医師にレイプされたという事実は重く心にのししかかり

【ほんとにあったHな話 31】宮崎愛莉
痴女プレイからMプレイまでこなす、有名ミスコンの最終選考まで残った超美乳Fカップ美女の宮崎愛莉ちゃんがコンビニ店員になって再登場!こんな可愛い女の子が近くで一緒に働いてたら終始ムラムラしちゃいますよね。遅刻の常習という名目で、お尻に貪り付き制裁をくわえる同僚。お客さんが入ってきてしまったので中断。でもムラムラが収まらない同僚はなんとお客さんの前でバイブ攻めに手マンにとやりたい放題。挙げ句の果てにお客さんを口説けと要求。お客さんのチンコをフェラしたら、今度は同僚の中出し制裁。中にだけは出してほしくない愛莉ちゃん‥一体どうなるのか!?
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/032116-122/index.html


勃起したペニ。行くよ。息を詰まらせて叫んだ彼が腰を沈めてくると、膣口が焼けただれるような衝撃に見舞われ多美子は腰を反り返して、より深い挿入を促した。快感に噎せて歪んだ顔の周りで、黒髪が逆立つように広がっていっ。こりゃあ、すぐに行っちゃいそうだ。関沢が交接運動を開始して、子宮の奥を押し上げてきた。快感を表現しようと思っても、言葉は出ない身体を突き上げられた瞬間。ああっ、あうっ、あうっ喉詰まりの声が漏れ出ていき、腰が引きつっていくだけであった。


お尻はだめ……

間欠的な意識の遠去かりが起こってきた。身体は重くなって、炎に包まれていく。あうっ、くつ、くうっ。ん!多美子は肉の悶えに身を委ねながら、薔薇色の世界に昇っていった。5帰り支度をするためにまたシャワーを浴びて出てくると。よかった。最高の夜だ。関沢が近付いてきて肩に腕をまわして抱き締めてきた。だめよ……帰らなくちゃすでに他人ではなくなったために、夫に対する罪の意識も和らいでいて、彼に対する甘えも生じていた。まだいいよ。もう一度、欲しくなった。関沢が口づけを求めてくると。もう……。多美子は腕の中で身体をまわして、背中をもたせ掛けた。


動画ファイル

いやらしくオマンコ小さいね~

【ノーパンOL性交商談】川瀬遥菜
大きな瞳のスレンダー肉食系美女、川瀬遥菜ちゃんがカリビアンコムに初登場。身長152㎝と小柄ながらもB:84cm、W:59cm、H:82cmの抜群のプロポーション。そのナイスボディの中でもスラリと伸びた美脚、若干小さめながらも桃のような美尻が最高なんです。高級着物販売会社の女性セールスに扮した遥菜ちゃんが、呉服屋の若旦那相手にカラダを張った性交セールス。ビシっと決めたスーツ姿でスカートをまくりあげ、何とノーパン!!を見せつけて若旦那の理性を完全破壊。ビリビリに破られたパンストを履きながらの生姦映像はパンストフェチはもちろん、誰もが大興奮することまちがいなしの大傑作。遥菜ちゃんの初裏作品をお見逃しなく!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/111613-480/index.html


喜八郎が腰を突きだす形で、まだ完全に勃起していないペニスを朱唇に押しこんだ。かすかに眉根を寄せて、芙蓉子は亀頭を口に含んだ濃厚な匂いが口腔にひろがる。動物の匂いだ。犬や猫ではなく、獣の匂いがした喜八郎には、一気にペニスへ血液が集中するのがわかった。の上顎を突きあげた瞬間、ブルンッとペニスが口から逃げた。申しわけありません。たちまち、グングンとペニスが持ちあがっていく。芙蓉子芙蓉子は自分の落ち度を認めて謝った手でペニスを押さえられない不自由さを呪ったが、どうしようもなかった。

