巨乳にすでにコーフンしてしまいます

【Unequaled Boy】

タイトル:Unequaled Boy
点数:63点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★★

        >>続きを見る

運転手には、きっと不倫カップルとでも思われているだろうが、知らぬ間に飲まされたウォトカの影響で、酔いの回った真菜の頭では、そんなことも考えつかない。今の真菜にはどうでもいいことだった。第一、見ず知らずの他人からどう思われようと、一刻も早く、真菜はシャワーを浴びたかった。動かぬ頭の中で、恥じ入るしかないさっきを出る前に、自分の身体がどうなっていたのか思い知ったばかりだったのだ。「なんで、私ったら…」さっき店を出る前に、トイレに寄った。もう少しでスカートを汚してしまったのでは、と思うほど、身体から、恥ずかしい液体がにじみ出ていたのだ。ちゃんと始末をしたかったが、しきりに、真菜のことを心配していた山崎が、ひょっとしてトイレの前に、またいるのかもしれないと思うと、そっと、外側を拭うくらいしかできなかった。ピンク色の電気が靄のかかった頭の中に火花を散らしたのだ。外側にペーパーをあてただけでも、うとして、本格的に拭おもしヘンな声が漏れてしまったら今度こそ、ヘンタイのレッテルを貼られかねないと思ったのだ下着も無しのままに、男とバーのベンチシートで身体をくっつけ、手だけとはいえ、そっといやらしい触り方でずっと撫でられ続けたというダイタンな体験は、それほど、真菜の身体に影響を与えたのだもちろん、セックスを知る大人のオンナであれば、そんなシチュエーションで、じっくりと男に触られ続ければ誰にでも起きる、ごく当たり前の反応に過ぎないことだった。しかし、男性経験が、夫との間にしかない真菜にすれば、自己嫌悪に陥るのには十分だったのだ。「私って、こんなに、フシダラな女だったなんて」潔癖な真菜にとっては、人生でこれ以上ないほどのショックが一晩で立て続けに起きたことになる。

  • ピストンされる度に喘ぎ声を漏らしながら感じていく・・・
  • フェラで最後の一滴まで
  • 素人がテーマとなっております

チンポが出入りする

【大一小女生穿凉鞋嫩脚叫我跪舔 Asian Chinese foot fetish】

タイトル:大一小女生穿凉鞋嫩脚叫我跪舔 Asian Chinese foot fetish
点数:85点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★☆☆

        >>続きを見る

昼間、いたいけな子どもたちの歌に合わせてオルガンを弾く指が、今は、自分のオルガのために、絶妙な器用さで、クリ○リスを嬲っていた。真菜の指は、止まらなくなっている。あう、でも、もう、ううん、しょうがな「ああ、だめえ、そんなはずかしい、あなたの横で一人でしちやうなんて、いのよ。ここまできたら。できるだけ静かに、あっ、でもぉ」せめて、なるべく早く、まま登り続けてしまう。静かに逝ってしまって、落ち着こうと思ったのだが、なぜか、快感が突き抜けて、その一人エッチの快感なんて、知っているはずなのに、あふれ出てきていた。「ああ、いやぁ、声が、声があ」とっくにいつもを突き抜けて、天井知らずに、真菜の中から掌の中に、快楽の声を漏らしてしまう。

【関連記事】:次は彼のペニスで狂わされるのだと思いながら 優菜がブリーフ越しにペニスを揉みながら揶揄する眼つきで訊く 中出しされてぐったりうなだれてしまいます

拘束を解いてベッドに横たわらせると、足を片っ端から舐めていきそのままプレイスタート
慌てて、左手で、口を塞いだ瞬間、白い火花が目の後ろで散った。「あう、いっちゃった、いやぁ、また、あああ、いっちゃうぅ、い」まさに、離されてしまったのだ。「きゃああ、いやーあ、天井知らずのオーガズムの白い波に身を委ねようとした、その瞬間、右手ががっしりと掴まれて、引きあなた!」空振りしたオーガズムの波と恥ずかしい瞬間を見られてしまった羞恥は、「いやぁぁ!真菜の頭を真っ白にした。夫婦の寝室で出す声と言うよりも、闇夜でいきなり、露出狂にあった女子高生のような悲鳴を上げてしまった。もちろん、光太郎は、素早くその手で、妻の口を塞ぎながら、しっかりと、目の方は、妻を見ている。今まで見たこともないいやらしい妻の姿。クリトリスにローターを当てたり、ふたつのローターで

ザーメンがいっぱい・・・

【無修正 青木りんが彼女の学校制服で犯された】

タイトル:無修正 青木りんが彼女の学校制服で犯された
点数:67点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る

嫌なはずなのに、馴染んだ躰が、「ダメ、お母さんだけは」髪をかき上げるまでもなく、ショートの髪は、怒張をほおばる表情を隠すことはない。口をめいっぱい広げて、怒張をくわえたままの少女が見上げる瞳はおびえの色が濃い。「なんだ、遠慮してるのか?安心しろ、母ちゃんは、おまえが合宿に行っている間にヒイヒイ言って喜んでたからな、さすが、元人妻だ少女は、とっさに何のことか理解できない。「おまえもあのくらい激しくならねーとな。ま、これから、胸も、ちっとは大きくなるだろうが男の股間から、とっさに顔を上げる。「まさか?」「ぐふふ、まさかも何も、おまえのことで相談があるといったら、せするんだなぁ」ほいほいついてきたぞ。

【関連記事】:しかし熟女夫人はそんなことはまったく気にかけていない様子だ ザーメンをぶっかけると、躊躇無くお掃除 クリトリスを弄っちゃうことねちゃん

クリトリスにローターを当てたり、ふたつのローターで

クリトリスにローターを当てたり、ふたつのローターで

おまえの母ちゃん、着や少女の目がこれ以上ないほど見開いた。「意外にオッパイはでかかったし、しまりはいい」ニヤニヤしながら、携帯を片手でパチリと広げ、「ほれ、おまえが出てきた所と感動のご対面だ「いや」無骨な指が意外な器用さで操作する。とっさに、顔を背けたが、赤いロープで縛られ、足を広げた裸がちらりと目に映った。それが母の姿なのかまではわからない目を閉じて頭を振る少女に、声が降ってくる。楽しんでいる声だ。母ちゃんとおそろいの格好だ、今日は、このままで、家まで送ってやろうか」下卑た笑いを浮かべながら、由佳と呼ばれた少女の胸を左手で揉みしだく。

【人気記事】
裏画像~オマンコ広げると、大胡がマッサージ機を押し当てて大悶絶~
ロリ画像~オマンコに電動マッサージ器を押し当てている~
無修正 – 無料サンプル動画 – アダルト動画サンプル