人妻パンチラ画像~バイブをおまんこへ実演~

1211月 - による 写真マニア - 0 - サンプル動画 投稿写真 無料動画 美少女画像

人妻パンチラ画像

ゴスロリ娘に攻められたい!(生姦・中出し)

メチャクチャ可愛いくて、スタイル抜群な、ちあきちゃんの登場です!!早速、服を脱ぎ捨て、下着姿の、ちあきちゃんを責めちゃいます。まずはローターでガンガン責めまくり、ちあきちゃんにオナニーを披露してもらいます。バイブをおまんこに挿入して、気持ち良さそうによがっちゃいます。そして、ちあきちゃんにフェラチオしてもらいギンギンになったちんこをおまんこに挿入して、いろんな体位で激しく突きまくちゃいます。最後は、中出しフィニッシュ!!ちあきちゃんのおまんこからあふれ出す精子がたまらなくエロイです!!


浮気はしないけど1日3人!?

今回は、あの人気大学、法○大学に通う、可愛いくてスタイル抜群な樹里ちゃんの登場です!!頭が良くてエッチが大好きな、樹里ちゃんに早速全裸になってもらい、オナニーを披露してもらいます。バイブをおまんこにガンガン挿入して、樹里ちゃんはイキまくり、バイブじゃ物足りない樹里ちゃんはチンコをおねだりして、ジュポジュポ音をたて舐めまくりギンギンになったチンコをおまんこに挿入して、次々に体位を変えながら激しく突きまくちゃいます。激しい突きの数々に感じまくりのイキまくりな樹里ちゃんのおまんこに大量の精子を注ぎこみフィニッシュ!!樹里ちゃんのマジSEXを得とご覧あれ!!


愛撫すると、気持ちいの戸くすぐったいのでキャンキャン可愛いく感じちゃってくれます

巨乳がバンバンゆれて、知らず知らずのうちに自分で腰を振ってるまなみちゃん遂に膝立ちの太ももの半ばあたりまで引き下ろし、彼は上向けた手のひらを震えながら股間へと伸ばす。「そっとよ、そっと……あん」くちゃり。太い指がそこに触れた瞬間、肉と水滴が鳴るいやらしい音がした。エンジのジャージを半脱ぎした女体が刺激を待っていたかのようにぷるっと震える。武彦はそこに視線を貼りつかせたまま、自分がふれているものが信じられないという顔をしている「せ、先生「そうよ。貴男たちが濡らしたんでしょ。もっと濡らしてくれる?指で軽く押さえたまま、ゆっくり動かしてみて……」すごく熱いよ。

それにびちゃびちゃに濡れて年上の女性の指導を受けながら、武彦が濡れた花園をくちゅくちゅと愛撫しはじめる。縦に割れた亀裂が指でぱっくりと開くことに驚き、その内側の肉に「すげぇ、こんなにピンクなんだ」と感激していた。入口を珍しそうに指で辿っていた彼は、やがてク×トリスの触り方を伝授され、亀裂の上端にあるその肉色の真珠を、指の腹でくにくにとこすりはじめた。「あっ、あんまり強くしないであああ、いい、感じちゃう。武彦君の指で、先生のク×ちゃん感じちゃうぁぁぁそう、そんなふうにぐりぐり、ぐりぐりって……そう、いいわ、上手よ。

 

オマンコをこすり合わせるように刺激

でも、どっちかっていうと、Mのほうが好きらしい。本当に心を寄せられるような主がみつからなかったんで、とりあえず女王様として自分の欲求を満たしていたんだとさ」「だけどお前、sの経験なんてないだろう?」「だから、彼女に毎日教えてもらってる。いってみれば、奴隷がご主人様を育ててるってことだな」脱ぎ終わって、すらりと見事な肢体をさらしたアキちゃんの瞳からは、いつもの凛とした風情が消え、とろけるようなMの色が浮かんでいた。「アキ、ここへ乗って、みなさんに俺の奴隷である印をお見せしなさい」佐久間はそういいながら、テーブルの上の飲み物を砂の上におろす。アキちゃんは、「はい」といってテーブルに乗った。

そして足を大きく広げると、クリトリスを貫くリングを見せた。ヘアはきれいに剃られている。もちろん、僕はニヤリと笑って、「やるな」と佐久間を肘でつついてやった。佐久間も、「まあな」と笑い返してきた。主の所有の印をいれることは、M女の側が納得していないと、なかなかできるものではない。自己破壊願望の強いM女だと、ためらいもなく体中にピアスをいれたり入れ墨をしたりするが、アキちゃんはそういうタイプではなかった。自分を高く保つ彼女が、一生消えない傷をその体につけたということは、それだけ佐久間を真剣に受け入れたということだ。

 

人妻の魔性の姿をご覧あれ

オマンコにものをねじ込むと、体位を変えながら激しく腰を動かしまくりますそれは、オナニーをしてはいるが、慣れぬ部分を達也の動きに任せられるということなのだ。一気に、津波が弾けようとしていた。「あん、あん、あん」真菜の声が急速に切迫している。しかしもちろん、そのままで許すはずがない。今度は、遠藤が囁いてくる。激しく顔を振る真菜に、達也はオモチャをコントロールしながら命じた。、言って」一瞬だけ、拒否するかのごとく口を閉ざしたが、弾け始めたオーガズムの泡は、もはや恥じらいを許してはくれ本気で思ったのだ。

愛撫を始める...女同士だから解る性感帯を濃厚に攻めていく本作品このまま続けてもらえなければ、真菜は狂ってしまうと、驚くほど、簡単に真菜は恥ずかしい言葉を口にする。あうう、あうい、いや、「ああ。「ほら、皆様、真菜のいやらしいオナニーを見て、ちゃんとあう」達也が被せた動かしながら叱る。もちろん、動きで真菜を操っているのだから、答える道しかないのだ。「あああ、みなさんで、真菜を抱いてぇ、あうう」「違う、ちゃんとホントの気持ちを言うんだ!」真菜は背中をのけ反らせながらその瞬間、真菜は顔を上げて、股間にかがみ込む達也を見た。しっかりとしたその視線は、快感に潤んでいるとは思えないほど澄んでいる。

★☆☆美少女っていう感じです
★★☆ザーメンを掻き出し飲ませるプレイを披露してくれた
★★★ピストンに、自ら腰を振りまくって感じるさくらこの姿は相当抜ける