返しながら、甘い蜜の香りを立ち昇らせていた。(晴美のおま゜ことは対照的だな。あそびなれていない人妻そのものだ)ほくそ笑んだ棚橋は、桜色の膣口に舌先を伸ばすと、くすぐるように細かく舐めつけた。

【美微乳 加藤麻耶】加藤麻耶
初登場麻耶ちゃんのちっちゃくて敏感なおっぱいを遊び尽くしちゃいます!ちょっと乳首を転がすとスレンダーなカラダをピクピクさせて感じまくり。ペロペロと舐めまくると、もう駄目〜と叫んで連続イキ!綺麗なオマンコをパックリ開くととろ〜んと愛液が溢れちゃってます!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/112814-746/index.html


おいしいわ~と巧みに舌を使い妹にクンニすると

くつ、くつ、くつ!彼女は鳩の鳴き声に似た呻き声を漏らしながら、下腹部の筋肉を細かく引きつらせたクリトリスは充血して紅くなっている。棚橋は舌先で転がすように舐めつけ、口を被せて吸い上げた。ううううっ……。快感で言葉を失っている由里子は裸身を硬直させて仰け反った。乳首を尖らせた乳房がエロチックに揺れ動いていった。(指でおま。この探索をしよう)棚橋は、人差し指と中指を膣口に宛がって、ゆっくりと捻りを加えながら下腹部に潜らせた。
18禁


ペロッとはみ出した小陰唇にもローションが絡みついている。を目の当たリにし、興奮が一気に込み上げてきた。あらわになった人妻の秘裂の卑猥さしかし、慎二は焦ることなく美穂子の秘貝を責めることにした。ローションが塗られてはいるが、いいようだ。その方がより繊細なタッチで刺激することができるだろう。はくううっ、舐めないで……。舌でマッサージをしているだけさ。よく舐めほぐしておかないといけないからね。指より舌を使う方が人妻のワレメに熱心に舌を這わせた。秘穴に舌を潜り込ま慎二の顔はローションまみれになってしまったが、構わず、せ、小陰唇をめくり返しながら、粘膜をこすり立てる。

指の挿入によってワギナの括約筋が焼け爛れるような摩擦快感に襲われぅぅぅぅ……

オナニーでしかイけない変態オタク青年に

最後はもちろん膣内にザーメンをたっぷり注入
あはああっ……。すぐに愛液が溢れ出してきて、ローションと混ざり合ってしまった。美穂子は濡れやすい体質のようで、克服することができれば、セックスで感じまくることができるに違いない。トラウマさえ慎二は蜜汁とローションがたまったヴァギナを舌でかき回した。尖らせた舌を大きく回転させ、秘粘膜によじれを加える。イヤ、そこ、ダメ!美穂子がそんな色っぽい声を上げたのは、その小さなパーツはかなり感じるらしく、慎二の舌が秘穴から引き抜かれ、クリトリスに押しつけられた時だった。

小さいピンクの乳首を舐められ萌え喘ぎ声を出して感じまくり

アヌスをなぞり、会陰部トロトロの蜜が湧きペニスと秘唇の合わさったあたりから、を撫で、二人の性器がつながっているあたりを触ってみる。だしているのが感じられた。スへつ、お前はやっぱり奴隷向きの身体だな。犯されているくせに、こんなに濡らして悦んでやがる。ほら2佐伯はペニスを雁首まで引きあげ、再びズンッと突きこむ。また雁首まで引いて、突く。ストロークの長い抽送を送りこむたびに、結合部がグチュッ、グチョッと淫らな音をたてはじめた。へへへ、これからどんな奴隷にしてほしい?少しくらいなら希望はかなえてやってもいいぜ。佐伯は喜色満面として祐子にのしかかり、うなじを舐め、耳たぶを噛んだrう、う、ううううう!
顔射

やはり緊張しているのかエッチに集中しきっていないのが見ていても分かる

医者が患者をレイプするなどという非常識きわまりない事件が起こるはずはないだが
身体にのしかかってくる佐伯の重みを感じながら祐子は、思わず叫びだしたいような気分になっていた。ほらほら、クリトリスも大きくなってるぜ。ビクビク震えてやがる。結合部にあった手指が、今はクリトリスの上を這いまわり、刺激していた。祐子の愛液で濡れて滑らかな指が、勃起した肉芽や尿道口、膣のまわりの肉唇を、つまんだり撫でたりして、ペニスの抽送に負けないほど祐子には心地よく感じられてならない。教師なんかしてるより、ソープで働いたほうが似合ってるかもな。このオマンコの締まり具合なら、すぐに売れっ子になれるぜ。