大抵はふつうにセックスするとこだけど

135月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【いいなり露出徘徊 〜見られると興奮しちゃうよ〜】櫻井ともか
見られると興奮しちゃう、ふんわり不思議系キャラのともちんこと、櫻井ともかちゃん。今日は見られるのが好きという、ともちんをノーパンで連れ回して野外でエロい事し放題!触られてもいないのに、オマンコをヒクつかせ、吐息が激しくなっていくともちん。車の中で固くなったチンポに食らいつく様はS度が高い人には勃起度満点!ビルの屋上で全裸にさせられながらも、興奮してるド変態なともちん。いつ誰がやって来るかわからない屋上で豪快にも濃厚中出しセックスを繰り広げるともちんのイキザマを見よ!
参照元:エロックスジャパンZ-http://www.eroxjapanz.com/v_i_p/moviepages/401_216/index.html


熟女の口唇愛撫が展開される

この前も言ったけど、れも運命だ。可奈子さんと一緒になっていれば、彼が手首を放すと、可奈子は勃起したペニスにそっと手を絡めた。もうそのことは言わないで。わかった。最後にもう一度、可奈子さんを抱きたい。大竹はタイル壁に向かって立て掛けてある、大型バスマットを床に敷いた。待って……わたしに愛させて……。(彼との思い出を胸のうちにしっかりと残したい。そのためには、もっといやらしいことをしてみたいわ)バスマットの上にひざまずいて、そんな思いに突き上げられた可奈子は、を見つめた大竹の腕の中で裸身をまわして、彼の下腹部夫のものと比較するわけではないが、大竹のペニスはたくましさに満ちているように感じられる。りが大きく、幹には青筋が浮き上がっている。茂みの下には、皺まみれの睾丸が覗いている。赤黒い亀頭はエラ張。可奈子さんが、しゃぶってくれるの!?興奮した彼が股を開いて仁王立ちになると。何も言わないで目をつぶっていて。可奈子は浴室中に響き渡る甘い叫びを発しながら、大竹の下腹部に顔を近づけた。桜色の舌先を伸ばして、反ったペニスの付け根から先端に向かって舐めつけていく。

とにかく平手でぶたれた丸出しのお尻がヒリヒリと痛い

背徳心と興奮が、激しい血の騒ぎを起こしてきた。わたしは淫乱な女になったんだわ。大竹さんと再会をしなければ、修治さんと修太郎を裏切る(こんなことをするなんて、ことがなかったのに)身勝手な言い訳をしながら可奈子はフェラチオを繰り返していく。頭を揺すって舐めつけ、エラ首に口づけを行う。同時に皺まみれの睾丸に手をあてがって、撫で付けたり揉んだりを繰り返した。玉まで触ってもらえるとは、想像もしなかった。最高だ。ずっとこのまま時間が止まればいいな。大竹は肩に手をあてがって、むず痒そうに腰をくねらせていく。しゃべらないで硬直したペニスを握った可奈子は、尿道口に口を被せて、舌先で舐めつけてから、甘しゃぶりを行った。口の中に甘酸っぱいものが広がっていく。亀頭部分を口に含んで柔らかく吸い上げていくと、頭がボーッと霞んできた。

ソファに座って何気ないトークが始まったかと思ったら可愛い薫まいの体を触り始め嫌がる薫まいに陵辱行為

彼らは昼間から酒を飲んで愉しんでいた。奥さんは、だから、さっさと命令に従えばいいんだ。俺たちのオモチャなんだよ。万寺林が禿げあがった額をさすりながら言う。あ、あなたたちは人間じゃないわ!きっとバチが当たるわ!芙蓉子の興奮状態を見ながら、三人が面白そうに笑った彼女の激昂すら彼らには酒の肴になってしまうらしい。そんな態度を見て、芙蓉子はこれ以上何を言っても通じないと絶望した。どうせ彼らはまともな人間じゃない。獣のような人間に言葉は通じないのだわかりました。私は何をされても構いません。でも、これだけは聞いて暗くなる前に、家へ帰らなければいけないの。それだけは約束して。にわかに弱気になった芙蓉子が懇願した。たび重なる絶望で、彼女の人格も分裂しはじめたのかもしれない。革コートを脱ぐと、下はピンクのトレーナーとジーンズだった。

