アソコがびっくりして

【マンコ図鑑 水鳥文乃】水鳥文乃
清潔感あふれる綺麗なマンコをおっ広げちゃう文乃ちゃんのマンコ図鑑です。慣れた手つきで、丁寧にオナニーで十分濡れた後は、電マで優しくいじくりまわしながら、クスコでびっしょびしょ具合を確認していただきます。我慢の限界にきた文乃ちゃんには、最後はバイブで思う存分感じて頂きます。じわりじわり迫り来る綺麗な文乃ちゃんのマンコ図鑑をぜひお見逃しなく!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/011718-585/index.html


埋めた(み、惨めだわ……)美冴緒は縛られた不自由な身体で這うように近づくと、ベッドの上の涼子の股間に顔をもとより女の局部を間近で見たこともない。肉裂を舌で舐めるなど考えたこともなかった。分泌物に汚れた股間を舐めさせられている。目も眩むような屈辱。それに不快さだった。全部よ。すっかりきれいにして。それが今、女と男の多くの涼子はさらに、ぐっと脚をひろげ、腰を突きだすようにする。(こんなことをさせてこ、この女は恥ずかしくないの?)美冴緒の頭を押しつけるようにさえした。だが涼子は平然としている。舐められてときおりくすぐったそうに笑ったりするが、羞じらいの表情はまったくない。まさに、主人が奴隷のことなどまったくかまわないのと似ていた。


黒いパンティストッキングに透けるレースの下着に

村上よりもはっきりした、女王然とした態度。男受けのするかわいい顔立ちと裏腹に、その心の嗜虐性に美冴緒は気づいてはっとする。どうしたの?口のほうが休んでるわよ。味が美冴緒を貶める。何度も吐き気がこみあげてきて、そのたびに作業を中断し必死で肉裂を舐める。て耐えなければならなかった。様々な匂いが、涼子の肉裂は同性の美冴緒から見ても意外なほど綺麗だった。もともと色白で色素が薄いことから、くすんだ色の沈着も少ない恥毛も薄く、恥丘のあたりを薄く覆っているだけだった。それ以外の外陰部は無毛といってもいいほどで、小さな肉の唇が11対並んでいる。

ファンとのセックスは意外と良かったっぽいです

新宿のホテルで犯され、憔悴しきって戻った芙蓉子に、翌日から夫が外出を許さなかったのだ。万寺林が退院して一週間たった今日、やっとお許しが出たのである。何日も被害者をほっといて、今さら何を謝るんだって言いたいけどな。万寺林の言葉に、芙蓉子のなかで居心地の悪さが倍増した。タクシーの運転手なんて、体が資本だからさ、こんな事故にあっちゃうと収入がないのさわかる?

【極上泡姫物語 Vol.41】西川ゆい
笑顔が眩しいムッチリボディの西川ゆい姫。ゆいちゃんが自分の体をお湯に沈めるしぐさでさえカワユス。甘えた声で話しかけながらお客様のチンコをゆっくり頬張り、自慢のロケットおっぱいで挟み上げちゃう。ローションをべっとり体中につけて仰向けになったお客様の上でマシュマロボディを豪快に滑らせます!パットなしのキャミソールにムチムチオッパイでタプタプゆさゆさがたまらん。これからの季節は暑いですからね、皆さんパットなしにしたらいいのにw
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/071216-206/index.html


