伊藤が下半身を密着させると

165月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【マンコ図鑑 美波ゆさ】美波ゆさ
ムッチリ体型でパイパンのゆさちゃんが小さめのピンクのオマンコを惜しみなく披露してくれます。自分でブッスリと突っ込んだ指にはすでに大量の愛液が・・・どんどん自分でオナニーを進めていると、そこへ男性の手が。指で弄ばれた後、クスコをズブッと、愛液がたっぷりの中まで丸見えに。ローターをクリに当てられてヒクヒクするそのオマンコはまるで別の生き物です。感じまくると突然足がキュッと閉じそうになって逝ってしまいました。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/121416-001/index.html


用紙を放り投げて剥きだしのペニスを口に押しつけた

ふふっ。顔には笑みさえ浮かんでいた。あん2フェラチオしていた涼子の身体を押し倒すと、に突き立てる(す、すごい!)村上はその上に重なっていった。完全に怒張した肉棒に手を添え、蜜壷村が腰を進める。肉棒は完全に涼子の肉壷に埋没した。まさにずぶずぶと沈んでいくという感じがある。長大な村上の肉棒が涼子のなかに消えていく。美冴緒は初めて見る光景に思わず息を呑んだ。あ、あぁ-ん!涼子がひときわ大きな声をあげる。こればかりは演技などではなかった。だされた手がかたくシーツをつかんでいた。涼子の背中がぎゅんっと弓なりになり、投げ村上が腰を引いた。涼子の蜜壷から肉の凶器が引きだされ、ヌラヌラと淫液にぬめった幹をのぞかせる。また、ずんっと突きこむ。押されたように涼子の身体がずりあがった。その肩口を押さえると、村上が猛然とピストンを開始した。

教えこんだ菜月は処女であった

あぁあああー間欠的に漏れる涼子の声と、肉棒が激しく出入りするドチュツ、ン、パンという乾いた音も混じった。ドチュッという音が重なる。さらに、肉がぶつかるパ美冴緒は耳を塞いでつっぷしたい気持ちだった。もう何も見たくも聞きたくもなかった。(もういやぁ!村上くん、お願い!そんな女に、そんなに激しくしないでえ!そんな女で、出さないで!)だが追い打ちをかけるようにベッドの上の二人が叫ぶ。おお、おお!出るぞ、涼子!ぁぁっ、もう、イクーイっちゃうぅ!(ウソーウソよ、ああ!)ギシギシとベッドがきしんだ。叩きつけるような抽送のシーンが美冴緒を狂わせる。村上が獣のように吠え、つづいて引き抜いた。らに絶望が重くのしかかった。涼子の白い腹の上に精をほとばしらせる。それが美冴緒にも見えて、さ。う、うっ。堪えようと思ってもつい嗚咽が漏れてしまっていた。最初に動いたのは涼子だった。情事の後のけだるさに身を重くしていたと見えたのに、すっ、とベッドを降りると美冴緒の目の前に立ちはだかる。身体に何もまとわない全裸だった。泣いてるの?主任フフッ、私と村上くんがしっかり愛し合っているって知って、ショックだったのかしら。

ラストシーンは中年の男優さんにローター&バイブでこれでもかと言うほど弄ばれます

姑の寿子が、芙蓉子を苛める時の癖で、口の端を歪めて待っていた夫の実母である寿子は、炊事洗濯など何もしない女だった。芙蓉子の代わりに味噌汁さえ作ったことがなかった。夫の光太郎はもう帰宅していた。彼も口をきかなかった。待つだけの幼稚な子供のようだった。遅くなってごめんなさい。すぐに支度しますから。無言のうちに芙蓉子を責めている。夫と姑は、まるで食事を光太郎の好きな大阪寿司を買ってきたので、気まずい雰囲気は少しだけ和んだようだ。御飯が炊けるまでの繋ぎにビールとお茶を出した。肉じゃが、刺身、あさりの味噌汁ができた頃、。あなた、すみません。私、少し気分が悪くて……。芙蓉子の疲労は限界に達していた蚊の鳴くような声でそれだけ言うと、芙蓉子は食事もとらずに寝室に引きこもった。三日前、芙蓉子はデパートで買い物をした帰り、夫が経営する店の車で追突事故を起こしてしまった。考えられな彼女は気いことだが、その直前に芙蓉子は、万引き犯人と間違われた。

