素人フェラ画像~愛撫されることに興奮する、ともみちゃん憧れの男性は指技のテクニシャンじっくり~

196月 - による 写真マニア - 0 - サンプル動画 投稿写真 無料動画 美少女画像

素人フェラ画像

2次面接はコスプレで!

今回は大人気企画のAVスカウト出張面接で1次試験に合格した、笑顔が可愛いロリっ娘のあいちゃんの2次試験の様子です!2次試験は場所を移して、山の別荘にて撮影です。別荘に着いたら、台所に溜まってる洗い物をしだす、家庭的なあいちゃん。そんな姿に欲情して、後ろから、胸を揉みしだきます。軽くイチャついた後は、シャワーでラブラブ洗いっこ。シャワーが終わればJKコスプレして貰い、おしっこ放尿プレイ。恥ずかしそうに、ほほ染めながら、黄金水を滴らせてる、あいちゃんはメチャ可愛いです!最後は中出し生ハメでマンコの奥にザーメンを注ぎ込んじゃいます!アレ?面接はどうなったのか!?続きは動画をお楽しみください。


未開発ロリ娘、マナ18才

今回登場してくれる素人娘はなんと18歳でピチピチボディが美しい娘です。しかも、すーっごい恥ずかしがり屋でロリ顔でそんなに恥ずかしがられると、こっちも悪い事してる気分になりますね。早速マナちゃんのボディを全身愛撫して、クリトリスをコリコリクネクネしてると中からキラキラの愛液があふれてきます。マンコが暖まったところで今度はマナちゃんの生温かいお口でフェラチオを頑張ってしてもらい、濡れ濡れのマンコに一物をぶっ込みます!!


ザーメンをおっぱいにぶっ掛けて

ファックを満喫してくれます深く奥まで、すべてが収まり、私は腰を引いたり突き出したりしてコックを締め付けました。光輝の腰遣いも激しくなり、グランスは私のGスポットを突き上げ続け、コックを伝ってヴァギナから溢れ出る愛液がシーツを濡らしました。愛液は、私が快感を得ている証なのです。光輝は激しく、ヴァギナを攻めてきました。そして上体を傾けると、私の首に腕を回して、濃厚なキスを続けまヴァギナはより大きく太く、噴出させたのです堅くなったコックを感じました。私はキスされたまま、大量のスペルマが私の中に光輝はゆっくりと、コックをヴァギナから抜きました。ヴァギナから生暖かい、液体が伝い落ちるのを感じまし光輝は身体をずらして、私のヴァギナを口に含み、垂れている愛液をきれいに舐めてくれました。光輝は私を抱きしめると、キスをしました。

私は光輝の舌先で、自分の愛液を味わったのです。私は、帰り支度をしている光輝に、「ここへ引っ越してきて、一緒に住まない?」しかし光輝は微笑んだだけで、その言葉には答えませんでした。と提案しました。熟女3人で童貞くんをいただいちゃつたときのお話をいたしましょう。主人は、小さいながら社員2名とバイト1名を抱えている会社の社長です。贅沢は出来ませんが、社員も、なんとかうちの主人を盛り上げてくれ、会社はそれなりに黒字経営を続けております。

 

オマンコをかき回し、

そんな彼のジャージのウエストに指を掛け、女教師はするするとジャージを脱がせた。若者らしい派手なプリントのトランクスが現れる。その一部は、暗がりでもはっきりそれと分かるほど、じっとりと黒く濡れていた圭介の快感は何倍にもさっきと同じように、増幅された若い女教師はその下着にも顔を埋めてきた。布地が薄くなった分、硬い肉棒にすりすりとこすりつけられる頬の柔らかさ、すべやかさ。じっとりと濡れた先端部分を、モデルのように高く形の良い鼻の頭がふむふむとなぞり、劣情をわざと掻き立てるように、すん、すんっと鼻を鳴らしてその匂いを嗅いでくる。

「あわわ」とうろたえていた少年はしかし、恥ずかしさが次第に倒錯した快感に変わりはじめるのを感じていた。まるで自分が彼女の主人になって、こんなはしたないご奉仕をさせているような気になってくる。やがて美しい聖職者は、信じがたいアクションを起こした。赤い口を大きく開けると、肉棒の形を浮き上がらせているその下着を、布の上からはむっと咥え込んできたのだ!さすがにこれには圭介も驚き、思わず腰を引いて逃げ腰になる。しかし横咥えになった美人教師の口の中で、自分のトランクスがくっきりと太い肉棒の形をとりそこにレロレロと舌が這うのを目の当たりこして、もう何も考えられなくなってしまった。

 

フェラでしゃぶり上げると、カメラ目線を向けながらの挑発

乳首を舐められながら、かりんちゃんに口元を拭っている留美先生を見るのが申し訳なくて、慌てて下着いつものようにきびきびした動きで身支度を整えた留美先生は、しぶりに出た廊下のまぶしさに、皆が目をしかめる。三人を促すと、薄暗い物置部屋を後にした。久何事もなかったように彼らを引率して大広間へ向かう途中、人の表情を悪戯っぽく覗き込んできた。「どう、皆?あれで満足できた?」前を歩いていた魅惑の女教師は不意に振り向き初めてフェ×チオを体験した思春期ボーイズはもじもじしていたが、を開いた。とはいえ、声には豪快さが欠けている。やがて武彦がいつもの積極性を発揮して口「本番もしたいわけね。もう、元気なんだから」からりと言う留美先生に、三人は呆気にとられた。

ザーメンを発射して圭介にはその姿が相変わらず天使に見えたが、十分前と後ではその意味合いが全然違ってる。いまの留美先生は羽の生えた憧れの対象ではなく、なまめかしい体温と柔らかさを持った、肉欲の天使だった。そのとき後ろから三人を睨んでいる「こら、何やってたんだ、おまえたち!」と野太い声が聞こえた。角刈りの若い体育教師が圭介の顔から、さーっと血の気が引いた。バレたんだ、僕たちのやったことがああ、もうおしまいだ。僕たち三人は退学だ。

★☆☆肉棒で掟破りの逆注射
★★☆フェラ奉仕すると、激しい本番
★★★エッチにはお盛んなお年頃