どうして下着を着てきたんだ

【極上セレブ婦人 Vol.13】朝桐光
仲の良いセレブ友達から紹介を受けてオイルマッサージ店にやってきたセレブ婦人・光。お店のスタッフにマッサージ内容も曖昧に聞き流し、スペシャルコースを選ぶ。スタッフは光の体調を伺うと、光は「特にこれと言ってないけど、しいて言えば肩こりや便秘気味かなぁ」と首を傾げながら応える。スタッフは「便秘気味の方に打って付けのスペシャルマッサージがございますので早速」と言って極太バイブと数人の男たちを呼んできた!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/121217-554/index.html


数分後、階段の上から声がした。OKよ。どうぞ!隆志は何も疑わずに階段を上って無造作に寝室のドアを開けた。廊下はまだ明るかったが、寝室の中はひどく暗かった。えっ!?何も見えないよ。そう言ったとたん、さらに真っ暗になった。隆志は叫んだ。いきなり頭から何か布をすっぽりかぶせられたのだ。やったわよ。周囲で女たちが叫び、隆志は何がなんだか分からないまま足をすくわれてドーンと横ざまに倒れた。トを敷き詰めてあるので怪我はしなかったものの、衝撃で息が詰まった。床は厚いカーペッ両腕が体側にぴったりくっついて離れない。


鼻先でクリトリスを圧迫したり

何か紐のようなものが肘のあたりを締めつけているのだ。(な、何だ、これは?)女たちが室内で待ち受け、彼の頭から風呂敷ぐらいの厚めの布をかぶせたのだと分かるまで、少し時間がかかった。それまでに彼の両手は背後で縛られ、足首も揃えてくくりあげられた。最後には、まるで芋虫のようにぶざまな恰好で床に転がされてしまった。さあ、こっち。そっちを持って、引っ張るのよ。重いわねぇ。さすが男だわ。女たちが昂奮した口調でしゃべりながら彼の体を引きずってゆく。

三度目と大量の潮吹きだ

夫も公務員だが区役所に勤務する梨沙子とちがって中央省庁に勤める国家公務員。子32歳。子供はいない夫婦関係は一つのことを除けば円満といっていい。夫35歳、梨沙一つのことというのは、セックス。結婚して3年あまり経った頃からセックスの頻度が減ってきて、ここ半年ほどはセックスレスの状態がつづいている当初梨沙子は、原因は-というより原因などと大げさなことではなく、たまたま夫の体調や気分などでそうなってるだけで、白だった。一時的なことだろうと考えていた。だがしだいにそうではないらしいと思いはじめた。そういうタイプだから興味を失ってきたのかもしれない。元々夫はセックスに淡ただ、セックスレスになっても夫は梨沙子にやさしい夫が愛情を持ってくれているのは梨沙子自身十分に感じられるセックスがなくても梨沙子も夫の愛情に応えようと思っているだから、ところがそう思っていても肉体的にはつらいものがあった。

【Debut Vol.28 〜ちぐちぐのふわふわFカップ〜】原千草
ちぐちぐの愛称でお馴染み、Fカップ美巨乳原千草ちゃんの初カリビアンコム!Fカップ美巨乳と丸い美尻がとっても柔らかそう〜。ローターを渡されて「え?」「え?」とアイドル声で戸惑う千草ちゃん。リモートロータを装着しながらのインタビューは、クネクネとっても初心な感じですが一度スイッチがはいるととても積極的で、隠語を吐きながらのオナニーに艶めかしいフェラ。69ではヨダレだらだらでアナルをペロペロしながらとなかなかテクニック満載です。中出しを乞い、最後はお掃除フェラまでしちゃう千草ちゃん、いいですね〜〜。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/060316-177/index.html


