あげくに奴隷の証として剃毛したのだと知ったら

その後、美津子は数人の男と付き合ってきたが、結婚には結びつかなかった。美津子が3年先輩である伊藤健治と付き合うようになったのは、28歳の時である彼の仕事ぶりは上司に評価されていて、女性社員たちの憧れ的な存在であった。しかし反面、一部の社員たちからは女性社員を次々と遊びの対象としているというような見方をされてもいた。夏のある日。美津子は伊藤に誘われて、二人だけで飲食をした。洋風居酒屋からカラオケスナック。彼との会話で美津子は恋人気分に浸っていった。その後、何度目かのデイトで、伊藤はファッションホテルに誘ってきた。軽い抵抗心と自分の身体が彼の気持ちを満足させるものかどうかという不安に美津子は襲われたが、二人の関係を強め同時に身体を許すことで彼の気持ちをより強く自分のほうに引きつけることができると誘いに乗った。

そしてピンク色のバイブを愛のいやらしいマンコに出し入れ
そしてピンク色のバイブを愛のいやらしいマンコに出し入れ

たいと判断して、も考えていた室内に入った途端、伊藤が抱き締めてきて、口づけを受けながら美津子は目も眩むような羞恥心に見舞われた。員の憧れの男に抱かれる、という優越感も湧いてきた。女性社着ていたものを脱がされてベッドに横にされた直後から、ステクニックを意識した。美津子はいままでに付き合ってきた男たちにはない、セック伊藤の愛戯は女性の肉欲を最高潮にまで引き上げるかのような、緩急をつけた入念さがあった。羞恥で抑えていた快感の叫びが漏れはじめた頃から、美津子は身体が勝手に反応していくのを感じながら、いつしか意識を飛ばしてしまっていた。


国民的美少女じゃないか

想像もしなかった万寺林の言葉であった。ひょっとして万寺林をうまく利用すれば、勅使河原ルミコたちの動きを封じこめることができるかもしれないと思った。奥さんは、あいつらに騙されたんだろう。あいつらはこのビデオでひと儲けするつもりなんだぜ。せて販売する気だよ。ビデオを裏ルートに乗自分の恥ずかしい行為が映っているビデオが東京の街に流れていくイメージは、芙蓉子を恐怖させるに充分だった。そんなことになったら、夫の眼に触れないとは言えない猥褻なビデオなどを見る趣味のない夫であっても、その可能性は否定できないのではないか。そして夫ばかりでなく友人や知人、親戚などが見ないとも限らないのだ。

保険室強制フェラ
保険室強制フェラ

ね、一度は関係を持った仲じゃないの、俺たち。一緒にあいつらに復讐しようじゃないの。こう見えても俺、揉め事には強いんだ。ヤクザの友だちもいるしな。ヤクザ?そうだよ、そのヤクザとは長い付き合いでさ、今じゃ幹部クラスだよ。彼に頼めばビデオを隠し撮りした連中なんか、イチコロよ。紹介しようか。芙蓉子は冗談とも本気ともつかない言い方をする万寺林をじっと見つめた。うが心強いのかもしれないと思えた。この男を敵にするよりは、味方につけたほ本当にヤクザを味方につければ、自分を犯した男やルミコを逆に脅して撮影テープを取りかえすことができるかもしれな。どうだい、奥さん。あいつらに仕返ししたくないの?どうしろとおっしゃるの?またひどいことをさせようっていうの?さすがの芙蓉子も、万寺林に対して用心深くなっていた。


その間には訊かれるまま夫にもいったことがない卑猥なことを口にして–もっとも元々夫とのセックスではそういうことはないのだが-それで身ますます興奮を煽られていた

なるようにしかならないのにさ嬲られて嬲られて、絵美の太腿に軽いケイレンが走った。絵美は震えながら両手で彼に抱きついた。いやらしい蜜が糸を引いて滴り落ちた。早く入れて!亀頭がスルリと膣口をくぐった。最初は滑らかな動きだったが、途中からそれはかすかな痛みを伴いながら、徐々に深く侵入してきた。仁の性器を受け入れた身体が、たまらなく感じてしまうのが悲しかった。仁が下から腰を揺すりはじめると、絵美はますます強く彼にしがみつき、彼の肩に歯を立てた。ものごとは、なるようにしかならない。仁の言うとおりだ。仁の膝の上で揺られ、つながれた部分がヒタヒタと密やかな音を立てるのを聞きながら、絵美は泣き笑いの顔になった。

大絶叫の3Pガチンコファックはマジすごいです
大絶叫の3Pガチンコファックはマジすごいです

(カラーピーマンとズッキーニ)キャンプの日はあと2日後に迫っていた。1鮭のテリーヌの上にフルフルのコンソメゼリーが載っている。よく収まっていた。仁美は慎重に包丁をあてがった。透明なゼリーの中には小海老とウニ、菜の花の穂先が形ゼリー寄せを切り分けるときは、さんが見本を見せてくれた。包丁の刃をガスの火で温める。そうすると柔らかいゼリーも崩れにくいのだと、大谷その大谷さんは小アジの南蛮漬けを作っていた。揚げたてをタレに漬け込むので、ジュッと小気味いい音がする。


クリトリスが擦れてたまらんだろう

順平は上半身を起こすと、淑恵の両膝に手のひらを当て、足を左右に大きく広げたやはり恥ずかしいのか、淑恵は泣き顔を見せながら身をよじらせる。股間の中央に息づく神秘のとばりを、順平は目を皿のようにして見つめた。ふっくらと盛りあがった大陰唇と、やや外パールピンクの突起を誇らしげに晒していた折り重なった繊細な内粘膜の襞が、側にめくれあがった小陰唇。陰核はすでに肉鞘から顔を出し、ほころびを見せている淑恵の秘芯は、てきそうな蠢動を見せている。すでにぬたついた潤みを見せ、今にも飛び出女陰から放たれる淫臭が鼻先をかすめると、順平は目をギラつかせながら花唇をむさぼっていった。

続けて別の男に挿入され
続けて別の男に挿入され

ふっ順平は舌全淑恵は内股をビクンと震わせ、鼻にかかった悩ましげな吐息を洩らす。その声に後押しされるかのように、体を使い、丹念に口唇愛撫を繰り返したものの、まぐわいへの期待感はすぐさま頂点へと導かれた(だめだ。もう我慢できない!)身体を起こし、秘肉の狭間に亀頭の先端を押しつける。ヌルッとした感触とともに、めくれあがった11枚の濡れ羽ががっちりと宝冠部をくわえ込む。満を持して腰を送り出すと、微かな抵抗を見せつつも、ペニスはズブズブと膣奥へと埋没していった。