ふじ子はアナルとマンコの2穴同時中出し

時間がないので普段着のまま出かけてきていた。もっと近くに来いよ。よく見えるようにさ自分の家で芙蓉子を縛りあげ、思うぞんぶん愉しんだ記憶が甦ったのか、大竹はズボン越しに股間を触りながら言った。芙蓉子は屈辱に唇を噛みしめ、悪魔のような三人が座っているソファに近づいた。屈辱が涙となって溢れる前にジーンズのホックをはずし、丸いお尻から皮を剥くように引き剥がした。怒ったような表情だが、芙蓉子の頬は羞恥で真っ赤に染まっている。パンティストッキングははいていない。ベージュ色のパンティと白いソックスが、ナーをまくりあげ、頭から抜き去った。


勃起が溶けていくような凄まじい快美感に襲われて

わかっているのかいないのか、老人は低い声で。と呟いた。老人は志穂の父よりいくつか年上だろうか。いずれにしろ、さほどは違わない歳だ。同じマンションに住む小学生は、この老人に声をかけられて、両親に。気味が悪い。と訴えた。母親はそのことを自治会の集まりで報告し、いう話になって、あげくに今年は自治会の副会長を務める志穂が、倉田勇三に苦情を伝えるはめになった。それは困るとたしかに小さな子供にとっては、70過ぎの老人は気味の悪い存在かもしれない老人はマンションの敷地内に勝手に入ってくるのだから、不法侵入とも言える。だが、海外旅行中の自治会長に代わって苦情を伝える役目を負わされた志穂は、やはり気が重かった。弱い者いじめをしたような後味の悪さが残った。老人のパン代を払ってやったのは、そんな負い目のせいかもしれない。

100センチは余裕にあるオッパイ

そのあと志穂は家までの道のりを、村コーポ。がある。志穂は。じゃあ、老人と並んで黙々と歩いた。パン屋の方角からもどると、マンションの手前に。野これとシナモンロールの袋を老人に渡して別れたが、何となくわだかまりが残っそんなとき倉田勇三の姿が目に入った。倉田はアパートの前の小さな庭にしゃがんで雑草を抜いていた。こんにちは。志穂が声をかけると、倉田は草をむしりながら考えことでもしていたのか、驚いたようにビクッと顔を上げた。先日はどうも!あっ、いえ、と律儀に立ち上がってお辞儀をする倉田の額には、うっすら汗が浮志穂が軽く会釈するとかんでいた。こちらこそ。あたし、今、あのお爺ちゃんと、ちょっと話をしたんです。


挙句にはマンコをぐちょぐちょにかき回す非道生姦中出し

込んだあと、仲居の案内のもと、一緒に部屋へと向かった。工房に遊びに来た友人や知人にも、。この旅館は宣伝をいっさいしていないので、知る人ぞ知る穴場的存在なんです。紹介してるんですよ。なるほど、そういうことか。確かに静かだし落ち着いていて、いい旅館だね。よく言葉を返しながらも、心臓がトクトクと脈動を打ちはじめている。てっきりフロントでお別れかと思ったのだが、綾子は帰ろうとはしなかった。この状況では、期待するなというほうが無理な話だ。お食事はどうなさいますか?時刻は午後5時半、夕食の時間にはまだ早い。その前に汗も流したいし、綾子ともう少し話がしたかった。

そういう下着をつけてみたくなっていた

そ、そうですね。それじゃ6時半過ぎに。お二人分ですか?孝太郎は仲居の問いかけに即答することができず、綾子の様子を窺った。私はすぐにおいとましますから、一人分でけっこうです。その言葉に、正直失望感は隠せない。それでも仲居が部屋から出ていくと、孝太郎はとたんに落ち着きがなくなった。話したいことは山ほどあるのに、緊張しているのか、言葉がなかなか密室の中で、かつて憧れていた美女と二人きり。口をついて出てこない。い、家のほうはいいの?お子さんは?工房から、連絡はしておいたんです。母が面倒を見てくれるから、もう少し……お話ができないかと思って。