しゃぶってくれんのかよォ?もちろんザーメンも呑んでくれますよ

鮎子さんが、フェラってくれるの!?新庄が腰を反り返すと。黙っていて。鮎子は下腹部に顔を伏せていきり勃った男のものを舐め付けた。客のものにフェラチオを行ったことは数回しかない。それらのすべては求められて、仕方なしにしたことであった。自分からフェラチオに興じてみたい思いになったのは、彼が初めてであった。鮎子は筋張りを浮き立たせている男のものを、付け根から先端部分に向かってゆっくりと舐めつける。ああ……夢をみているようだ。新庄は仰向けになったまま、腰を反り返していく。エラ張りを細かく舐めつけてから、赤黒い亀頭部分を口に含んで吸い上げると、かすかに体臭が匂ってくるが、不快感はなく、興奮剤そのものであった。

まずはエッチインタビューから
まずはエッチインタビューから

(美味しい。新庄さんのものって、やっぱりたくましくって立派だわ。こうして舐めていると、口の中がとろけてしまいそ鮎子は胸のうちで呟きながら、棒飴でも舐めるようにしゃぶりたてていく。同時に握った手でシコシコとこすりたてた。無言になった彼は、身体を強張らせて、快感に酔いながら射精波を抑え込んでいるように鮎子には思えた。鮎子はフェラチオを行いながら片手を睾丸に伸ばして、そっとつかんで玉の感触を楽しみはじめた。口の端から粘った唾液が漏れ出てきて、男のものと手に絡みついていく。


尖り立ったクリトリスを攻めた

一般的な観光地にも立ち寄った。そこには、美術館巡りとはま午後は美術館や様々なミュージアムを回るだけでなく、た違った楽しさがあった。こんな素敵な旅行をするのは、久しぶりだわ。子供ができてから、家族旅行にはよく出かけていたが、行き先は遊園地ばかりであり、その目的は単に子供を楽しませるということにすぎなかった。そんなものは旅行とは呼べない。それに、最近では、夫と娘が二人だけで外出することが多かった夕方に近づくにつれ、君恵は家に帰りたくない気持ちが強くなっていった。日常生活に戻るのが嫌だったのだ。ずっと生島と一緒にいたかったし、平凡なそのころには、なっていた。生島が父親に似ていることはそれほど重要ではなくなり、むしろ彼を一人の男性として意識するように20歳という年齢の差は関係なかった。

小柄なゆうなの小さいオマンコにチンコが挿入され
小柄なゆうなの小さいオマンコにチンコが挿入され

君恵はどうしても生島と自分の夫を比較してしまった。生島は女性に対する気配りが細やかで、男性的な魅力に溢れていた。それに比べると、彼女の夫は非常に未熟な人間であり、子供っぽく思えた。夕食は生島がしゃれたシーフードレストランに連れていってくれたが、。大丈夫かい。ちょっと酔っちゃつたみたい。どこかで休んでいきたいわ……。君恵はそこでワインを飲みすぎてしまった。生島は君恵を近くのホテルに連れていった。その時、彼女はまだ生島と深い関係になろうと考えていたわけではなかっただ彼と一緒にいる時間を長引かせたかったのだ。


ペニスを手に振りたてた

ミッちゃんが離婚したとき、こんな言い方は変だけど、。それ以前から、ミッちゃんのことが気にかかっていたのよ。ちょっとうれしかったというか。桜子は(本当だろうか?)と考えた。だが、たとえ真実でなかったとしても、今はそう思える自分で口にしながらも、のだから、それでいい。そうだったの?体を起こした光晴が、はどことなく似ている。正面から桜子の顔を見詰めた。いとこ同士なのだから当たり前と言えば当たり前だが、二人の顔卵形の輪郭とか、鼻のてっぺんがほんの少し上を向いているところとか、笑うと目尻が下がるところとか……。だが、今の光晴は笑ってはいなかった。なんか俺、すごく興奮してるのに照れ臭くて、これって、どういうことだろう。

右手では常にチンコを離さない姿勢にも拍手喝采
右手では常にチンコを離さない姿勢にも拍手喝采

しかたないわよ。小さいときから知ってるんだもん。それなら俺も恥ずかしいことをして、照れ臭さを吹き飛ばそう。光晴は桜子の肩を押してあべこべに寝かせると、腿を押し開き、すでにはっきり濡れた部分に口を寄せた。恥ずかしい?小さいころにお医者さんごっこをやっておけば、。馬鹿……。こんなに恥ずかしくなかったのかな滑らかな舌先でクリトリスをこすられるとたまらなく気持ちよく、。という桜子の声はかすれた。お医者さんごっこって、どんなことするんだろうこんなことするのかな。二本の指が水泳のバタ足のように交互に動き、それに従って愛液がネチネチと小さ光晴の指がヴァギナに入ってきた。


奴隷として喜八郎の命令になんでも従うと誓っている

花びらが綻んで、r相変わらず、きれいなおマ○コしてるね。朝露のように濡れてるよ。あぁぁっ、いや?ソフトな言葉責めが、身を引き裂くような甘い疼きを与え、火の玉のような悦楽を女体の中心に灯らせる。ヒップが自然とくねり、腰をツンと浮かせた和美だったが、下手をしたらこのまま軽いアクメにまで達してしまいそう今では羞恥心さえも、欲情を募らせるエッセンスと化している。舌で恥芯をくじられると、和美は熟脂肪がみっちりと詰まった双臀をバウンドさせた。肉鞘から剥きあげられた肉芽を指先で嬲られ、淫情を掘り起こすように、澄んだ桃色の内粘膜に舌を這わせてくる。

思いっきり濃厚ザーメン口内噴射されて
思いっきり濃厚ザーメン口内噴射されて

ねとついた桜貝の割れ口から滴る、温かい潤みを肉びらごとすすりあげられる。指と舌、そして唇で優しく丁寧な口戯を繰り返されると、高雅な人妻は何度も白い喉を仰け反らせた。はぁぁぁぁンつ、だめっ!切ない痺れが子宮を灼き、情欲の戦慄に性感が研ぎすまされていく。とろけるような快美に身を委ねながら、和美はこのまま天国に駆け上るかのような感覚を覚えていた。荒波に投げ出された小舟のように、もはや自分の力ではどうにもならない。