康介が自身のペニスに驚きの眼差しを送ると

じゃあ噛んであげる。目の前でぷるんぷるんと揺浴槽の縁に尻を載せて、小柄な年上の女のずっしりした肉をくびれに手をかけて引き寄せ、れている乳房に唇を押し付けていった。あああー、ダメぇご主人さま、ああ……。本当に性感帯なのか、ずっと年下の若い男に乳首を吸われ、噛まれると、真佐子の口から甘い呻き、切ない喘ぎが洩れてきた。真佐子さん、いじって。舐め、噛んでやってから、湯で濡れた秘毛の底へ指をやると、そこはとろりと潤んでいさんざんに二つの乳房を吸い、た。間違いなく昂奮している。わ、大きいクリトリスだ。ビラビラもビラビラだ。ヌルヌルがヌルヌルで紀雄は11悩ましい声をあげて首をそらした。その顔が恍惚と喜悦の色を浮かべて、童女のように愛らしく、その瞬間、人の年齢差を忘れた。

いやらしいマンコも既にヌレヌレ状態
いやらしいマンコも既にヌレヌレ状態

恋人を抱くかのように強く抱きしめて、熱い息を吐いている唇に自分の唇を重ねた。う、うん、ツ、む、ううう……。真佐子はにわかにペニスを玩弄していた手を離してしっかりと彼に抱きついてきて、自分からも猛烈に濃厚な接吻に反応した。舌と舌が独立した生き物のように相手の口腔の中であばれまわり互いの唾液を強く吸う。浴槽の底に膝をつけて体を低くし、シャワーキャップを着けたしばらくして唇が離れると、目をトロンとさせた女は、頭を彼の股間へと押し付けてきた。猛るだけ猛った彼の熱い分身がくわえこまれた。おー、ああ、いい、いいい、真佐子さん、最高ッ!バカのように口を開けて唸り声を放つ紀雄の睾丸が真佐子の掌によってくるみこまれた。


セックスできる機会があることを心待ちにして

それどころかたちまちアナルの快感にもめざめたのだった。亀井は指でアナルを揉みながら、美和子の顔を覗き込んで訊いた。松尾くんを誘ってみるか……ん?また、そのこと?膣とアナルの快感が一緒になってだろう、亀井につかまって腰をくねらせている美和子が、す狂おしそうな表情で訊き返。美和子だって、3Pに興味があるっていってたじゃないか。そうだけど……でも、やっぱり……。美和子は口ごもった。興味はあるけれど、いざとなると抵抗がある、という思いは変わらないらしい。

今作品が初潮吹きとなるひよりの見事な潮吹きもお見逃しなく
今作品が初潮吹きとなるひよりの見事な潮吹きもお見逃しなく

11人の間で3Pの話が出たのは、1ヵ月ほど前のことだった。後背位で行為しながら亀井がアナルに指を挿して嬲っていると、美和子が狂ったようになってよがりはじめ、そのとき亀井が。もう一本ペニスがほしいって感じだな。といったのがきっかけだった。いたとき、複数の男に犯されることも想像していたといっていた美和子の話も、それに、夫を亡くして欲求不満を囲って亀井の中では伏線になっていた。そして、なのかしら。たのだった。行為のあとのベッドの中でそんな話をしているうちに、。だけど実際に複数の男の人とするなんて、どんな感じと美和子が満更でもなさそうにいったことで亀井も煽られて、話はにわかに現実的な3Pの話になっていっそれも二人の部下である若い独身社員の松尾を誘ったらどうかという具体的な話にまでただ美和子の本音は、までの決断がつかない、がぜん3Pへの興味がわいてきた亀井とちがって、ということのようだった。


恥毛の薄い下腹にへばりついたペニスが

あの合宿でそうとう厳しくしごかれたでしょう?地獄の特訓というのは一種の洗脳です。いったん自我を崩壊させてから、企業戦士として都合のよい思想を叩きこむわけです。ですから最初に自尊心をめちゃめちゃにうち砕く。自我がそれに反発する時、さまざまな身体症状となって表われます。こうやって運びこまれたのはあなたばかりではありません。合宿のたびに何人かが倒れて運びこまれます。医師は地獄の特訓の成果に疑問を抱いているようで、彼は帰宅を許され、症状は嘘のように消えた。数日間の安静治療を要す。という診断潛を書いてくれた。翌日しかし、彼のインポテンツはその時からはじまったのだ餅肌はまだ娘むすめしてハ失ってはいない。

まさに陵辱プレイが繰り返される
まさに陵辱プレイが繰り返される

夫に開発されて性感はだん回数こそ週に妻の康子は三十七歳1児の母とはいえ、だん豊かになり、夫の愛撫を受けると愛液の分泌は驚くほどで、時には失神するほどの乱れようを見せる。一回程度だが、二人とも週末になると夜になるのが待ちきれないほどだ。夫婦が思うぞんぶんセックスを満喫できるよう、気にしないわけにはいかない。慎一は寝室に遮音工事を施したほどである。やはり年頃の娘のことを合宿から帰宅して数日ぶりに妻の豊熟した肉体を抱いた慎一は、愕然となった。疲れすぎよ。ストレスのせいでしょういざという時にまったく萎えたままの分身に気づいて康子はそう慰めて、精力をつける食事を用意し、夫を迎えるベッドでは煽情的なデザインのネグリジェやパンティを着けたりもした。


わずかに股間のデルタゾーンを覆う白いスキャンティの股布頭髪は染めてい娘の下半身から水音が立った

ううン。とくぐもった呻きをこぼし、されるがままに口腔を蹂躙されている。羽村にも、この女が自分を嫌っていることはわかっていた。今も本心とは裏腹に、甘んじてキスを受けているに違いないのだ。だが、いやいやながらも抵抗できずに、自分を受け入れているその姿が、羽村の旺盛な権力欲を満足させる心ゆくまで、志保美の口腔を味わうと、羽村は上気した顔で言った。一度、ワカメ酒ってやつをやってみたかったんだが。さすが、先生。いい考えですよ。早速、やらせてみましょう。堂島は席を立ち、ソファに近づいた。脅えるような目を向けて、る時みたいに、身体を折り曲げてソファに押さえつけた。

顔を隠した男たちに拘束・監禁され
顔を隠した男たちに拘束・監禁され

ああ、いや?腰を引く志保美を叱責して、赤子がオムツを替えられ太腿の裏側から股間までさらす格好になった志保美は、。ううム、こうなっては、せっかくの美人も台なしだな。恥ずかしそうに腰をくねらせる羽村は嬉々として、足の間からのぞく志保美の美貌と、あからさまになった花肉へと交互に視線を浴びせかける。ゴムバンドを深々と食いこませた媚肉は、ぷっくりと膨らんでせめぎあうようにしてバンドを半ば隠していた。多情さを表すつやつやした濃い目の恥毛、にじみだしてゴムバンドを濡らしている果汁の多さ。