下腹へアナルストッパーがはずれそうな気配を感じてバイブが敏感なクリトリスに触れた時

155月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【純系卒業!着エロアイドル無修正解禁!】島本みゆき
着エロアイドルの島本みゆきが、遂にカリビアンコムデビュー!2015年夏、着エロからオールヌード解禁して話題になり、ヌードになるということに抵抗を感じなくなったのか、はたまたもともとスケベだったのか…。どちらにせよ、まさかモザを通り越してカリビアンコムに登場とは誰が予測したであろう?しかも初ファック、初中出しである。着エロアイドル島本みゆきのぷるんぷるんのFカップ巨乳と生チンポが挿さった綺麗なオマンコをじっくり味わってください。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/021116-093/index.html


またオマンコしてください震える声で麗は訴えた

る美冴緒。ほら、後ろを向いて、その流し台に手をついて、お尻を突きだすように。そうそう電撃に打たれたように棒立ちにな後ろから繋がる形ができてしまった。あ、という間に狭い給湯室のなかで、(ま、まさかこんなところで!)さらにショーツに手をかける村上。うろたえる美冴緒のスラックスを膝までおろし、。や、やめてやめなさい、村上くん!背中にひねりあげる。必死でショーツをつかんでおろさせまいとする美冴緒の手を引き剥がすと、。ほらあいつまで先輩面してるんだ。黙ってさっさと尻を突きだすんだ!村上の豹変ぶりに美冴緒は恐怖をおぼえた。同時に、ここまで身体を許してしまったことへの深い後悔も。

イク瞬間の顔とかアソコをいじられてると絶句した

片方の手を背中でひねられ、身体を流し台に押しつけられてしまっている。もう片方の手も届かず、無情にショーツが引きおろされ、裸の尻が露出した。何をいや、やめてえー。すかさず村上の指が差しこまれる。すっかり自由になった臀裂を分け、肉裂を弄ぶ。潤いきっていた肉裂が、チャと卑猥な音をたてた。もうこんなに濡らしてる。先輩ってホントに淫乱だな。本当は好きでたまらないんでしょう。(嘘よ!)ピチャピと言いかけたところに、。蜜壷を指で抉られた。すっぽりと根元まで埋没した指をぐりぐり動かされる。リズミカルに抽送されると、スチャ、ズチャッと湿った肉を分ける屈辱的な音が響いた。先輩、先輩はどうしてあんまりスカートをはかないんです?

谷間についたチョコを乳首に塗り

幸音は公園か沢崎にとっては飛び切り美味しい料理をというのもあの日、らタクシーで帰ってしまい、それから沢崎が何度誘っても応じてくれないのだ。ほんの一口味見しただけでお預けを食らっているようなものだった。ただ、たとき、幸音がなぜ誘いに応じてくれないのか、その理由はもうわかっていた。なぜ逢ってくれないのか沢崎が問い詰め口では恥ずかしくていえないからメールを送ると幸音がいって、携帯電話でメールのやりとりをしたからだった。沢崎は携帯電話を取り出した。携帯に保存している幸音とやり取りしたメールを見ていった。

オマンコを大きく開いてそそり立ったチンコを挿入です

(幸音→沢崎)私、夫が亡くなってから一人だけ関係を持った男性がいるの。1年位前。相手は私よりも一回り若くて、ある大学でバイオ関係の研究をしてるヒト。彼、独身で、顔がちょっと夫に似てたの。すごくマジメなタイプで、女性経験はあまりなかったみたい。それで彼とのセックスは私のほうがリードする感じだったんだけど、私にとってそんな経験は初めてだったから最初はすごく刺戟的だった。恥ずだけどそのうち私のほうがリードしてるだけでは物足りなくなって、それで彼にかしくてメールにも書けないようないやらしいことを求めるようになったの。


指先がパンティの上からお尻に触れる

愛液がダラダラと、めくれあがったような膣口から溢れて、床に滴り落ちた。吐息をついて引き抜くと、(ずいぶん出たな)コンドームをはずして白濁液の量を確かめ、慎一は感心した。しばらくぶりに味わった性交と射精の快感は、彼の全身から攻撃欲を奪っていた。完全に犯されたショックで少女の瞳は焦点を結んでいない。その呆然としているさまが不思議に愛しい。タオルペーパーで自分の股間を拭い、ズボンを穿いた。

痴女ぶりを発揮してくれます

妹を犯した男に対する憎悪の色でギラギラしている。なんだ、その目は兄のほうを見ると、唸りながら彼を睨みつけている。目の前でせせら笑って、また腹部を蹴りあげた。二度、三度、ぐったりとなるまで。時計を見ると大佐が出ていってから二十五分が経過していた。慎一は内側から金属扉を開けた。ムウッとする性臭と入れ替わりにさわやかな夜風が吹きこんできて、慎一は思わず深呼吸した。なんとも言えないいい気分だった。扉のところに立っていた上等兵が、。すんだのか。目出し帽をかぶった。じゃあ、大佐に報告してくれ。司令車にいる。そう言って、彼は貨物室にあがり、金属の扉を閉めた。パネルバンの運転席からは軍曹がおりてきた。今度は彼が歩哨に立つのだ。【兄妹交姦の刑】大佐はカローラの運転席ではなく、後部座席に座っていた。


ベビードールや穴の開いたいやらしい下着をつけさせられました

煙るように生えた艶やかな恥毛を二つに割ったバンデージは、よじれるようにして、ぷっくりした双丘の溝に深々と食いこんでいる伸縮性があるので、ロープで股縄を締めるよりも、いっそう緊縛感があるのだ。お前が、汚らわしいものでどうなるか。じっくりと拝見させていただくよ。堂島は、バイブのスイッチを最強に調節して、コントローラーを腰のゴムに挟む。めてから、その場を離れ、志保美の使っている机の椅子にどっかりと腰をおろした。フフッ、せっかくの機会だ。槙村志保美の裸をスケッチしておくかな。ローターが振動しはじめたのを確か口許をゆるめ、スケッチブックを開いて、(ああ、なんという人なの!)鉛筆を走らせる。身体の奥が灼けるような屈辱感にみまわれ、志保美は顔を伏せて、ギュウと唇を噛みしめた。

わたしがほかの男性とセックスするところを見せてくれ

ニューモードを生みだすその仕事場で、素っ裸に剥かれて、拘束されている自分がみじめでたまらない。そのうえ、あられもないその姿を、堂島は嬉々としてスケッチしているのだ。それに抗うことのできない情けなさ、いたたまれなさ……いっそのこと、花芯を貫いてくれたほうが、とさえ思う。そのほうが、いくらかはこの屈辱を忘れることができるかもしれない。その間にも、体内に埋めこまれたバイブは、肉路を微妙に刺激してくる。