素人投稿画像~フェラ気持ちいいときも男達に暴言を浴びせながら絶頂を迎える~

36月 - による 写真マニア - 0 - サンプル動画 投稿写真 無料動画 美少女画像

素人投稿画像

友達の付き添いで・・・そのままH(生姦)

さて平成生まれ最後を飾るのは、鈴音ちゃん!友達に無理矢理つれてこられた鈴音ちゃんが登場。早速撮影が始まりますが、ガチガチの緊張状態。緊張のあまり反応が少ない鈴音ちゃんなんですが、ガチガチなのにガチガチのアナルを責め出します!!アナルをホジホジ解して、緊張も解れたみたいでマンコにバイブやローターを挿入されて感じちゃってます!後半は生ハメしちゃいます。


かけるのはザーメンだけにしてください!

メチャクチャ、エッチな女の子、飯田このみちゃんは、ザーメンをぶっかけられることに興味があって撮影に応募して来てくれました。最初は、車の中で身体を弄くり、フェラチオしてもらいお口の中で精子を受け止めてもらいます。そして、ホテルに移動して、スケベな水着に着替えてもらいオナニーを披露してもらいます。さらには、チンコをフェラチオしてもらいギンギンに起たせ、おまんこに挿入しいろんな体位で激しく突きまくり、中出しフィニッシュ!!これで終わりかと思えば、男が乱入しザーメンをぶっかけちゃいます。


乳首を起たせてしまいます

エッチなおもちゃを発見でもね、真菜さん、「いや、言わないで、目の前で二人が逝くモンだから」お願い、あう、あん、だ、だめいつの間にか耳を塞いでいない真菜が突然、口を挟んだ。しかし、真菜の表情には、甘い潤みがある。島津の手が、真菜の自由を奪っているのだ。乳房を揉む手を上から押さえながら、言わないで、と絞り出すように声を出すでもねえ」二人のおかげで、目を見開いて、一度は、懇願の表情の真菜。「あのね、真菜さんったら、ちゃんと逝かせてもらったのよ。にっこりとする優子、切ない声が響く「いやあ「いやあ、あううう!」真菜の声と、敦子の断末魔が重なったのだ。ビクンとのけ反っている敦子。真菜の羞恥も、さておき、敦子は、男達に顔を覗き込まれながら、激しい羞恥のオナニーで、言ってしまったのそして、涙すら浮かべて、イヤイヤと、再び耳を塞ぐ真菜「ふふふ、よほど、うらやましかったのよね。

頂戴って、叫んじゃって」「頂戴って……」「ずいぶん、お仕込みがいいわ。真菜さん、ちゃんと「オONOン頂戴」いのよぉ」って、叫ぶんだもの。それも、ね、すご優子の目がイタズラな光を宿しているちゃんと聞こえているのを十分意識しているのだ。入れて!みんなのオONOン頂戴。耳を塞いでいる真菜にも、オ00コをメチャメチャにしてい「みんなのチ○ポ欲しい。誰でも良いから、やらしいオ00コに、ズボズボしてって」一瞬間を開けて、ダメを押すように優子は、「あら、バコバコだったかしら?」挑発的な表情だ。含み笑いをすると、真菜が突然口を挟む。

 

痴女っぷりを発揮してくれたのは、すらっと長い手足にスリムボディのさやちゃん

ホントは「良い子」なんかじゃない、叱られて当然のエッチな子なのだ、と。「とうとう」いささかの後悔と、「あん、隠しもできない興奮と、わずかばかりの安堵の中で、身体は勝手に感じ続けている。あう、あううう、あふうう!」立て続けに、快楽の声を噴きこぼす。ほろり、ほろり、ほろり。涙がいく粒もこぼれ落ちている間も、真菜の指は勝手にクリトリスを弄り続けている。おまけに、今度は、老人の乾いた手が本格的に、真菜の大きな乳房をせめ始めた。

枯れ木のように見える手は器用に動くなまめかしく白い乳房の柔らかさを、存分に楽しみながら、真菜の快感を掘り起こす。絞り上げるようにして、やわらかな乳房をもみ上げてくるたとえ母乳は出なくても、もともと乳首からは乳腺が幾筋も伸びているのだ。それが、はっきりと自覚できてしまうほど、乳腺沿いに快楽の電流が生じてしまうのだ真菜には初めての感覚だった。おまけに、どんな構造をしているのか、老人の指先は、別の生き物のように乳房の表面を這い回る。その上人差し指は乳首をずっとこね回してくるのだ。

 

マンコを攻めれば甘え声で感じてくれ、

肉棒を根元から先端までバキュームそして、完成したマリファナを胸のポケットに押し込んだ。二人は汚れた食器を台所のシンクに放り込み、ワインを持ち出し、気前よく注いだ。リビングルームにワインを持ってくると、ボトルの半分はあっという間になくなった。「アレックスがいないのに、ワイン開けちゃつて、大丈夫?とキムは後から思いついたように聞いた。「飲まれたくなければ、あんなところに置いてないでしょ納得するようにダイアナが答えた。それに、これは安物だわ」彼女は続けた。

下着姿になると自分のプロポーションをチェックしながらへースタイルを整えている「彼はあんな自分のクラブだってあるし、どこかに酒蔵へ続く隠し通路があるに違いないわ」「探しに行きたいの?」とキムは尋ねると、ボトルに残っている最後のワインをグラスに注いだ。「むだ話でだいぶ酔ったわ」ダイアナは立ち上がったときにと少しバランスを崩しながら答えた。彼女は、グラスを取り、キムが後を着いて来ていても、気にすることなく廊下に向かった。二人は、マスターベッドルームがロックされ、他の四部屋は特に何も備えていないことがわかった。彼らは、どこかの部屋に空のワイングラスを忘れてきたことに気づいた。

★☆☆美少女顔に、むちむちな白いもち肌
★★☆フェラチオで目を覚ます若い女の子を夢見る男性はいませんか
★★★ファックで抜きまくってください♪これはお勧め