バイブを突っ込まれてキャンキャン感じまくってくれます

【お尻でコキコキスるか】佳苗るか

みんなの妹、無修正2ndリリース!尻コキ特別編!「なに興奮してるのぉ、きもちわるいなぁ」って、るかタンがそんなこと言わないほうがいいよ。やだぁって言いながらもチンチンを足でコキコキしながらエンジェルスマイル。いや、この悪戯っ娘の笑みは小悪魔スマイル。器用に両足でチンコをはさんでしごきまくり。だんだん楽しくなってきたのか、自分のズボンもおろしちゃいました。今度はお尻でコキコキしてみルカw結局は顔に跨って自分が先にイっちゃうわがままルカちゃんでした。「でもまたかまってあげるね」ごっくん。
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/042514-001/index.html
評価:★★★☆☆

>>続きを見る

【気持ちいいお口と、オッパイと、オマンコと】永瀬里美

Hカップの永瀬里美ちゃんが、爆乳を揺らして大暴れ!「すごーい!大好きなオチンポが大きくなってるぅ」とニコニコしながら得意のフェラテクで男のチンポをしゃぶる!ねぶる!吸い尽くす!!真っ白なマシュマロ肌にふんわり膨らんだHカップ天然爆乳でねっとりパイズリ、仕上げは何度もハメる中出しSEXでイキまくり!
参照元:カリビアンコム-http://www.caribbeancom.com/moviepages/092715-983/index.html
評価:★★★★★

>>続きを見る


もちろん、夫婦で秘密を持ってはならないのは、当たり前だがね。夫婦二人で、セックスを楽しめるのは、限りのない幸福なんだよ」真菜は赤面するしかない。ちくりと、さっき、痴漢に逝かされた真菜のことに触れられて、夫に話せるはずもなかったのだ。もちろん、痴漢に逝かされてしまったことなど、前島のひょうひょうとした口調に、しらずしらず、い毒の沼に迷い込んでいたのかもしれない。引き込まれていた真菜は、いつの間にか踏み込んではいけな一度迷い込んでしまった真菜は、ゆっくりと前島老人のペースにはまっていったのだ。

クリトリスに押し当てていく

話すテンポはゆっくりでも、後から考えればあまりにも急な展開ではあった。真菜の戸惑いをよそに、光太郎はすぐさま前島に電話をかけて、一気に話を進めてしまったのだ。もちろん、そもそもの、きっかけであった痴漢の話」だけは、貧血で、とウソをつき通してきた真菜だった。だから、前島と電話で語らう光太郎に、ヒヤヒヤせずにはいられなかった。しかし、おそらく前島は、分かってくれていたのだろう。

拘束された純情娘

今回は、制服コスの王道JKコスがめちゃ似合うあすかちゃんが登場!制服コスが似合うと言う事は、ロリ顔が確定!でも身体はスレンダーの巨乳でマシュマロおっぱいでやわらかそうで美味しそうです!プレイはJK拘束プレイで両手を拘束されちゃいます。そのまま、脚を開かされて、マンコを弄られて、マンコは濡れ濡れ!しかし、自由の利かないあすかちゃんにさらにマンコ責め!苦しそうな顔で喘ぎまくって、発狂イキしちゃいます!後半は、生ハメでチンコでマンコの中のエッチな汁を搔き雑ぜられてイキまくって、中出しまでされちゃいます!
参照元:拘束された純情娘
評価:★★★☆☆

オマンコにモノをぶち込んで

遥香ちゃんさ、今日はどんな下着履いてるの丸いテーブル越しに、ウサギのような遙香の丸い瞳がい出した。「やぁだご主人様、どこかの痴漢オヤジみたい」「?」と大きく見開かれ、それから口元を両手で覆って笑はは、と同じように笑ってから、「ちゃんと教えてどんなの僕はテーブルに肘を突いて身を乗り出し、改めて訊く。遥香の顔から笑いが引っ込んだ。これが調教の始まりだと気づいたようだ。な影が差し、顔つき全体がとろんとしてくる「普通のです。白に、かわいいのがプリントされたの」ころころと楽しそうだった瞳に妖艶僕はさらに身を乗り出した。ぞれ、ここで脱いじゃおうか」えっ、と叫びかけた口元を慌てて手のひらで覆い、童顔娘はきょろきょろと辺りを見回した。

ザーメンがんばって精飲しました!

今回はエッチでハッキリとした顔立ちが印象的な素人娘このみちゃんが登場!いきなり白のスク水コスプレで登場してくれるのですが、もうスケスケで目のやり場に困ります!そのまま、水着をずらしておまんこを弄られ感じるこのみちゃん。その後はフェラチオで口内射精などしてくれ、最後は生ハメ中出しまでしちゃいます!!
参照元:ザーメンがんばって精飲しました!
評価:★★★☆☆


エッチが始まって気が付いたらおまんちゃん舐められちゃって

エッチがしたい女の子は他の事には手がつかない
ガラスの壁を通して通りに面したカフェなので、窓の向こうには普通に街を行く人が歩いている。周りのテーブルもほぼ埋まっていて、すぐ近くの席は女子大生風の女の子二人だ。皆自分たちの会話に夢中で、しまう可能性は高いだろう。僕たちがいるのは店のいちばん奥だが、それでも不審な行動をすれば、気づかれて閉じた脚の間に両手を差し込み、鳥肌が立っているようにも見えた。愛しい僕の所有物は、もじもじと体を揺すった。

    1. オマンコ全開でいい感じです♪アキバ本舗の一服の清涼剤☆今回は、
    1. オマンコの奥深くまでディルドを
    1. 中出し大成功~~♪
    1. ザーメンを発射して
    1. ザーメンをなめなめ
    1. オッパイをもんでみたら、豊満なイイ身体が登場
    1. オナニー鑑賞が終われば濃厚

学校のどこかで、ふと、小林の姿を見かけると、あのドリルのようなペニスはすぐ浮かぶというのに。しかし、あれ以来、夫はおかしくなってしまったようだ。毎日のように、激しいセックス抜きにして一日が終わらなくなっていた。「違うわ」真菜は、誰も見ていなくても、首を振ってしまう。おかしくなったのは真菜自身だ。毎日のセックスを受け入れながら、なお、夫を待ちわびてオナニーまでしてしまう。

なぜか、身体がいつも火照っている感じなのだ。おまけに、オナニーで思い浮かべる相手は、夫だけではない。もはや、夫は隠そうともしないAVを、こっそりと見、いつか、無理矢理犯された巧の巨大なモノを思い出し、いつの間にか、小林の変幻自在の動きの記憶を辿っている。中でも、目隠しされて、動けぬようにされたまま犯された、巧とのセックスは、オーガズムの瞬間に必ず浮かんでしまう。身動きできぬように縛られて犯されることを考えるだけで、オカシクなりそうだどうやら、自分には、Mっ気があることを認めざるを得なくなっていたのだ。