火照り切った秘穴にザーメンを流し込ん1荻窪麻衣会社のトイレで用を足した後

【僕の彼女が如月ジュリだったら 〜主導権とチンコを握られている僕〜】如月ジュリ
小さな顔に長い手脚、誰もが羨むスタイル抜群のスレンダー美女、如月ジュリが彼女だったら・・!?ジュリちゃんはかーなーり、セックスに積極的!主導権を完全に握っています。教えられているような状態でなすがままの男。顔面にマンコを擦り付けてクンニをさせる馬乗りジュリちゃん。パイパンなので結合部分もばっちり、エロいです。主導権を握られたいあなた、濃〜いセックスが見たいあなたへおすすめです。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/011918-587/index.html


そのまま私におしっこをかけて。と言うから、ぼくは彼女が気でも狂ったんじゃないかと思ったぐらい驚いた。そうはいっても彼女に逆らったら、覗きをしていたことを親に告げられてしまう。晃一としては従うしかなかった。ところがやっぱり、一番最初の時はダメで、なかなか出せなかった。これまでの躾けや羞恥が括約豊満な体の熟女未亡人はじれったがった。筋を緩めさせないのだ。彼女は少年が放尿できない原因を知っている。じゃあ、おばさんがきみにかけてあげる。そうしたらどんなに気持いいか分かるわよ。今度は晃一が洗い場に仰向けにさせられた。まだ一度も精液を洩らしたことのないペニスは発射待ちのロケットのようにピンと直立している。


こんなフェラ初めてだ!!

先端はまだ包皮が完全に剥けないので、晃一はその状態で苦痛を覚えていた。こういうふうにするのよ。男と女じゃ構造が違うけど、少し屈んだほうがやりやすいかな。まだ瑞々しい裸身の未亡人は、晃一の腰をまたぐようにしてしゃがみこんだ。力士が土俵で立ち合う時の姿勢だ。当然ながら股間の黒い繁みに包まれた割れ目はぱっくりと開いて赤っぽいピンク色の粘膜をさらけ出している。(うわー、これが女の人のあそこか!)生まれて初めて間近に見る成熟した女性の神秘の部分だった。

オマンコ披露

4カ月後棚橋は東京で支社の社員との打ち合わせの後、の集団が入ってきた。ホテルの展望レストランで食事をしている時、着飾った女性レストランの照明はテーブルに取りつけられてある飾りスタンドだけであり、は見えない。薄暗い。そのために入ってくる客の表情棚橋の背後の大きなテーブル席に女性の集団は着いた。5年ぶりの同窓会懐かしかったわ。これからは毎年やろうよ。同窓会で飲んでいるらしく、彼女たちの口調も軽い。女子大の同窓会の帰りみたいですね。支社の社員が言うと、棚橋の好色心がくすぶりだした。背後の女性たちの会話に耳の神経が研ぎ澄まされていく。

【ダイナマイト 成宮はるあ】成宮はるあ (陽咲希美)
こぼれ落ちそうなくらいのHカップの成宮はるあがカリビアンコムシリーズ「ダイナマイト」に出演!ヒョウ柄の下着で男優達に囲まれ舐めまくられて性の奴隷に!交互に攻められて快楽の渦に溺れていく!網タイツの脚をM字に広げてオマンコを舌攻めでいやらしい声で喘ぐはるあちゃん!フェラの後の口内発射の白いドロドロ液をローション代わりにやわらかそうなおっぱいを優しくスリスリしてもっと要求!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/071516-208/index.html


ファックシーンではでっかいチンコを出し入れしている様子がやけにナマナマしく感じる

直後に。由里子、二人目ができて、本当に幸せそう。あたしも早く結婚したいわ。その由里子という名前に棚橋はハッとなった。一昨日、産婦人科に行ったら、3ヵ月に入ったところだって言われたの。主人もよろこんでくれたわ。ご主人の田中さんも、出世なさったみたいだから……由里子夫婦は幸せの真っ最中だわね。女性たちは賑やかに話の花を咲かせていく。(まさか、津和野で会った女では!?)田中由里子という名前を思い出した棚橋は、振り返って女性を見たいという衝動にかられた。その直後に。棚橋さん、そろそろ女の子のいる店に行きましょうか。支社の社員が身を乗り出して誘ってきた。じゃあ、行きますか。顔まではわからなかった。立ち上がって女性たちの集団に視線を投げ掛けたが、店の出入口に向かいながら(田中由里子があの時の女だとしても、妊娠3カ月となると、同時に由里子さん幸せになってくれよ)おれの子ではないな)胸を撫で下ろす思いに見舞われた。

