人気上昇中でムチムチボディがやらしくて、常に泣き出しそうな顔が妙にソソると人気者の松岡理穂ちゃんが登場!

お前が戦争を止めろと言ったら民は聞くのか?聞く者と聞かない者が出るでしょう。巫女なのに?…はい。埒があかないな。何ていい加減な存在なんだ。いい加減ではありません。言い返すと、。この花が彼は私の左手を取った。責めるように花の痣を見つめる。くだらない幻想の具現化幻想ではありません!では何だ?この花があるから、人の死に涙し、25男に襲われて怯えるような娘が、国の責任を取らされるのだろうし彼は、怒っていた。

でもそれは私にではない。敵国に対してでもない。私を追い込んだ、と思っているものに対してだ。驚いたことに、この人は私を気遣っているのだ。憐れんでさえいるのかもしれない。あわさげすつなその憐れみは、蔑みに繋がるものではなく、可哀想という優しい心と同じものなのだ。これが消えれば、お前は普通の娘に戻るのだろう。他人のしでかしたことで、自分を他人にくれてやろうなどという気にはならないのだろう。

男優との絡みでは生フェラ、口内発射さらに精子をゴックン


最初はバイブで責められて、早速潮吹きしまくりでイキまくります!

手足や肌の感覚が、ようやくはっきりと戻ってくる。引き寄せると絡みつくように蠢く、奈月の内部を鮮明に感じ取った。うごめ。すご……奈月に、喰われてるみて!笑うな……。なあ……オレのこと、好き?クスクス笑ったオレの頬を、奈月がまた軽く叩く怒っている声は、でもどこか甘さも含んでくすぐったい。甘やかな気分のまま訊いた。漆黒がまっすぐにオレの瞳を見つめ返す。好きだよ!うっとりと囁きが答えた。やっぱり、セックスのときだけはすげ-素直で、なんだか可笑しいけど可愛い。オレが、夢の中の奈月の弟、だから……?奈月がそのことにひどくこだわっているのは、いまはオレにもわかる。



ヘンだと思うか?じちょう自嘲するような微笑が、口元に浮かぶ。突然、伸ばされた華奢な指がオレの手を取って、指先から、奈月の鼓動を直に感じるなめらかな胸へと押し当てた。ここに、おまえに貫かれた傷の痛みが、まだ残っているんだ。それが……忘れられない!瞬間、瞼の向こうが鮮血の色に染まって見えた。夢-なのか?でも、あふれ出した血の温かさまで掌に残っている気がして、ビクリと腕を震わせて奈月の体から離す。

後半は、えりりかちゃんのヒダのビラビラからマンコの奥のサーモンピンクな具の中身までもう丸見え!


男なんでね、硬くなっちゃう時もあります

お願い、やめてくださいッ。目尻に涙をにじませて哀願する美少女の苦悶のさまは、かえって男の征服欲をかきたてることになった。これだから処女はたまんないんだよな……。野沢は興奮を倍加させ、ぐいぐいと腰を押し進めて突きまくった。ううっ、いや痛いっやめてエッ、やめてえー。泣き叫びながら可奈子は上半身をくねらせ、上へ上へとずりあがって逃れようとする。ふっ、まるで尺取り虫だぜ。….処女の抵抗を楽しみつつ、野沢は左手で可奈子の首を巻き、右手で腰を引きつけて剛棒をさらにこじ入れた。

ミシミシと秘肉を軋ませ、怒張はズブズブ根元まで埋没した。痛っ、あっ、いやー。逆に野沢の興奮度を駆りたてた。可奈子の顔がゆがんだ。痛苦に喘ぎながら、歯を食いしばっている。おれのラケットがしっかりとおまえのケースにおさまったぞ、浜中。眉間に深々と刻まれた縦皺の痛々しさが、ぐいぐいと腰を押しつけて剛棒をねじこむ。肉棒の先端が子宮の壁をごりごりとこすった。痛さに可奈子は泣きわめいた。これで可奈子のケースはおれのものになったんだぞ。

お待たせしました!