そのすっきりとしてぴりっとしたようすからは誰も彼女がセックスのときに見せるもう一つの顔を想像することはできないだろう

【桃尻でコスってパコリーヌ】渋谷ひとみ
チアリーダーコスがとっても可愛いひとみちゃんは、スカートを捲り上げ自慢のお尻を男に見せると、男はジロジロと舐めるようにひとみちゃんを物色してから、ベロベロと舌でストッキングの上からお尻を舐めリまくり。お尻のラインを強調するために大量のローションを着衣のままぶっかけてパンティを引っ張りマンコを刺激。パンティを横にずらしてパイパンマンコにクンニすると金きり声を上げて連続イキ!ローションのせいでアソコに入った空気の逃げ道がなくなってしまってブヒっ。オナラじゃないのよ、オナラじゃないのよ、ただ空気が入っただけ。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/121917-558/index.html


お呼びでしょうか?ナプキンのせいか、不自然な姿勢にもかかわらずまだ美冴緒の下半身にはっとする間もなくウエイターがやってきた。は気づかない。涼子が軽く咳払いをする。チラッと横目で美冴緒を見た。それでも涼子に一瞥されて美冴緒は震えあがった。無意識のうちギクッとした。心臓はもう狂ったように暴れていた。に手をナプキンの下へ、股間に滑らせる。アールグレイを一つ。アールグレイをお一つ。かしこまりました。ウエイターが席を離れようとしたときだった。涼子が不注意を装ってコーヒースプーンを落とした。スプーンは首尾よく美冴緒の足もとに転がった。けっこうです。必然的に美冴緒の股間に向き合うことになる。涼子が拾おうとするのを制してウエイターが屈みこんだ。ナプキンが取り払われた。思わず声があがったのが証拠のようなものだった。ウエイターの目の前に、それはあった。濡れ光る真っ赤な恥肉。白く細い美冴緒の自らの指で押しひろげられた対の肉唇。そのなか、剥きあげられた襞肉は真っ赤に充血して女の羞恥のありかをさらけだしているよく見るとたっぷりとした甘蜜にまみれて潤っていた。蜜は肛門まで垂れ落ちんばかりだった。勢い余って肉の芽を包む恥皮までが剥かれ、小豆大の肉芽が顔をのぞかせていた。


奴隷として奉仕し

肉芽も恥肉も、美冴緒の羞恥を表わすようにときおりピクピクと小刻みに震えた。涼子が指摘したとおり、美冴緒は局部の恥毛が濃いほうだった。肉唇のまわりにも縮れた毛が多く生えている。恥毛に包まれ、くすんだ色の肉唇と対照的に、剥かれた襞肉は鮮やかなそのコントラストも淫美だった。鮮紅色にぬめっている。あ、あのお客様……。スプーンを手に真っ赤な顔で立ちあがる若いウエイター。をしている。スプーン、替えてくださる?うつむいたまま屈辱に震える美冴緒。一人、涼子が涼しい顔は?は、はウエイターが逃げるように去った。何度も美冴緒を振りかえる。まわりのざわつきもいっそう大きくなっていた。こんな、こんなことまでさせるなんて……。バカね。まだ終わってないのよ。ま、まだ何を。そのままオナニーするの。ううん、別に本気でやらなくてもいいわ。ただ主任もほら、どうしようもなく濡れちやったその恥ずかしいところの音を、みんなに聞かせてあげたいでしょ。

左右に男を並べていやらしい言葉で責めながらフェラチオを始めます

それが不規則なさざ波となって、クリトリスあたりから身体を浸食していく。初めての性感を無意識に追いかけながら芙蓉子は、万寺林の不潔感を忘れつつあった。芙蓉子の反応が次第に変化してきたのを、万寺林は見逃さなかった。確実に芙蓉子の性感帯を探り当てている手応えがあった。万寺林は舌使いのテクニックに自信があった妻を舌で何度もイカせたことがあるし、きた。

【アナル図鑑 江波りゅう】江波りゅう
超ドスケベ美微熟女・江波りゅうが魅せます!アナルオナニー!とにかくお美しい肛門。ローションをいっぱいつけて艶めかしく撫でるとキュッと穴が締まります。ローターで、オマンコを刺激してもピクピクするとアナル。アナル感じやすいのですね。アナルを直接刺激して歪む顔がセクシー!江波りゅう、アナル図鑑お楽しみください。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/060916-181/index.html


