おれの奴隷になれって言われて

素早く着ていたものを脱ぎ捨てて全裸になった。その途端に、男のものは武者片桐が掛け布団を捲って身体を横にしていくと。片桐さんって、たくましいのね。下から恵利佳が抱き付いてきた。片桐はディープキスをしながら胸のふくらみを撫で付けた。硬さと張りは妻の恭子のほうがあるようだが、川並夫人の胸は脂の乗り切った円やかな肉感が豊富であった。口づけを解いた片桐は首から胸へとソフトタッチのキスを行った。キスマークは付けないでね。むず痒さに見舞われはじめたらしく、彼女は息遣いを乱しながら裸身をうねらせていく。

乳首を激しくいやらしく揉まれすでにベチョベチョのオマンコを卑猥な音をたてて
乳首を激しくいやらしく揉まれすでにベチョベチョのオマンコを卑猥な音をたてて

恵利佳の上半身は熟れた瓢箪のようである。乳白色の乳房は椀を逆さまにした形のよいものであり、頂には薄褐色の乳暈が広がっていて、柔らかそうな乳首が乗っている。乳首に舌先を宛がって細かく舐め付けてから、片桐は口に含んでしゃぶった。片桐さん。傷を付けない程度に噛んでみて。彼女は裸身を仰け反らせるようにしながら促してきた。甘噛みという愛戯があることは知っている片桐であるが、妻との夫婦生活では意識をして行ったことはない。わかりました。片桐は口に含んだ乳首に歯を宛がうと、軽く引っ張り上げるようにした。


修一にアソコを舐められたとき

最初に言った少年は同じ意味の言葉を繰りかえした。子だと気づいた。あなた、あの人の子供!?。そして、ようやく芙蓉子は眼の前にいるのはタクシー運転手、万寺林荘助の息確か万寺林のアパートを訪ねた時、らしだと彼は子供と暮らしていると言っていた妻は出ていってしまったが、子供と二人暮それにしても、万寺林の息子がなぜここにいて、しかも声をかけてくるのかがわからない。その日、芙蓉子は夫が経営する店に顔を出すつもりだった店はすぐ近くだ。万寺林の息子といるところを、夫や従業員に見られたくないという気持ちが動いた。混雑する人通りを避け、アーケードの隅に少年をうながして、芙蓉子は声をひそめた。で、お父さんに何か頼まれたの?なんの用なの?質問しながら表情が険しくなるのが自分でもわかった。

そして本場アメリカンポルノも顔負けのハードコアファックスタイル
そして本場アメリカンポルノも顔負けのハードコアファックスタイル

よりによって店の近くで万寺林の息子に声をかけられるとは。理由はどうあれ、あの男ならやりそうなことだ、芙蓉子は不愉快だった。もしや万寺林と彼女は思った。は、子供を使って何か再び悪巧みを考えたのではないか、。ちょっと、顔を貸して欲しいんだ。子供のくせに生意気な物言いが無性に腹立たしい。顔を貸す!?どういうこと?そこまで付き合って欲しいんだ。僕の頼みを断ると、おばさんは困ると思うよ。たぶん、断れないと思うけど芙蓉子はまじまじと少年の顔を見た。額こそ禿げていないが、顔立ちは父親の万寺林にそっくりだ。


ねクンニはもういいから

いたが、やがて柿崎は志穂の顔に目を留め、しげしげと眺めて。奥さんですか?と訊いた。ええ、まあ。と勇三は応えた。しばらくは黙って啜ってそのあとまたしばらく三人とも黙ってお茶を飲み、柿崎は出された最中も食べた。明日、退院なの。次に口を開いたのは志穂で、その短い言葉を勇三はッキンとした痛みで受け止めたが、柿崎は志穂の声が耳に入らなかったのか、依然としてクチャクチャ音を立てて、残り少ない歯で最中を食べることに熱中していた。お茶を飲み終えてしまうと、志穂は。じゃあ、あたし。と呟いて立ち上がった。うん、それじゃあ勇三は短く応えた。志穂の姿が縁先から消えていくのを見送りながら、勇三は柿崎がいてくれてよかったと思った。彼がこの場にいなければ、たぶん醜態を演じるところだった。

椅子にM字開脚でオマンコが丸出しの恥ずかしいスタイルに縛られたつぼみ奴隷
椅子にM字開脚でオマンコが丸出しの恥ずかしいスタイルに縛られたつぼみ奴隷

奥さん、美人だね。とっくに冷めているはずのお茶にふうふう息を吹きかけながら、柿崎がボソリと呟いた。1発信者の名前を確かめたわたしは、歩きながらではなく、島野さん経堂の駅から母の家へ向かう途中で携帯が鳴った。の家の塀際で足を止めてから通話ボタンを押した。僕だけど。……どうも。それもまだ2回しか寝ていない相手からの電話に、どう応じ我ながら気の利かない返事だと思ったが、年下の恋人の、ればいいか迷ったあげくの。どうも。だった。声、聞きたくなって。孝治が言った。あたしも聞きたかった。うれしいわ。今日はお母さんの家へ行くんだったね?そう、今、向かってる途中。そうか。じゃあ、こっちも仕事中だから、。うん、ありがとう。また連絡するよ。ちょっと声が聞きたかっただけだから。電話を切るなり、わたしは思わず口元をゆるめた。自分が口にした。の甘ったるい響きが、照れ臭かったからだ。ちょうどそのとき狭い道を徐行してきた小型車の中から、顔見知りのクリーニング店の店主が会釈をよこした。携帯をバッグにしまいながら、わたしも会釈を返した。


今夜はたっぷりと奴隷の心得ってやつを仕込んでやるからな

言われたとおりだった。はじめのうちは気にならなかったのだ。憧れの有希子を獲得して有頂天になっていた俊治は、フロント係に。という目を向けられても、そんなことはすぐに忘れた。それがいつの間にか、深夜にホテルをチェックアウトする決まり悪さがだった有希子との関係にも、しだいに澱のようなものが溜まっていた。重荷になっていた。あれほど新鮮で刺激的有希子がラブホテルに行きたいと言い出したとき、俊治は良家の奥様ならではの気紛れな冒険心が言わせたことと解釈したが、そうではなかったのか。ラブホテルを選択したのは有希子なりの気遣いだったのかと、俊治は今はじめて気づいだが、遅かった。

アソコも小さくて締め付けは抜群
アソコも小さくて締め付けは抜群

二人の間に漂うぎこちない空気は今さら拭えない。治が妻に対して抱いている複雑な気持ちも見透かしていたのだろう。ホテルの選択だけでなく、勘のいい有希子は、俊とにかく今日のところは帰りましょう。有希子が語気をゆるめて微笑みかけてきた。うん、そうだな俊治は素直に頷いて服を着けたが、内心では自分の態度を悔いていたし、ひどくビクビクしていた。はわからないが、今夜を境に有希子との関係が微妙に変化することは間違いない。この先どうなるか帰りはいつも別々のタクシーに乗る。