アナタのかわいい妹達はとってもエッチなお年頃

あんたはいいよな奥さんだろう。高そうな洋服着ちゃって、うらやましいよ。俺なんか、子供だけ残して女房は出ていっちゃつて。中学生の男の子なんだけどさ、生活、すごく苦しいわけよ。箱からケーキを出してパクついた。生クリームが口のまわりにべつジュルッと下品な音をたてて万寺林はお茶を飲み、たりと付着したのを見て、芙蓉子は眼をそらした。こんな金、いらねえよ!俺を馬鹿にしやがって!万寺林が語気を荒らげた。芙蓉子が想像していた以上に怒っている。彼女は事態を甘く見すぎていた。またも後悔の念がよぎった。この場をうまくおさめるためには、ひたすら謝るしかないと思った。ごめんなさい。私の不注意でした。本当に申しわけありません。芙蓉子は畳に両手をついて頭をさげた。だが、万寺林は必死に謝る芙蓉子を見ても表情を動かさなかった。何日も風呂に入ってないのか、薄くなりはじめている毛髪はパサパサで、対照的に禿げあがった額や顔はギトギトに脂ぎっている。

豊満な肉体を誇る人妻は


その感触だけで激しい射精感が込みあげてくる

夕刻、瀬能康子は都心のホテル《エメラルダス・アンバサダー》のロビーを歩いていた。黒いニットのアンサンブルドレス。豊満な熟女の曲線にぴったり貼りついたセクシィなドレスを、以前の康子だったら絶対に着たりしなかっただろう。まるで娼婦みたい、もしそんなドレスを着てホテルのなかを歩いている女を見たら、今は違う。と眉をひそめたに違いない私は、娼婦なんだわ)そう言い聞かせている。行き交う男たちの視線が突き刺さるようで、背筋がゾクゾクする。

口内発射されたザーメンを手のヒラにとり

形のよい美巨乳パンティの底が熱くじっとりと湿っている。柏木誠治がとった部屋は三十二階のゴージャスなデラックス・ツイン。昨日、東南アジア出張から帰ってきたばかりの柏木はさっそく康子に電話をかけてきて、今日、このホテルで逢引することを了承させたのだ。時間をかけてじっくり口説いた成果が今夜実る-。柏木は今、獲物を追い詰めたハンターの勝利感を味わっているに違いない部屋のドアをノックすると、はやシャワーを浴び、バスローブをまとった夫の同僚は、プレイボーイじみたハンサムな顔に淫靡な期待の色を輝かせてドアを開けた。おお、今日はすごくセクシィだね!両手を広げて歓喜と賞賛の声を浴びせる。子はコロリと参ったものだが(この、浅はかな男め)夫の慎一が嫌うような外国人めいたオーバーなジェスチャーに、かつての康3今の康子は軽蔑するだけだ。自分の出世のためには同僚の妻をよろめかせ、のことを慎一は、時間をかけてじっくりと康子に教えたのだ足を引っぱることも辞さない卑怯な男。
痴漢


小陰唇が剥きだしになる人妻の性器が惜しげもなく晒された大股開きの姿勢に

佳奈の家を後にしたのは、それから1時間後。真一郎の後ろ姿を、佳奈は玄関先から寂しげな微笑で見送った。(天国から地獄へ……一気に叩き落とされた感じだな。)背広のポケットに何かが入れられていることに気づく。自嘲しながら駅までの道のりを歩いている途中、ると、果たしてそれは一通の手紙だった。取り出してみ(島津先生が入れたのか?背広をハンガーにかけた時?)くたびれた封筒には、どこか見覚えがある(ま、まさか!?
アルバイト

ピンクのオマンコを開いて

)中から便箋を抜き取った真一郎は、愕然とした表情を浮かべた。それは紛れもなく、36年前に君子へ送りつけた最後のラブレタ-だった。汚い字に下手くそな。と添削がされている。便箋-も文字も変色していたが、そこにはいかにも最近書かれたばかりの赤ペンで、しっかり長い時を経て、自分の元に戻ってきた恋文-。赤ペンの文字は、最後にこう記していた。差出人の名前は、(島津先生は、ちゃんと書きましょう。佳奈はこれ以上、深入りするつもりはないのだろう。母親と同様、一度きりの秘め事であり、そしてこれまた同じようにウィットに富んだ方法でメッセージを送ってきたのだ。
不倫 出会い熟女マニアのとっては悪い話ではないそのお二人だってきみの話を分かった