オマンコの中のオマンコって感じ

喜八郎のペニスは、年甲斐もなく下腹を見せてのけ反っている。なだめるように喜八郎は猛り狂った一物を手で押さえ、再び芙蓉子の口に差し入れた。ピンク色の舌が伸びて亀頭を舐めあげた。わすそれからクチュリッと呑みこんだ。口腔で強く吸ったかと思うと舌で舐めま喜八郎のペニスは、今や芙蓉子が呑みこめないほど巨大に膨れあがっていた。それを横咥えにしたり、亀頭だけを口に含んで吸いあげたり、先端から溢れる透明の液を啜りあげたり、芙蓉子はこれまでの男たちに教えられたテクニックを駆使して、喜八郎を満足させようとつとめたそっと芙蓉子の髪に触れた。たっぷりとフェラチオ奉仕を味わった喜八郎は、。おしゃぶりは、もういいや。ほそ……。喜八郎はあわてて言葉を呑みこんだ。細川の奥さん。と言いそうになったのだ。芙蓉子の反応をうかがった。だが、彼女は何も気づいていない。次は、あんたのパンティのなかを見せてもらおうか?芙蓉子は素直に返事をしたものの、正座をしたままうつ向いている。

グリジェを脱ぎ捨てて全裸になった美人人妻が


女房がどうしてアナル専門という風俗店でアルバイトしようなどと考えたのか

僕が女なら細田君のような男を放ってはおかないな。事実、彼は女性にもてる。そのわりになぜいまだに結婚しないのだ雄策は文恵のお乳を痛いほどに吸い立て、脚の間のそれを言うなら自分だって結婚したときは29歳になっていたのに、恥ずかしい部分を指でまさぐりながら話し続けた本人は乗り気じゃないようだ。もしかして心に決めた女性でもいるのかな。見合いの話もちょくちょくあるらしいのに、なあ、フミさん、どう思う?結婚して3年がたったとはいえ、夫婦の営みの最中に世間話を交わすなど、文恵には。はしたないことに思えた。だから。何もかも黙って旦那さんに従いなさい。という母の教えどおりに黙っていると、雄策はそれでは不服なのか。なぁどうなんだい?とたたみかけてきた。さあ、わかりません。文恵は蚊の鳴くような声で応えた。本当にわからないの?僕はね、フミさん。細田君はひょっとしたら、フミさんのことが好きなんじゃないかと思うんだ。

マンコに汁を流して働くのだろうか

マンコで味わうチンコのお味はどうそんな……。そんな馬鹿なこと。馬鹿なことかな。だってフミさんはこんなにきれいなんだし、それに。と、雄策はそこで文恵の耳にぴったり口を寄せ、耳朶を舌でいらいながらささやいた。フミさんはこんなに色っぽくて、男を奮い立たせずにはおかないじゃないか。そうささやきながら、雄策は文恵の脚の間に入れた手の指を、ヴァギナに埋めた。世間には結婚したとたんに。女房は俺の所有物だ。と言わんばかりに、いばりくさる夫も多いという。そのくせ外に愛人を囲ったりするのも、裕福な男たちには珍しくない。まるで家政婦のように扱われている可哀相な妻たちに比べれば四六時中、夫の熱い視線を感じ、嫉妬までしてもらえる文恵は幸せなのだろう。
アダルトグッズ


おっぱいは発育中のHカップ美爆乳の持ち主の羽野理沙

公彦のうわずった声を制した祐子は、少年らしい薄い唇に軽くキスをした。もっとこっちに来て。先生もね、公彦君のこと、嫌いじゃないわ。祐子は公彦の手を引いてベッドに座らせた。そっと舌を侵入させていったのだ。そうして、さっきよりも激しく公彦の唇を求めていった。震える唇の間に公彦の口腔で舌を絡めたとき、ふと教師としての自覚が頭をもたげてきた。病室で連日のように凌辱され、不安と恐怖のなか心細かったとはいえ、教え子を誘惑してもいいということにはならない。本当は愛撫に気づいた段階で叱るべきだったのではないか、と。

カメラに向かってM字になっているつぼみの小さいオマンコに太い巨根が出たり入ったり

いけない。こんなことは、やめなくては……祐子は何度もそう思った。しかし、キスをやめて公彦を突き放す気にはどうしてもなれなかった。公彦の背中にまわした腕に祐子は力を入れた。力の限りに抱きしめる。豊麗な乳房が公彦の華奢な胸板に当たっている祐子は公彦の腕をほどき、今度は少年の顔に手をやって押さえつけ、自分の乳房に押しつけていった。そうして徐々に彼の顔を下へずらしていった。この下に、興味があるんでしょ。いたずらっぽく言うと、公彦は肩を震わせながらうなずく。そのとき、このまま生徒をセックスに引きずりこもうとしている自分に気づいて、祐子は愕然とした。
丸見え豊かに盛りあがった美乳の上下には黒いゴムが巻かれて