膣奥目指して若彼女の胸もとから甘ったるいいペニスを突き入れる


垂半分以上も年下の少女は熟れた人妻の無抵抗な肉体を目をキラキラ輝かせて眺め

派手さはなかったが、清楚な雰囲気を漂わせており、上品な感じがした。もちろん大学の構内で顔を見たことがあるというだけで、吾郎は由梨恵と知り合いであるとはいえず、話をしたこともな力-。たある時、吾郎は講義の時間に遅れ、かってしまったのだ。おまけに教室を間違えてしまった一つ上の階の同じような部屋番号の教室に向その時間、そこのフロアは使われていない部屋が多く、廊下も静寂に包まれていた。吾郎は目的の教室の扉の前に立つたが、あまりに静かなので、もう講義が始まっているのかと思い、ドアのすき間からそっと中を覗いてみた。すると、教室の中には、二人の人間しかいなかった。端の方で、男子学生と女子学生が抱き合い、キスをしていたのだ。

アナルの刑となってしまいます

エッチな声で喘ぎながら大悶絶女の子は白浜由梨恵だった男の方の名前はもう忘れてしまったが、吾郎と同じ学年で、違う学部の人間だったと記憶している由梨恵のような清楚な女の子がそんな大胆なことをするなんてびっくりしてしまったが、合っているといううわさは耳にしていた彼女がその男子学生と付き確かに美男美女のカップルだが、男の方は何かスポーツをやっており、由梨恵には不釣り合いのように思われた見た目は悪くないものの、中身がない人間で彼らもまさかこの教室に誰か来るとは思わず、とには全く気づいていなかった。油断していたのだろう。二人ともキスに夢中で、吾郎に覗かれているこ吾郎としても、覗きがばれる前に立ち去るべきだったが、清楚な由梨恵がキスをする姿から目が離せなかった。その時、吾郎は既に童貞ではなかったが、女性経験は豊富ではなく、その上、他人のキスを生で見たことなどなかったため、つい覗きを続けてしまった。廊下を歩いている者はおらず、吾郎は息を潜め、ドアのすき間に顔を近づけた。彼の不審な行動は誰にもとがめられずに済んだ授業開始の時間はとっくにすぎており、男の方は積極的に由梨恵の口の中に舌を突っ込んでいたが、彼女はおずおずとそれを受け入れている感じだった。
福井 出会い


課長とキスをしそれから不倫相手のペニスをしゃぶったのだ

待ちきれなしとシャワーを浴びる手間も省いたわりには、不快な匂いも味もなかった。ほんのかすかに感じる彼の匂いは、なぜか小さいころに飼っていたアンゴラ兎の、ホコホコした体毛の匂いを思い出させた。いいよ。さらに深く含むと、圭介は霧子の髪に手を差し入れ、頭皮をくすぐるようにまさぐった。口の中のものに舌をからめるたびに、彼の平らなお腹にさざ波が立った感じているのは彼だけではなく、霧子も興奮していた。とっくに濡れた股間に、新たに生暖かい愛液が溢れてきた。
18禁

オッパイをモミモミ

圭介が手を伸ばして、そこをまさぐった。とたんに全身に細かい震えが走るほど、すでに敏感になっていた。霧子は溜め息混じりに訴えた。何がいや?指でまさぐられただけで、たちまちのぼり詰めてしまいそうな予感があった。だめよ。だから何が圭介の指がヴァギナに侵入し、膣壁をこするように動いた。いや2圭介の手を挟みつけたまま、霧子はその場に伏してしまった。膣口がヒクヒクと痙攣し、彼の指を締めつけた。ミダラだなぁ。そう言う圭介の口調で、わざとそんな言葉をつかったのだとわかった。
おしっこ(放尿)おまえはそんなにオマンコをしてもらいたいのか……まったく