イラマチオでぐったりなったところで

万寺林の舌は辛抱強く芙蓉子の秘裂に留まったまま、めまぐるしい動きを見せた。襞を溶かすように這いまわった。プロの女を相手に修練も積んで決して乱暴にならず、大胆に肉甘酸っぱい女性器の味がする。シャワーを浴びて何時間くらいがたっているのだろう。性器から石鹸臭さが消えて、女の体臭がほどよく滲みだしてきた頃合いだ。少し尿の残滓も残っている。万寺林はクンニリングスに酔った。あっ、いやだ!そ、そこはいやっ!お願い、いやあっ!彼舌が膣のなかをうがちはじめた。万寺林の頭を押しのけようとしたはずの両手は今、引き戻すような動きを見せていた。

思わず村上に教えこまれたフェラチオのテクニックを使ってしまっていた


わずかにペニスが見えた

中沢が教祖を拷問にかけた。状した秘部と乳首をガスライターの炎で炙られただけで女性教祖は隠し金庫の所在とありかを白税金のかからない現金が数億円、その他に貴金属や債券の類いがぎっしりと詰まっていた。奪われたのと同額の現金を持ち去って神殿を後にした。コマンドーは中尉の息子が出る前に、縛っておいた男性信徒たちを解放すると、彼らはそれまで崇拝していた女神–女教祖の吊るされた裸身に向かって殺到した。四人の男たちはほとんどズタズタになるまで教祖と侍女を凌辱し尽くしたに違いないその後、この教祖の姿を見たものはいない。あるマスコミは信徒の代表が去った。という言葉を伝えた。教団は崩壊してしまった。教祖は超能力を使って南インドまで飛翔し三度目の作戦はシルバー作戦と命名された。

大人気のミュウの新人調教シリーズ第2弾

男の乳首やチンコをシャブリながら前後に身体を揺さぶらて喘ぎまくり標的はある老舗の料亭の一家だった。作戦名は標的のアルファベットの頭文字をとった色や花の名前なのだ計画をたてた少尉-最初の時の少尉とはもちろん別人–は、なんと、その料亭の若主人だった。彼は入婿だったのだ。一男一女をもうけた後、先代のひとり娘だった妻は彼を疎んじるようになった。板前の一人とできて、彼を追いだしにかかった。それには彼の母も加わった。が、中沢の診察を受けたというわけだ。さまざまな婿いじめのお蔭でインポテンツになった若主人この時の作戦会議は1回だけですんだ。なにせ侵入する先の主人が立案者なのだから、内部事情を偵察する必要がない少尉-若主人–旅行に出ると言って家を出たので、それをいいことに妻は若い板前を寝室に連れこんでいたコマンドーがベランダから突入した時、二人はセックスの最中だった。板前を縛りあげ、その前で四人の男たちがかわるがわるに妻を犯した。
ぱんちら


うのだった慎一はまた激しく勃起してしまだが

なんとも手慣れた振る舞いだ。顔を離した真奈美との口に、透明な唾液の糸が引く。すでに彼女は目をとろんとさせていたが、それは信二がこれまで見てきたことのない、なんとも淫蕩な表情だった。信二さん、仰向けに寝て。言われるがまま寝そべると、真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる。ビンビンに反りあがったペニスだけはあの日と同様、今にも破裂しそうな静脈を何本も浮き上がらせていた。真奈美は信二のシャツをたくし上げ、乳首を指先でくじったあと、ペニスにゆっくり顔を近づけてくる。白魚のような指が肉幹にからみつくと、信二は腰をビクンと引きつらせた。
制服ド変態

男は脚の間に入ってクンニした後岩清水でマンコを男の顔に押し付けもっと舐めてと要求

真奈美はそんな様子を上目遣いで見つめながら、熱い息を何度も亀頭へと吹きかけてくる。あああ。思わず両膝をすり合わせる信二に、真奈美は謎めいた微笑を浮かべた。信二さん、しゃぶってほしい?う、うん!。ちゃんと言ってくれないと、してあげない。キッと睨みつけられると、なぜかさらなる昂奮が突き上げてくる。しゃ、しゃぶってほしい。絞り出すように声を発すると、真奈美は眉尻を下げ、悩ましげな表情をしながら唇を微かに開いた。
巨乳勃起時のペニスは