女子大生の日記「ご主人様と奴隷」~アダルトコラム~

ご主人様と奴隷?
エログをはじめたからには毎日Hしなければっ!
って思ってたんだけど。。。
やっぱり無理のよぅですm(__)m
きょうこもH以外にしなきゃいけないこといっぱいあるしねぇ。。
(当たり前じゃっw)

と、ゆうわけで今日は思い出しHバナシを書こうと思いますぅ(*/∇\*)
きょうこには昨日書いた「R」以外に「Tさん」というHをしているヒトが
いるんです☆
きょうこより10歳年上だからすっごく大人に見えるんだぁ(‘-‘*)
あ、でも不倫とかぢゃないからねぇ♪

Tさんとのエッチはいつも「ご主人と奴隷」ちっくなプレイになっちゃうんだぁ
相手しだいでMになっちゃったりSになっちゃったりすることあるよねぇ?
きょうこは元々Mなんだけど、Tさんとのエッチでは
更にMになっちゃうみたい(//∇//)

Tさんと最後にエッチしたのは一週間くらい前。
学校にいたらTさんから
「今夜会いたいな」ってメールがきて会うことになったの。

待ち合わせしてご飯を食べてから
「ホテル行く?」って言われてラブホに行くことに(*/∇\*)
部屋に着いたら二人ともエロエロモード全快!
きょうこはいきなり素っ裸にされちゃって、さずがにスゴク恥ずかしくて
おっぱいを隠そうとしたら、部屋にあったバスローブの紐で
両手を後ろ手に縛られちゃったの!
ちょっとビックリしてたら、Tさんがきょうこをひざまづかせて、
その前仁王立ちになって大きくなってるモノを目の前に出してきたの!
硬くなったTさんのできょうこの顔をペチペチ叩いてきて
「これを舐めたいか?」って聞いてくるのぉ・・・
きょうこは興奮しちゃったけど恥かしくて、小さな声で
「はぃ・・・」って答えたら、
「聞こえないよ?何を舐めたいの?」ってイジワルなこと言ってくるから
「Tさんの…おち○ち○を舐めさせてください」って答えたら
「ほら」って目の前にそそりたったモノを差し出されて、
きょうこ一生懸命ナメ②してたの。
Tさんは「うっ…すごくイイよ…」ってキモチよさそうな声をだしてて
きょうこまで興奮しちゃった(//∇//)

そしたら突然、Tさんきょうこの頭を両手で掴んで
ガシガシ腰を振りはじめてきたの!
きょうこは手を縛られてるから抵抗できなくて・・
ノドの奥のほうまでTさんの熱いおち○ち○が当たるから
苦しくて涙が出るんだけど、Mなきょうこはスッゴイ興奮しちゃって
もうアソコはビチョビチョ!
頑張って咥えてたらTさんが急にきょうこの口から離れて、
「いいコだ。ご褒美だよ。」と言って
きょうこをうつ伏せにさせてバックで挿入してきたの!
まだ触られてないのにアソコはぐっしょり濡れてたから
ぐちゅぐちゅ…って音をたてなからすぐ奥までTさんのが入っちゃったのぉ。。
きょうこのアソコは飢えてたみたいにTさんのを締め付けてて…
「あんっ、あんっ、ああんっ、キモチイイよぉぉ!」って叫んじゃった。

でもTさんはきょうこを焦らすみたいにゆっくり腰を動かしながら
「ほんとにきょうこは淫乱なコだね。」
って言ってきょうこの一番敏感な膨れあがってるクリちゃんを
こすってきたの。
「ほら、こんなにおつゆが溢れてきてるよ、エッチだなぁ」
って言ってくるの(//∇//)
きょうこはもう堪らなくなって、
「お願い、もっと突いてぇ~~」っておねだりしちゃった。

そしたらTさんはすっごく硬くてドクドクいってるおち○ち○で
きょうこのアソコのいちばん奥を、子宮にまで届きそうな勢いで
一気に貫いてきたのぉ!
きょうこはもう頭が真っ白になるくらい感じちゃって…
そのまま激しくピストンしてくれるかなって期待したのに、
「こんなに乱れるなんて悪いコだね。お仕置きをしないとね」って言って
Tさんはってばきょうこの奥のほうにモノをあてがったまま、
小刻みにグリグリ押し付けてきたの(//∇//)
その間もTさんのゴツイ指はきょうこのクリちゃんをずっと刺激してて…
きょうこはクリがスッゴク弱いから、
「あっ、あああっ、そこはヤメテぇ~~!」って
悲鳴みたいな声が出ちゃったのぉ…
でもイジワルなTさんはヤメルどころかますます速く、強く
クリをグリグリ擦ってくるの(>_<)

もう体がビクビクッて何度も痙攣しちゃうくらい感じまくっちゃたぁ…
「きょうこもうダメ、許してください!お願い!!イッちゃうよぉ!!」
って叫んだら
「まだダメだ!イッちゃったらもっとひどいお仕置きが待ってるからね」
とさらにクリを痛いくらいの強さでイジメ続けたのぉ(>_<)
でもきょうこはもうホントに限界で、
「ああぁんっ!も、もうダメ~~!イク、イク、イクぅぅ~~!!」
って絶叫しながら果てちゃったぁ(//∇//)

そしたらTさんは…
「俺の命令を守れなかったね。お前みたいに淫乱なコは
もっとひどいお仕置きをしないと分からないのかな?」
って…
両手を縛られたままバックで挿入されてるきょうこの
上半身を床におしつけて、
「ケツをもっと高くあげるんだ!」って命令してきたの(>_<)
グッタリしちゃったきょうこはもうTさんのなすがまま。
そのままTさんはピストンをしながらきょうこのお尻を
パチン!パチン!って平手うちしてきたの!!
「ああっ、痛いぃ…!」
って抵抗しようとしたら、Tさんは
「あれぇ?きょうこ、またグチュグチュおつゆがたれてきたよ?
きょうこはお尻を叩かれて感じちゃうの?」って
凄くイヤラシイ声でイジメテくるのぉ…

きょうこはもうどうしようもないくらい恥ずかしくなっちゃって、
お尻の痛みとTさんのモノがきょうこの奥に当たるのとで
すっごくすっごくイヤラシイ気分になっちゃった。
「あっ、やっ…そんな恥ずかしいコト言わないでぇ…」
って喘ぎながら気持ちよくなっちゃって、
Tさんのモノをキュウぅぅ~~って締め付けちゃった…

「ああ・・・きょうこのマ○コ、キモチいいよ・・・
そんなに締め付けられたら・・・!!」
とTさんはもう我慢できない様子で、
「もうダメだ!きょうこ、イクよ!!」って言いながら、
超高速でガンガン腰を振ってきたの。
きょうこも失神しそうなくらいキモチよくて、
「あんっ!ああああっ!!きょうこもまたイッちゃうよおぉ~~!」って
叫びながら二人でイッっちゃった(//∇//)
太ももにかかったTさんの白い液体はすごく熱かったのぉ…

…なんだか書きながらすっごくムラムラしてきちゃったぁ。。。
きょうこのアソコ、いまビショビショだよぉ。。(>_<)