下半身から力が抜けていき

145月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【カリフレ 〜オプション無用の中出しOKリフレクソロジー〜】西川ちひろ
純粋な可愛さ満点で、制服姿が似合いすぎる西川ちひろちゃんのご奉仕作品の登場です。玄関先に笑顔で現れるちひろちゃん、自分も早くこの瞬間を待ち遠しく思っていたのでしょう、靴も脱がずに跪き、待ちきれないちんぽを可愛い口に頬張ります。自慢のピッチピチの肌をさらけ出しながら、丁寧に舐め回すその表情は純粋さが溢れています。続いて、スクール水着に着替えてお風呂でうっすら毛の生えたあそこを見せびらかすと、ベッドルームでは体操着に着替えてハードなセックスを繰り広げます!男の欲しいものを知り尽くした展開に、あなたは興奮を抑えられないでしょう!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/020318-597/index.html


クリトリスを刺激した

恵利佳は喉詰まりの声を漏らし、下腹部の表面を一気に引き攣らせた。片桐が肉の芽を細かく弾き転がすように舐め付けると、彼女は痙攣にでも襲われたかのように下腹部を震わせる。奥さん……敏感ですね。女陰の窪みに熱い息を吹き掛けながら片桐が言うと。休まないで、続けて。恵利佳は内腿で顔を挟み付けてきて、腰をくねらせて口唇愛戯を促してくる。(それじゃあ、めろめろにさせてやるぞ)闘志のような血の騒ぎに見舞われた片桐は、先を伸ばして下から上へと舐め付けた。アワビのような蠢きを起こしはじめた女陰の窪みに口許を近付けると、舌うう……恵利佳が腰を反り返すと、陰唇が舌先を誘うように収縮していく。

少しでも明るいところでクンニをされるのは嫌だった

乳首を尖らせた乳房が、柔らかな揺れを起こして。舌が溶けそうだ。片桐は口許を被せるようにしながら、身をうねらせる。滲み出てくる温かいうるみを舐め取った。彼女は舌先の動きに合わせるように裸唇を押し付けて強い力で吸い上げていくと。子宮が吸い出されそうっ……。恵利佳はストレートな言葉を口にしながら、手を胸に宛がって乳房を揉みはじめた。?自分でおっぱいに刺激を加えるのか!?)片桐にすれば、川並夫人の行動はびっくりすることばかりである。奥さんの子宮を吸い出したい。片桐も言葉遊びに応じながら女陰の蜜を吸い出していった。

ひよたんの綺麗なオマンコにバイブがズボズボ出し入れされてるのがよーく見えます

あなた、名前はなんていうの!?お父さんはどこ!?少年を裏で操っているのは万寺林に違いないと思った。どこかに万寺林が隠れているような気がした。少し憮然とした顔で、荘太と名乗った少年が言った。芙蓉子は荘太からビデオテープを取りあげてしまおうと考えた。いくらなんでも、少年と対等にやり合っていること自体が馬鹿ばかしいこのような子供に翻弄される愚かな大人を演じるわけにはいかなかった。そのテープ、かえしなさい。いやだね。おばさん、万引きが家族にバレてもいいの?僕さ、本気であの店の人にこのテープ、渡しちゃうよ。唖然として芙蓉子は荘太の顔を見た。デーブだけじゃないよ。言いながら荘太はバッグから一枚の用紙を取りだした。

自らオマンコを開いて見せ

ピーだった。僕の言うことを聞かないと、ひどいことになると思うよ。それを見て芙蓉子の顔から血の気が引いた例の契約潛のコ芙蓉子はその場を動けなかった。確かに契約譜には、万寺林が認めた第三者の命令に従うことが明記してあるはずだった。芙蓉子はあのような契約蓍に縛られている自分を憐れんだこんな悪事をはたらかせる万寺林が許せなかった。苦々しい思いが胸に重くひろがった。それにしても実の息子にまで、荘太はガムを道端に吐きだして言った。


フェラチオは激しくなった

父は今から5年前に72歳で死んだが、こちらは母と違い、たから、母もわたしも覚悟はできていた癌が発見されてから二度の手術と三度の入院を繰り返していわたしは両親の間にできた唯一の子供だ。大学生になったときに家を出て、就職してからもアパートで独り暮らしを続け、同じ東京にいるわりに両親の家に戻るのは3ヵ月に1度くらいだった。その後、結婚してからは夫の勧めもあって。孫の顔を見せに。訪ねたりもしたが、それもせいぜい年に2、3回だったか父が死んでからは、母は一軒家での独り暮らしは不用心だし心細いからとマンションを探していたが、結局はこれといった物件が見つからないまま、とうとう最後まで経堂の家にとどまっていた。案の定、母は誰にもみとられずに死んでしまったわけだが、長患いして面倒をかけることを思えば。娘孝行。と言える死に方だったと思う。バッグから取り出した鍵で門扉を開け、玄関ドアを開けながら、わたしはそう思った。

マンコとは違う新たな快感に身を委ねて感じまくりのえみリン

母が急死したのは、わたしが板倉孝治と、とうとう。なるようになった。翌日のことだった。わたしにしてみれば、は葬儀の手配やこれから孝治と新しい関係を築こうとする矢先に、じめての不倫に身を投じた翌日に母に死なれたわけで、ら何やらに追われるハメになった。間が悪かったとしか言いようがない。喪服姿で弔問客に挨拶しながらも、わたしはしきりと孝治のことを考えていたが一方で葬式というのは紛れもなく家族の行事だ。喪主を務めたわたしの傍らには夫や息子が寄り添い、親類の人たちはわたしを故人の娘であると同時に。関谷さんの奥さん。として扱うわけで、不倫恋愛の端緒にいたわたしは居心地の悪い気分を味わっおかげで孝治とは、一回そういうことになったきりなかなか会えなくて、やっと二度めに抱かれたのは昨日のことだ。お母さんが死んだのだからしかたないよ。と孝治はなぐさめてくれたが、わたしは母の死を悼むより、こんなときに死んだ母に意地悪されたような気がして、日も孝治と二人きりになったとたん、ムキになってがむしゃらに彼にしがみついた昨こんなわたしの胸の内を知ったら、親類や知人はさぞ。


先程のオナニー姿もこっそり目撃していたために欲望がここで一気に爆発

学校に行きたくないという感情が強まったのだだから、空と億劫な雪景色。不登校や引きこもりが雪のせいだというのも、まったくの的外それで仮病を使って休み、れだというわけではない。こうして雪景色を前にすると、当時のことが自然と思い出される゜ケラケラと笑う好きだった少女のことも。ウザいよね。という冷たい言葉や、それに同調して彼女たちはとっくに高校を卒業している。今ごろはこんな雪とは無縁の都会の大学に通い、楽しいキャンパスライフを送っているのだろう。

てペニスとの強い接触を求めているようだ

クラスメートの少年を傷つけ、人生を滅茶苦茶にしたとも知らずに。そんなことを考えると、苛立ちとやり切れなさが募る。いや、そんなのはただの責任転嫁だ。陰口というのは、少女たちにとって日常的なコミュニケーショ真に受ける必要はない。それに、自分もこのままでいいはずがないのだ。そうとわかっても、今の生活から抜け出るきっかけが掴めない。大樹は雪景色を目の前に、ただ気を滅入らせるばかり。