ペニスに舌を這わせながら

165月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【ナンパで即ズボ!ビショヌレーボー】羽鳥みか
シャンパンを飲みながら一人でキュートに酔いどれる羽鳥みかちゃん。男達はそんなみかちゃんにナンパをするも「ん〜、ごめんなさい」と、お断り。しばらくすると、ワインボトルを持った別の男が隣に座り「今日はお一人で飲まれているんですか?」と言いながらワインボトルをみかちゃんに見せると、みかちゃんは「このワインって解禁日まで10日ぐらいありますよね〜、どうして?」と驚きながら心の中でステキーと大騒ぎ!そんな興奮状態のみかちゃんの膣内もビショヌレーボー解禁寸前です!
参照元:エロックスジャパンZ-http://www.eroxjapanz.com/v_i_p/moviepages/401_212/index.html


自分があまりセックスに積極的になれないことを自覚していた

その縄尻は、店の天井から吊るされている鉄製ピンと張ったロープは、店の寒色系の間接照明が美冴緒の肌を青白く浮き立たせる。の照明に繋がれる。美冴緒を爪先立ちにした。腕を吊られて身体を緊張させた美冴緒の身体は、被虐の美、そのものだった。パシッと鞭が鳴った。まわりの者がハッとして涼子を見る。はじめるわ。音がやんだ。美冴緒は背後に涼子が立ったのを感じる。カツカツとヒールがフローリングの床を鳴らす音がする。く、来る!)背中に衝撃が走った。あーっ!まるで花火が間近で炸裂したような、熱いものが押しつけられたようだった。つづけて11発111発と鞭が襲う。・あ、あー!そして革が肉を打つ鋭い音が鞭が空気を切り裂くビュッ、室内を満たした。

そればかりか息を乱しはじめた手を取ってペニスに導いた

という音。鞭自身の、革がもつれ絡み合いながら弾ける音、美冴緒は悲鳴を押しとどめるギャラリーが息を呑んでいた。ことさえ忘れていた。まだよ。迫力に圧倒されている。涼子の鞭さばきがますます冴え、涼子の鞭が背中から正面へ移る。両手吊りされてプリッと上を向いたバストが鞭打たれる。美冴緒の口から絶叫がほとばしった。弾力のある乳房が一瞬歪み、脇腹、腋の下と柔らかいさらに涼子の鞭が襲う。白く柔らかな下腹が打たれる。皮膚が次々と打たれ、赤々とした鞭跡を残す。きゃー!!みずみずしい太腿が鞭の餌食になり、美冴緒の痛々しさと鞭の破裂音が相まってかなりの興奮状美冴緒ではない。

トップバッターは淫乱美少女の阿立未来

そんなことを信じた自分が馬鹿だったと芙蓉子は後悔した。いやあっ!いやです。堪忍してください手首に縄が食いこむ痛みも忘れて、芙蓉子は大きく身をよじった。しかし縄が容赦なく彼女を締めつける結果にしかならなかった。仮設の柱であるにもかかわらず、ボールはびくともしない。そんな芙蓉子にお構いなしに、大竹の指は少しずつだが確実にファスナーをおろしていった。

カメラに向かってM字開脚になりマンコを男の顔に近づけながら腰をクネクネ

邪魔だが、大竹は辛抱強く少しずつ、ファスナーをおろしつづけた。幾重にもまわされた縄が眼には見えない虫が背中を這いまわるような感触に、芙蓉子はひっきりなしに小さな悲鳴をあげた。縄の下に指を差し入れてファスナーをおろす大竹。とうとうファスナーが下までおりきった。赤いワンピースを左右にひろげる。真っ白な背中がのぞいた服がまるで切り裂かれたように見える。ア想通り、ブラジャーは純白だ。大竹はズボンのなかで肉棒が充血するのを意識した。へへへ、奥さんの下着が見えた。あーっ、可愛い白のブラジャーだな。ああ2絶望的な声をあげて芙蓉子は頭を振った。閉じた眼から屈辱の涙が流れ、長い睫毛を濡らしている。綺麗な背中だ。奥さん、本当に綺麗な背中をしてるよ。見たことないだろ、自分の背中なんてさ。シミひとつない、スベの肌だよ。スベ嗚咽がもれる。芙蓉子の啜り泣きが大竹を悦ばせる男が再び前にまわりこんだ。


彼女のヒップにザーメンを浴びせた

会社主催のクリスマスパーティーの席で、貴史に紹介されて短い挨拶を交わした。橋場は貴史よりいくつか年上で、肩書きの上でも上司に当たる。絵美の印象では髪が薄くて腹が突き出た、見るからにオヤジ臭い男だったが、意外にもアウトドア派でキャンプ経験も豊富なのだという。と貴史はひとり決めしたが、絵美は橋場のところには翔太より二つ年上の男の子がいるから正直、気が重かった。ちょうどいいだろう?工藤は愛想のいい男だが、奥さんは生真面目すぎて少し面倒臭いタイプだ。

ベロベロとクンニを始める

ましてや橋場夫妻のことはほとんど何も知らない。橋場が貴史の上司だということも気にかかる。貴史は橋場と。ウマが合うんだ。と言うが、本当かしらと疑いたくなる。貴史が橋場と親しくするのは、そうすれば社内での立場がよくなるという打算があるからではないか?もしそうなら、貴史は絵美や翔太や親友の工藤一家まで巻き込んで、上司の歓心を買おうとしていることになる。日程を決める前に相談してくれてもよかったのに。だって、まだ先の話じゃないか。予定なんかないだろう?予定はないけど、そんなに急いで決めなくても……。翔太にもまだ話してないのに。早くしないとバンガローはすぐに予約が埋まっちゃうんだよ。翔太だって行けばよろこぶに決まってるさ。どうかしら。翔太はああ見えて、けっこう人見知りだから。キャンプに行きたくないのは息子でなく、本当は自分だったが、そうは言えなかった。食事を終えると貴史は風呂に入った。絵美はテーブルの食器を片づけて食洗機に入れてから、息子の部屋を覗いた。


ヌレ具合抜群のピンクのアソコ

十センチほどの空間がある。そこを進んで、左手首を同じようにベッドのパイプに縛りあげたそこで佐伯はフーッと大きく息を吐いて、再び祐子を確認した。祐子は今、完全に腕の自由を奪われて横たわることになった。それでもまだ、起きてくる気配がない。それだけ佐伯が素早く慎重にことを進めた結果だった。佐伯の額に汗が浮いていた。その汗を白衣で拭いながら、ごく普通のタオルだ。そのタオルの両端を持って引っぱる。ルを近づける。元の位置に戻り、枕もとに置いてある白いタオルを手にした。そのまま息をつめて、祐子の顔に屈みこむようにして、タオさらりとしたセミロングの髪が、蜘蛛の糸のように手に絡みついてくる。

彼は11指にピストン運動を加えると

伯の手が触れても、眠ったまま軽く首を振っただけだった。まだ祐子は起きだしてはいない。うなじに佐祐子に覆いかぶさるようにして頭を抱きあげると、素早くタオルをまわして後頭佐伯はグッとタオルを口に押しつけ、部で結んだ。うむむタオルで猿ぐつわをされ、さすがに祐子も異常な緊迫感を感じたのだろう、目の前に人影を認め、咄嗟に起きあがろうとした。大きく頭を振り、目を覚ました。そうしてしかも手術をした左脚をギブスで固定されて器具で吊りあだが起きあがれない。両手を持ちあげられ縛られていては、げられていては、身体の自由などきくはずがないのだ。