色っぽさ半端ない爆乳お姉さん、夢野まりあさんがSっ気爆発させちゃいます!

ひょっとしたら、オレも奈月と同じ夢を見ているのかもしれないけれど、それは鎌倉で聞かされた奈月の夢の話に、ただ引き摺られただけかもしれない。それに、夢は夢だ。現実に、オレと奈月が本当の兄弟だったとしても。それとも、奈月の言う夢は、ただの夢じゃないのか。まさか-な三百五十年前に兄弟だったオレたち……それもまた真実だった、なんてオレにはとても思えない。そんなことより、現実のオレと奈月が兄弟だということの方が気にかかる。

親父の態度は、絶対怪しい。昔、初音伯父と義伯母と親父の間に何があったのか。死んでしまった伯父と義伯母には、もう確かめるすべはない。奈月は、何か知っているんだろうか。rおまえには……わからん!親父はそう言った。オレは、わかりたくもないと思った。実の兄の妻を抱いて、息子と呼ぶことさえできない奈月を生ませて。オレは、親父のしたことを許せない。どうして……だよ。奈月あのさ。やっぱり、親父は!さえぎふいに白い指に唇を塞がれて、話を遮られた。

今後もあいりみくちゃんの作品から目が離せません!


おっぱいを揉みくちゃにされたり、クンニでおマンコをグチョグチョに濡らされ、さらには、フェラチオでチンコをギンギンにして舞ちゃんのおマンコに挿入して、次々に体位を変えて激しく突きまくり最後は中出しフィニッシュ!

神を捨ててでも、ただの女である私にそれができるのならば、それでいいと思っアーティスは床にいた私をベッドに引き上げ、膝の上に座らせた。言ったはずだ。私は全てを望むと。キーンと和平とキニアスは私のものになった。だがまだ手に入っていないものがある。王ではない、男の声に胸が騒ぐ。犠牲でも償いでも、癒しや慰めでもないお前だ。脱がし方を覚えてしまった手が、上着の留めを外し、中のドレスのボタンも外す。巫女でも何でもなく。私が愛し、私を愛する女が欲しい。手が、服の間から滑り込み、胸を掴んだ。心臓が掴まれたように、息が苦しくなる。もちろん私はあなたのものです。

普通の調教では満足出来ない変態ちゃんは、どんな調教がお望みなんでしょうか!

後ろから首筋を咬まれ、さらに心臓が跳ね上がる。心も身体も?心も身体も…。神のものではなく?私は選びましたもの。神の真意に気づかず、選択を迫られた時に。巫女でいるより、あなたの涙を…、たとえ流していなくても、その涙を止めたお前がそれを止めたのだ。では泣いたことにしよう。子供のようなセリフ戦いに赴かない彼は、ひどもしかしたら酷く子供っぽいのかもしれない。だからこれから先も私の側で、私を泣かせぬよう寄り添え。

と、全く知らない見知らぬ男性宅に訪問する白石なおちゃん


そして、フェラチオしてもらい、ギンギンになった、ビックチンコを彼女のグチュグチュおマンコに挿入し、バックや背面騎乗位などなど、多数の体位で突きまくり、綺麗なお尻にぶっかけちゃいます!

そっと腿の裏側に触れると、ビクッと女が脚をヒクつかせたが、わずかに開いた両脚を閉じるでもなく、ジッとしている。もはや女白身、痴漢行為を歓迎しているのは疑いもない坂田はドキドキワクワクしながら、パンストにつつまれた太腿からヒップに向けて手を這い上がらせたこれは!途中で、。?驚いた。手が直接肌に触れたのだ。女が穿いているのはパンストではなく、セパレーツのストッキングなのだった。こんな悩ましい下着をつけているのか!坂田はますます興奮ガーターベルトにストッキングという悩殺的な下着スタイルを想い浮かべながらヒップに手を這わせていくと、ヒクッと、怒張が脈動しこんどは掌に直接、生温かい肉のまるみがというより仰天した。ノーパンかと思ったがそうではなく、触れ、またまた驚いたヒップの割れ目に分け入っているのは、なんと1センチ足らずの細い紐だけなのだ。うわッ、ストリッパーがつけるような際どいパンティじゃないか!

仰天しながらも坂田は激しく煽情されたこれがブスだったら、ただの痴女と思い、?驚きはしても興奮を煽られたりはしなかったろう。いや、その前にたとえ挑発されても痴漢行為をしかけたりはしないが、相手は顔もプロポーションもちょっと人目を引く、一見してヤリ手のキャリアウーマンという感じの女だそういう女が、痴女のように坂田を挑発してスカートの中にまで手の侵入を許し、しかもこんな挑発的な下着をつけているとは信じられない。信じられないと思いながらも坂田は興奮しきって、官能的に盛り上がった裸の尻を撫で回していた。そうしていると、紐パンとはべつにガーターベルトの紐も手に触れる見ると、うつ向いたままの女は、かすかに息を乱している。女も興奮しているのはまちがいなかったはっきりそうとわかって、坂田の怒張はくり返し脈動しはじめた。

顔は野外でマンコは…の5発目がVIP動画に登場、しかも今回は生東欧素人娘キタ━━━━━ッ!