しつこい調教の後は生ファック

否応なく生まれてくる性欲を満たすことができないからだったかといってその不満を夫に訴えることもできなかった。梨沙子自身そういうことがいえるタイプではなかったし夫婦関係そのものもそういう話ができるようなそれではなかった。そんな状態にあって梨沙子が唯一不満を解消できるのは、入浴中に指やシャワーを使ってするオナニーだったといっても完全に解消できるわけではないときにはますますたまらなくなることもある。それでも慰めずにはいられないの変われば変わるものだと梨沙子は思う。ニーもしたことがなかったからだった。というのも梨沙子も結婚するまでは夫と同じようにセックスに淡白で、オナただ、夫とのセックスは平凡そのものだったが、それでもセックスレスになる前のわずか3年ほどの間に性欲を持て余すほどになったことを思えば、元々セックスに淡白なのではなく性的な素質はかなりあって、それが眠ったままになっていて、めざめるのが遅れただけなのかもしれなかった。

たくましいペニスをいきり立たせていた


下着を脱がせたりバイブまで使ったりするのは

どうやら、その女性はミステリ好きで、小説を書くのが趣味だったらしい。以前、咲子はその友達に編集の仕事をしていたころの思い出を話したことがあり、そういった経緯で、あのようなエピソードが小説に組み込まれることになったのだが、去年、その友達は交通事故で急死してしまった。咲子は偶然、小説のテキストデータを入手し、それを使って新人賞に応募したのだ。しかし、彼女は小説の細部が気に入らず、編集部に送る前に、自分で少し書き直したということ仲谷はあの小説の作者が咲子ではないかと考えた時、違和感を覚えたが、その理由がやっと分かった。彼女はもともとを潛くのが上手ではないので、あのような作品を執筆できるはずがないのだ。

合体部分がバッチリ見えるガチンコファック

物欲しそうな顔つきで主人のチンコを頬張りまた、咲子が後から手を加えた部分は描写がぎこちなくなり、その点は賞の審査員も指摘していた。仲谷は真実を知らされ、ちょっとびっくりした。咲子の行為は盗作ということになる。う一度、仲谷に近づこうとしたのだ。咲子はそれに成功し、自分の思いを遂げた。だが、彼女はそこまでして、も確かに、咲子には文才はないので、2作目は書けないだろう。どちらにせよ、彼女は仲谷とセックスをすることによって、既に過去の呪縛から解放されており、これ以上、彼との関係を続けるつもりはないようだった。だから、もうお別れです。何てことだ。せっかく過去を取り戻せたと思ったのに……。仲谷としては咲子のように割り切って考えることは難しかった。うちにそれが自分の手からすり抜けてしまったようなものなのだ。
完全無料アダルト


硬直したものが下半身を貫いている

肉悦という、大渦の中に巻き込まれていくようだ和美、もう我慢できないよ。真吾の切なげな言葉が耳奥に届いた瞬間、熱のこもった飴色の極太が秘裂を貫いた。あ息が詰まるほど、そして肉の閉じ目が裂けそうな男根の圧迫感に、全身の筋肉が硬直してしまう。宝冠部が淫口をくぐり抜けると、膣襞が引きつられるように擦られ、目が眩むほどの快美を与えていった。(あぁぁぁぁっ!やっぱりすごいいいっ)圧倒的な威容を誇る陽根が、今度は人妻の満たされぬ肉体の隙間を埋めていく。
顔射

すでに濡れてクリトリスが肥大化したマンコを大きく開いて生徒に見せる

早くも軽いエクスタシーに達した和美だったが、もちろん真吾の抽送がこの程度で留まるはずも腰をぷるっと震わせ、なかった。どっしりと重みのある乳房を両手で引き絞られる。身体をくの字に折り曲げられ、まろやかな臀部両足を肩に担がれ、がググッとせりあがる。あやつ。自分の意思とは無関係に、爛熟を迎えた肉体がさらなる快楽を求め、和美の瞳は一瞬のあいだ恐怖に戦いた。これ以上の享楽を与えられたら、いったいどうなってしまうのだろう。身構えるように全身に力を込めたものの、真吾が腰を繰り出すと、人妻の身体は芯から根こそぎ悦楽の奔流へと押し流された夫とは比較にならない苛烈なピストンが、情け容赦なく恥骨を打ちつけてくる。
AV女優それ以前に私はセックスに対する許容量が高いのよそれは巧みに調教していったからだ