壮絶な指マン&潮吹き

疑ってかかるガードマンと押し問答した余韻で、が動転していた。そして、前方を確認せずに駐車場ビルから車を出した時、タクシーの後ろにぶつかっそして乗客の女性である勅使河原ルミコが、タクシーの運転手は軽い鞭打ち症。芙蓉子に怪我はなかったが、顔と手首に負傷した。店の車は前部を破損した。事故の後、警察で調潛を取られ、一方的な芙蓉子の過失と判断された勅使河原ルミコと名乗る女からの電話があったのは今日だったのか昨日だったのか、芙蓉子は思いだせなかった。悪夢のような一日の記憶を断片的に繰りかえしながら、芙蓉子は眠りに落ちていった。まさしく悪魔たちの刻印を受けた身体をかばうように、芙蓉子は着替えもせずに眠りはじめた。


セックスができて

ユリカはバージンだから、そこまではできなかったのだ。すごい、おツユがいっぱい出るのねー。うわ、締めつけてくる。きつーい!おばさん、案外名器の持ち主なんだ。私、負けちゃうかも。抵抗できないのをいいことに、カサにかかって全裸の熟女を責めてゆく十五歳の少女(これは夢よ、セックスしていない欲求不満のせいで、こんな悪夢を、淫夢を見ているんだわ!)そう思いながら、で腰をしならせて二度、三度と康子はオルガスムスに達した。ビンビンと釣りあげられた鯉が跳ねるようにベッドの上それでも夢は覚めなかった。よし、おれの出番だ。春美をどかせると、勃起しきって透明なカウパー腺液をタラタラと糸のように滴らせた慎一がベッドにあがってきたその角度は下腹を叩かんばかりだ。

オマンコにはバイブを入れられその上からパンティをはかされたつぼみ

赤紫色に充血した亀頭をとめどなく愛液を溢れさせている膣口へあてがわれた時、じそうになった。康子はそれだけでオルガスムスを感強く逞しい男根。焼けるように熱く、ドクドクと血管を脈打たせている牡の本質器官それがズブズブと自分の性愛孔を侵略してきた時、康子は塞がれた口のなかで叫んだ。あなた!犯して!思いきり私の子宮を突き破って!春美はソッと夫婦の寝室を後にすると、浴室でシャワーを使ってから、真っ裸のまま二階のユリカの部屋に入っていっベッドの上には、白いスリップ1枚のユリカが後ろ手錠をかけられ–ここに連れられてきた母親がされていたものだ口にはパンティを押しこまれた状態で寝ころがされていた。そのパンティは春美のものだ。ふふ、お待たせおとなしくしてたようね。親友の口のなかから唾液でベトベトのパンティを引き抜いてやる。もう-、どうして私がこんな目にあわなきゃならいの?


ザーメンドレッシングサラダを無理矢理食べさせ

希望どおりに、おまえのマンコのなかにおれのチンポが入ったぞ。どうだ、うれしいか、静香。深々と根元まで埋緒方が耳もとで囁いてくる。前手錠をかけてある両手首を頭の上に移動しておいて、。うれしいですぅ……。ぴったりと体を重ね、無意識のうちに静香は口走っていた。しとどに蜜液を溢れさせる孔道を塞いでもらったとたんに、全身に安堵感と快美感とが同時に噴きだして、我れ知らず、心にもない言葉が口をついて出たのである。入れただけでそんなにうれしいなら、ズコズコとマンコのなかをこすってもらえれば、もっとうれしいだろう、えっ。

立てたペニスに狙いを定めるようにして腰を落としたびちょっとした粘膜に亀頭が触れた

クイクイと卑猥な腰使いで、緒方は肉棒の出し入れをはじめた。太幹が肉襞をまくりあげて柔らかな秘肉をこすりたてると静香はうわずったような声をあげて、悩ましげに腰を振りたてたのである。どうしてなのか、わからないわ頭のなかでははっきりと拒絶しているのに、なぜ体が勝手に反応して、こんなにも快美な波が打ち寄せてくるのか理性では判断できない状況に陥ってしまったのだ。気持ちいいなら、はっきりと口に出して言えよ。マンコのなかをこすってもらって、とても気持ちいいですってな。円を描くようにゆっくりと腰をまわして秘肉をくじりたて、緒方が先端が子宮口まで届くほど深く埋めこんでおいて、返事を強要してくる。