拘束された体から溢れんのばかりの

ふわりと、甘酸っぱい匂いが建太の鼻腔を刺激する。シャンプーの香り?でも、甘い匂いに浸ってもいられない。篤美の白いおでこに、ほんのわずかな傷跡。「あの時と同じ顔をして「ふん、ごめんって何度も謝ったじゃん」「あやまる必要なんてないって、何度も言ったじゃん」口をとんがらせて、健太の口まね。あの時のこと。石を投げる指に血がにじんでる。もうやめてと篤美が抱きついた瞬間だった。額が一瞬あつくなる。流れる血。気がついたら建太に抱き起こされていた。健太の投げる石が、もろにおでこに当たったのだ。

挿入にチャレンジするも、痛くてうまくいかない悩みを先生に相談しに学校へ

チンポを弄っていく

熟女はいいですね~黒ずんだ私が勝手に飛び出したんだから、といくら言っても、蒼白になって泣きながら謝り続けた建太。だが、あれから、建太は泣いたことがない。「なんだよ」不機嫌そうに言ってはみたけど、甘い匂いに、健太はドキドキしてしまう。コーチの甘い匂いは、包み込まれる柔らかい甘さ篤美のは、なんだかおなかの下がきゅっと締め付けられるような、どきどきする甘さだ。ほんのちょっと甘酸っばい気がした。さっき触れた肩の柔らかさが手に残ってる°Tシャツの膨らみがまぶしい。なんだか、急にどきまぎして、慌てて篤美から離れようとする。

  

拘束されて身動きがとれないかおりちゃん

チンポが中に入ると、絶頂に明け暮れる彼女
さっきまでにこやかだった森は、緊張のためか、目が泣きそうにゆがんでいるように見えた。夫婦の組み合わせだとは言え、いや、夫婦だからこそ、彩子は奥の奥まで知り尽くされた手に、これから追い上げられることになる。その手前の紀美の目の前から、は隠せない。舌なめずりしそうだった遠藤が、真菜の手を縛るために消えて、ホッとした表情敦子は、さっき来たばかりの夫、田野倉が、商店主風の身なりで、いった後を目で追ってから、やはり落ち着かない様子。一度現れてから、シャワーを浴びに消えて達也が、その敦子に当たっているのだが、やはり、今、真菜の脚を縛っているため、目の前にはいない。だから、真菜のすぐ横は、春佳となった。こんな時でも、少しでも前からの知り合いが、すぐ側にいるのは心強く感じてしまうものだ。

フェラ奉仕すると、男のものはどんどんMAX状態に

股間に顔を埋めるゆめちゃん
もちろん、春佳のポジションは、そのつもりで決められていたのだから、安心して良いのだ。そして、春佳の目の前では、島津が、繊細そうな視線で、さりげなく、しかし、バスローブの下の黒子一つ身逃さぬぞという風情で、真菜に目を光らせていた。「たしか、画家だとか……」芸術系の大学の助教授だと、「さ、用意は良いですよ」さっき、遠藤が自分のことでもないのに、誇らしげに教えてくれていた。遠藤の柔らかな声に、真菜は、ハッと我に返った。手足が着々と縛られていくのが怖くなって、意識的に、周りを見渡していたのだしかし、しょせん、慣れた二人にかかれば、何分もかかるモノでもなかった。

お尻の穴に巨チンを飲み込んでいくピーチちゃん

ファックをお届けします
体育教師はすぐにもドアを開けて部屋に入ってこようとしていたし、留美先生を押し入れに押し込むにも、窓を開けて外へ逃がすにも、時間がなさすぎる。危機を回避するには、既に用意されている環境である敷布団にとりあえず移動し、乗り込んでくる相手に対して、ひたすら寝たふりを装うしかない。あとのことは運まかせだしかし、実際にくるまって気付いたことだが、三つ並んだ布団に四人で潜り込むというのは、かなり無理があった。いくら圭介が留美先生をかばうようにぴったりくっついたとしても、もこもことした布団の盛り上がりを体育教師が数えれば、もう一人潜り込んでいることはあっという間に気づかれてしまうだろう。女教師の匂いや吐息や柔かい感触に満たされる幸福と、もうすぐ悪事がバレてしまうという恐怖。

フェラ奉仕をして本番へ

その両極の間を目まぐるしく行き交いながら、圭介はただ暗闇の中で震え続けるのだっ「おいおい、誰だか知らんが、この部屋の奴以外のもう一人が隠れてるみたいだな。頭隠して尻も隠して……何やってんだか頭上から降ってくる声は、どこか呆れている。バレてる!圭介の体が温かな布団の中で凍りついた。どうしよう、もう万事休すだ。いつも楽しそうに僕たちをグラウンド十周させるこの体育教師は、容赦なくこの掛け布団を剥ぎ取ろうとするに違いないいや、させない。そんなことは絶対にさせない。俺が留美先生を守るんだ恐怖に凍りついた体を溶かすように、ふつふつと熱く体を燃え上がらせる気弱な童貞少年のその思いが意外なことに、問題男子の布団をすぐにでも剥ぎ取るかと思えた若い熱血教師は、襖を開けてもこもこした盛上がりを見下ろしながら、なにやら考えている様子だった。