怒り狂っている表情でもなかなか個性的な美少女だ

25月 - による 写真マニア - 0 - エッチな体験談 官能コラム 官能小説

【マンコ図鑑 君島アンナ】君島アンナ
スレンダーでお美しい君島アンナちゃんのおまんこをじーーーーっくり見てみよう♪大人しくM字開脚になってくれているのでさっそく綿棒でこちょこちょっとまんこイジイジ開始。カメラいっぱいにアンナちゃんの手入れをしていないのに、程よく毛の生えた美マン、びらびら。クリトリスを触ると膣の中からお汁が。さらにローターでいじめると、あんあんっイクっといっておまんこもピクピク。女性の、君島アンナちゃんの性器の美しさに脱帽です。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/100817-514/index.html


下半身に顔を近づけ

しい男の匂いが身体を貫いてきて、欲情を煽った。小池さん、おれは……。瑠美子の誘いに刺激された彼は、人目もはばからずに強い力で抱き締めてきた。あたしも、同じ思いよ……でもここではだめ。少し休んでいきましょう。連れて行って。上目遣いに見上げた瑠美子は、目と目が合うと、羞じらいの思いを込めて、横道の肩にそっと顔を伏せた。肩を抱かれて繁華街の裏手に行く目に付いたファッションホテルの玄関口を入ると、瑠美子はホテル代を素早く彼の手に渡した。一瞬戸惑いの表情を見せた横道だが、すぐにフロントに向かっていった。カードキーを受け取って戻ってきた彼に従って3階に向かう。

クンニリングスをつづけながら上目遣いに綾を見た

部屋に入った直後に。おれ小池さんのことが……。横道に抱き締められて、唇に唇が押し付けられた。うううう!身体をくねらせながら口を開けていくと、舌先がねじ込まれてきて、口中を掻きまわすように激しく動く。瑠美子も彼の身体に腕を絡めて、上半身を仰け反らせながら、たくましい彼の舌先に柔らかな舌先をこすりつけ、絡めていった。唾液が一気に粘りを強め、糸を引いて広がっていく。横道の手がワンピースの裾を押し上げ、パンティーストッキングとショーツを下ろそうとする。待って……横道くん。ディープキスを解いた瑠美子は、彼の手をつかんで臀部から離した。。待てない横道は片手を股間に宛がって、苦しそうに表情を歪めた。

極太肉棒をいやらしい口で咥えこみ

ほう、とろみのあるお汁が泉のようにわき出してきているね。マングリ返しになっているせいで、丘の陰毛を濡らしていた。通常なら溢れ出した愛液はヒップの方に垂れていくが、今は腹の方に流れ落ち、恥中にたまっている愛液ごとかき回し始めた。彼が指を動かすと、クチュク生島は濡れそぼった秘穴に指を挿入すると、チュという卑猥な音が車内に響き渡った。はうっ、はうっ、はうっ……。さらには、愛液がかき混ぜられる音に、君恵の色っぽい喘ぎ声が加わっていた。

彼女のオナニー姿を盗み見していた男を自分の前に座らすと長い手脚を男のカラダに巻きつけて見事な手コキ技

はしたなく振り乱され、彼のひざの上から落ちそうになってしまった。生島の指の動きに合わせ、君恵の腰は。君のアソコは何だか物足りなそうだね。指をもう一本、追加してあげよう。生島はいったん指を引き抜くと、今度は、人差し指と中指をそろえて、君恵のヴァギナに突入させた。二本指を締めつけながらも、彼女の膣穴はそれらを楽々と呑み込んでしまった。ひふはぁあっ!秘穴に出し入れさせると、指を二本合わせても、引っかかって、勃起したペニスよりは細かったが、指には関節があるので、関節に秘肉がなまめかしく摩擦されてしまった。ワレメがひしゃげてしまい、ワレメの縁がめくれ、愛液の粘つくような音も指1本の時よりまた、大きくなっていた。


人妻の麻時と同じ体勢だが

あなたンとこのお姑さんはやさしいから、そんな呑気なことが言えるのよ。美幸の愚痴は止まらない。パートに出てるあなたの代わりに、家事だって気持ちよく引き受けてくれるんでしょ?恵まれてるわよ、あなたはそれからさらに10分ほど喋って、美幸はやっと電話を切った。だ半分ほど残っていたが、祐子はなんだか急に食欲が失せた。電話しながらだから少しずつしか食べられず、弁当はま美幸は。

バイブでピンクの小さいオマンコを責めれ

恵まれてる。と言うが、本当にそうだろうか。たしかに茂子は祐子が洗った食器を洗い直すような、見え透いた嫌がらせはしない。だが、心の奥底では嫁を疎んじ、見くだしている。嫁姑の間が例外的にうまく行っているのは、嫁の祐子があくまで下手に出ているからだ。クッション役の夫がもっとしっかりしてくれればと思うのは、祐子も美幸と同じだ。だが、正之は面倒なことにはさっさと背を向けるタイプで、まるで当てにならない。当てにならないどころか、正之もまた妻を見下している。


バイブを牝穴に突っ込んで膣内マッサージ

でいるかのような錯覚を覚えるとろりとした女の体液を嚥下するたびに、。あぁぁぁ。だめだめだめ。そんなことしたらイッちゃいます。康介の我慢も限界へと達し、頭の中は挿入やや裏返った甲高い声がなんとも愛らしく、への1点に占められていった。心地よく耳奥に響いてくると、鼻息を荒げつつ、湯船から立ち上がると、いきり立つ怒張がびくびくとしなる。はがっちりとえらを張り、肉胴は鬱血しているかのように赤黒くなっていた。先端の肉の実は極限まで膨らみ、雁首これほどの見事な屹立は、何年ぶりのことだろう。

レイプされるみたいなこととかも……

康介が自身のペニスに驚きの眼差しを送ると、転させ、岩場に両手を着きながら張り詰めたヒップを突き出した。お義父様。瑞穂は自ら身体を反瑞穂は切なげな顔、すがるような目つきで結合を訴えてくる。だが康介の視線は官能的なカーブを描く、がっしりとした豊臀へと注がれていた。今にも蕩けそうな熟脂肪をパンパンに詰め込んだ尻たぶは、まろやかな曲線を描きながら凄まじい迫力で迫ってくる。それはシミの1点もなく、惚れ惚れするような熟れぶりを誇っていたが、ウエストから急カーブを描く美しい流線型の双臀を、康介はまるでマンダリンのようだと思った。