おばさんのオマンコ

【オマンコに中出し、ごちそうさまでした】真白愛梨
おっきなおめめと笑顔がキュートな真白愛梨ちゃんの初々しさが残る頃のこの作品。生中初めての挑戦とのこと!白い肌ピンクの乳首とパイパンのオマンコがそそります。手でしゃかしゃかっとパイパンマンコをいじると、ピンクのオメコから大量潮吹き!そして、ピンクのオメコからザーメンがどろり!・・・の後はザーメンをぺろぺろ「ごちそうさま」と笑顔で挨拶。最高です。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/031318-620/index.html


ふーん、なんかすごいわねえ。あたしもこの商売長いけどさあ、まったく、こんなの初めて見たわ。それにしても、ずいぶん熱心だねぇ。ほーんとにちんぽが好きなのねえ。よくやるわよ。同じボックス席で一部始終を冷ややかに眺めていたおかまが言う。肉棒を頬張る美冴緒の横顔を見て笑う。そんな言葉に鞭打たれながら、美冴緒の懸命の抽送がつづく。洗ってもいないペニスの苦っぽい味と脂臭が口中にひろがるジュポツジュポッと店内にも響き渡る音をたてながらいよいよ最後の瞬間に向かって美冴緒の抽送はますます激しく、肉棒を追いこんでいく。お、おい。美冴緒の抽送に焦りを感じたのか、男が気を逸らそうと乳房に手を潜らせてきた。


想像以上の陵辱行為

射精を開始した

ひざまずいて下向きになった乳首をつまみ、くいくいと引っ張る。髪をまさぐると、一方にかきあげ、肉棒に吸いつく美冴緒の顔を露わにしたりする。(ま、まだなの?早く、早く来て!)美冴緒の口腔によるピストンはやまない。激しく頭が上下し、強烈に吸いこむ。その瞬間がやってくるのに集中したようだった。美冴緒の頭を両手で押さえ、股間に押しつけてい男の手がとまった。お、で、出る!天を仰いだ。同時に美冴緒の口のなかで肉棒が震え、まわり膨張した。男が低くうめき、く、さらに一来る)どっとしぶいた。

最近ではおパイレーツの作品が記憶に新しいムチムチ巨乳ギャルの藤井彩や永久不滅のAVクイーン及川奈央とAV界屈指の人気女優らが勢揃い

【スペンス乳腺初体験 〜第2のGスポットを開発せよ〜】花城あゆ
胸にもGスポットがあった!ヤリまくりの今どき女子大生も知らなかったスペンス乳腺を開発。今までに味わったことのない感覚でなぜかお股まで熱くなる。まずは身体のどの部分がスペンス乳腺と呼ばれる部位なのか説明して、優しくおっぱいのマッサ-ジからスタート!徐々にスペンス乳腺を責めると眼を閉じて小さくもだえ始めるJDAV女優。半信半疑だったスペンス乳腺の思いがけない気持ちよさにガクブルが抑えられない様子。この最新アクメテクで人生初めての胸イキをめざします!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/082116-237/index.html


逆玉-ということが多少気にはなったが、わるくない話だった。いずれは自分で会社をやってみたいという夢を持っていた寺尾にとって、その条件を呑んで結婚した。寺尾、28歳、妻は26歳だった。それから9年になる。ら副社長のポストに就いている。義父の会社に移ってからの荻野の仕事は順調だった。それが義父にも認められて、1年ほど前かただ、結婚生活のほうは仕事のように順調とはいえなかった。あるときまではうまくいっていたのだが、関係の歯車が狂いはじめ、いまや完全に“仮面夫婦”になっている。少しずつ夫婦原因は、子供だった。結婚した当初から妻の両親は早く孫の顔を見たいが口癖だったし、それに荻野自身そうしてもいいと思っていたが、肝心の妻が当分は夫婦二人だけの生活を愉しみたいというので子供はできないようにしていたその妻も30歳になると子供をほしがりはじめた。

