バイブで攻めまくり

それから雨に濡れた子犬の目で僕を見めくられた小さな赤い三角の布の下から、秘められていた真っ白なふくらみが顔を出した。水面を通して見るそれは、眩暈がしそうなほど背徳的で、同時にこの世のどんなものより美しかった。責められて感じてしまった証が痛々しいほどぷっくりと勃起し、青くゆらゆらと揺れる水中で、ピンク色を主張している。「いやらしいね、もうこんなに立たせて」「いや?」「今度は下もめくってごらん」「もう、許して……」うつむいて唇を噛み、白い咽喉元まで真っ赤に上気させながら、「どうか、私の、オマ、オマ×コもあああ……」それでも遙香は僕の命令に従った。その後はプールどころではなくなり、早々とそこを後にした僕たちは、その足でホテルに向かった。

【sumire25sai】

タイトル:sumire25sai
点数:65点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★★

        >>続きを見る


  • 下半身もビンビンに
  • 巨乳を揉みし抱きながらパスタをズコズコ
  • バイブをねじ込まれて大絶叫

ピストンで悶え狂い大量の精液を口元に発射されますリゾート風と銘打ったそのラブホのバスルームには、プールのように大きな浴槽があり、透明な壁越しに水中の様子がうかがえるその中で僕は彼女に、さっきと同じ事をさせた。いや正しくは、もっと過激なことを。我慢できなくなって水中で後ろから貫いたとき、着けたままのふりふりの赤いビキニが水中で揺れた。ばしゃばしゃと揺れる水音を、彼女の叫び声が覆いつくした。遙香の太ももは絶品だ。撫でさすると吸い付くようなすべやな触感が広がる。た肉の弾力が手のひらいっぱいに押し返してくる。

 

美乳を揉みあげると、うっとりとした表情を浮かべ始め、

【Geisha Gusher Scene 3-Fujiko Kano】

タイトル:Geisha Gusher Scene 3-Fujiko Kano
点数:69点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る


健太の好奇心が次々と篤美の隅々を掘り起こすのだ。「ああ、ヘンなの、あん」健太はますます、あぁん、張り切ってしまうのだ。あう、そのたびに、甘い声が漏れてしまって、やめてったら。今すぐやめなさいったら。ダメだったらやめないと怒る「いやぁ、建太、よ。あん」やめて。微妙に言葉に甘いものが含まれてきてしまう。

【関連記事】:下着を身にまとい挑発ポーズ フェラで奉仕すると、たまらず 若い牡を激しく勃起させた-

挿入しちゃってます
巨乳アイドルがボンテージ姿で
やめろってばぁ、あう!お願いやめてった「そんな、ダメだって。あん、ヘンな感じなの。ダメ、らぁ、ああん、おねがいいい!あん、あああああ!やめろう。」躰がどうかしてしまったように動けない。なんだか、やめろと言いながら、「ああ、恥ずかしいけど、続けて欲しくなっちゃったよぉ、健太ぁ、あぁ」舌が恥ずかしい部分にわずかに入ってきた。ピリッとした痛み。「痛い」「ごめん」「したいようにしていいのに」「あふう」うかつに声を出してしまったのを篤美は後悔した。入り口をあきらめた健太の舌が、代わりに、小さなクリトリスを集中的に攻めてくる。ため息のような声が漏れてしまう。

 

オマンコを広げて指を滑らせるマユミ

だって、あなた方ご夫婦にとって大事なことですものね」真菜は思わず、頷いていた。「この人は、本気だ」少なくとも、真菜を騙そうとしているわけでもなく、ふざけている様子もなかった。春佳の目に、真摯で、静かな光を見たから、いつの間にか真菜の中から、誰にも相談できなかったあの「不安」が、急速に浮かび上がってきたのだ「この人なら、答えてくれるかも」真菜の目の前に、答えがあるかも知れない。生涯、誰にも相談できるはずもない、解答不能の「不安」今が幸せであればあるほど、じわじわとふくらみ続けてきたあの不安を。「答えてくれるかもしれない」パッチリと見開いた、真菜の真剣な瞳は、春佳のクリッとした眼に向けられて、二人の女は、心を通じ合わせようとしていた。

【関連記事】:オマンコの周辺にぶっかけて かわいいみくの顔にぽこちん軍団が汚いチンコを押し付けます リズムを取りながら激しく揺れ動く下半身をとらえることだけだった

【巨乳美女にプロレス技と魅了技で負ける】

タイトル:巨乳美女にプロレス技と魅了技で負ける
点数:73点
評価A:★★★★☆
評価B:★★★★☆

        >>続きを見る


乳首をイヤらしく舐め上げカメラにおさめると、今度はどうされたら気持ちいいのか、私にしてみて

単刀直入に言葉に出してしまったのかもしれない。だからこそ、真菜の不安。「このまま、夫に愛され続けられるものなのでしょうか?日増しに愛情が深くなる夫も、今、撮っても自分を愛してくれる実感がある。しかし、男と女は違うのだ。まして、日増しに自分が淫らになっていく気がしている。今は良い夫もそれを望んで、もっと、もっとと求めてくれるからしょせん、どんなに恥ずかしいことあっても、夫に求められるのなら、それは真菜の悦びとなってしまうのだ。しかし、もっと、もっとと求められた先に、何があるというのか。

【人気記事】
素人オメコ画像~騎乗位の彼女の腰の動きに注目~
美乳人妻服画像~ピストンで宙に浮く姿はかなりエロイです~
アダルト動画検索 [ 熟女 ]