おいしそうにフェラチオで抜いてあげちゃいます

ところが避妊をやめても子宝に恵まれなかった。夫婦どちらにあるのかわからないまま、いまにいたっているそして、その原因が子供をほしがるようになってからの妻は、めにいいといわれることはなんでも試した。子作りにやっきになった料理からセックスの仕方や体位などまで、当然、荻野もそれに付き合わされたそのた荻野はそんな妻がいやになった。夫婦関係の歯車が狂いはじめたのは、その頃からだった。そのうち荻野のほうは子作りどころか妻とセックスする気も失せ、やがてセックスレスの状態になった。副社長になって仕事上の責任がますます重くのしかかってきてからのことだから、もう1年ちかくになる子供のことや冷えた夫婦関係。

      家に帰って三回オナニーしたことを考えると
      思わず射精しそうになった慎吾だったが

どうやら康彼女のクリトリスをいじっているらしい

インポ。居間や夫婦の寝室での怒鳴り声が二階のユリカの個室まで届くのは充分考えられる。含まれていたかもしれない。それに、ユリカは聡明な子だ。両親の態度から、父親が性的な能力を失ったことを察することぐらい、現代っ子ならそう難しいことではないかもしれない。(だとすると、ユリカはこの子をおれと一緒に泊めても安心だと思っているわけか。ひょっとすると、この子もユリカからそのことを聞いていて、安心しているのかもしれない。そうだとしたら悩むことはないのだ)慎一はちょっと重々しい口調を作って、うなずいてみせた。

パンティーを思いっきりオマンコに食い込ませられての指マンにマン汁をたくさん出す姿はかな~りエロくM系

まあしかし、春美ちゃんも困っていることだし、仕方がないか。にも内緒だよ。おっ、ありがとうございます!今晩ひと晩泊まってゆきなさい。しかし、このことは誰パッと顔を輝かせた。何度も頭をさげる。食事はどうしたの?来る途中、マクドナルドでハンバーガー食べたから大丈夫です。そうか。よかったらお風呂に入るといい。ぼくが入ったばかりだからまだお湯は熱い。そうですか?嬉しいな、ちょっと汗かいたから入りたかったの。ユリカの部屋も勝手を知ってるんでしょう?本人がいいと言ってるんだから自由に使っていいです。春美はすぐにユリカの部屋へとあがっていった。慎一はキッチンに行って冷えた缶ビールを取りだし、それを居間のソファで呑みながらしばらくボーッとしていた。(インポが治ったとたんに、あんなキュートな子が泊まりに来るとは。
一本道ガール

この乳首を想像しながら何度もオナニーした。記憶どおり、小指の先ほどのサーモンピンクの突起だった。胸の鼓動がさらに激しくなる。溜め息がもれてしまいそうなほど美しい乳房だった艶やかな肌の張りといい、品のいい乳首の形といい、すべてが完璧だ膨らみは掌にぴたりとおさまる守は震える片手を乳房にあてがった。はぁああ。静香の顔がのけ反る。唇からもれる悩ましげな吐息が守の性感をあおりたてた。乳房の柔らかさに眩暈を感じた。この前、観覧車でそこに触れたときはブラジャーの上からだった。あの時も、この完直に触れてみるとその感覚はより強烈なものになる。
高収入バイト

膣がペニスを求めて収縮を繰り返している

チンコ頂戴と言いながらアクメに達した舞の前にタイミング良くチンコ達が現れ

軽く揉みしだくと指先が乳房と一体になったように溶けていく気がする。璧な膨らみの柔らかさに陶酔したものだ。だが、守は五本の指を使い、真綿のように柔らかく、丁寧に静香の乳房を揉んだ。あああん。うぅぅん。静香の体が悩ましげにくねる守はほとんど無意識に顔を乳房に近づけていた。より間近で見たい。その思いは目の前に乳頭が迫ったとき、別の欲望にとって代わった。守は乳首を唇に含んだ。あぁああっ!!びんと、背が反った。静香が感じているのは明らかだった。唇に挟みこまれた彼女の乳首が硬くなっていくのがわかる。
調教